スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

須磨海浜水族園 視察ツアーのご案内

さて、前回のファッション美術館に続き、
第6回 神戸の企業訪問は神戸が誇る水族園である
“神戸市立須磨海浜水族園”
http://sumasui.jp/
を訪問します。


平成21年度までは財団法人神戸国際観光コンベンション協会が
管理運営を行っていましたが、
指定管理者制度の導入により管理者の公募が行われ、
平成22年度から4年間の指定管理者として
ウエスコ・名鉄インプレス・アクアート特定業務共同事業体が
選定されましたた。

更に園長を公募し、「ウミガメ博士」として著名な亀崎直樹氏が
選ばれ着任されています。

管理者並びに園長の刷新即ち民間の活用が、
どのように須磨海浜水族園の魅力度向上に寄与しているか、
官民協調による成功事例を具に拝見しながら、
学ばせて頂こうと思っています。

水族園見学の後、場所を移動して20名様限定で交流会も開催致します。
(交流会参加は先着順で受け付けますので、
満員になり次第、締め切らせていただきます)


日時:2011年7月10日(日)

【見学会の部】
集合場所:神戸市立須磨水族園入り口
(JR「須磨海浜公園」駅から徒歩5分)
集合時間:17時
終了時間:19時(予定)
*入場チケットは各自お買い求め下さい。

【交流会の部】
開始時間:19時30分
終了時間:22時00分(予定)
開催場所:NENGOROYA

参加費:KRPサポーターズ倶楽部の方は無料
    KRPサポーターズ倶楽部以外の方は1000円

交流会費:KRPサポーターズ倶楽部の方は4000円
     KRPサポーターズ倶楽部以外の方は5000円


※参加費は見学会の集合時にお支払い下さい。


参加申し込みは6月27日までに
「須磨水族園ツアー申込」というタイトルで、
氏名、人数、連絡先、視察のみか交流会参加希望かを
記載のうえ
info@kashino.netまでお申込みください。


みなさんの応募お待ちしております。
スポンサーサイト

第5回 神戸の企業探訪のご案内 今度はファッション美術館です。

昨年末に企画しながら延期となっていた“第5回 神戸の企業訪問”を、
下記の要領にて開催する事となりました。


正式には企業ではないのですが、神戸が日本に誇るべき、
唯一の公立のファッション専門の美術館である
“神戸ファッション美術館”を訪問します。
http://www.fashionmuseum.or.jp/

神戸ファッション美術館を評して、
神戸市のお荷物だと非難する声もありますが、
ファッション都市神戸の誇る、稀有なファッション専門の美術館である
事に間違はありませんし、よく知りもしないのに批判するのも
いけませんよね。

美術館見学の後、場所を移動して交流会も開催致します。


日時:2011年2月5日(土)

【見学会の部】
集合場所:神戸ファッション美術館入り口
(六甲ライナーアイランドセンター駅下車。
大きな階段の南側に長いエスカレーターがありますが
それには乗らずに、その更に南側の短い階段を上がり、
奥に進んで下さい。)

集合時間:16時30分
終了時間:18時(予定)
  
【交流会の部】
開始時間:18時30分
終了時間:21時(予定)
開催場所:未定(参加者が確定次第予約します)

参加費:1000円

交流会費:5000円
     
※参加費は見学会の集合時にお支払い下さい。

*参加申し込みは2月2日までに、担当のツジムラまで。
tsujimura@kashino.net


神戸が誇る酒造メーカー白鶴様の見学ツアー

本日、神戸リメイクプロジェクト主催の企業見学で
白鶴様に行ってきました。

白鶴写真 3

創業260年の老舗、さすがの工場です。

写真白鶴1
白鶴写真 2


淡麗or芳醇、辛口or甘口の造り方の違いなど
丁寧に教えていただき、更に発酵過程のお酒の味見?をさせていただいたりと
本当に楽しい時間でした。

白鶴写真 4


今、国政ではアジアのインフラ投資を獲得に行く
営業を官民あげて推進していますが、
日本酒も日本食ブームに乗って外需が非常に好調のようです。

目先は円高で利益的にはキツイらしいですが、需要は
相当伸びているとのこと。

特に韓国は日本酒ブームが起こっているほど調子が良いらしいです。
神戸が誇る産業として、海外にどんどん打って出て欲しいですね。

長期ビジョンは世界においてワインが確立した市場とブランドを
ジャパニーズSAKEでどれだけ実現できるか? でしょう。

市政の後押しを期待してます。

創業400年の櫻正宗様を訪問しました。

神戸リメイクプロジェクトの企業探訪シリーズとして
今回訪問させていただいたのは櫻正宗様。
表札櫻正宗2

宮内庁に直接お酒を納めているのは櫻正宗さんと菊正宗さんの2社のみです。
春は櫻正宗、秋は菊正宗、だそうです(春は櫻、秋は菊)

そして、その製品がこの「金稀」。
金稀

他の酒蔵に比べると
飲んだときの後味のキレが抜群に良いです。

基本的に写真撮影はNGなので、外観写真と
櫻正宗

櫻園という記念館かつレストランを撮影してきました。
櫻園

櫻が満開で本当に優雅で美しく、そして
お酒とお料理がとても美味しかったです。

今回も多彩な顔ぶれが集まり、話が尽きず、ちょっと飲みすぎました(笑)。

酒蔵ごとに、行程や哲学が少しずつ違うので、それも非常に勉強になりますが、
みなさんおっしゃるのは、北側の窓を開け、
六甲おろし(あのタイガースの応援歌に出てくる!)が吹いてきて、
室温を冷やしてくれるので、寒暖差を使った良い製品が出来るのだということです。

灘のお酒が日本有数なのは、宮水、そして山田錦と杜氏の皆さんの技術だけではなく、
六甲おろしも一役買ってたんですね。


バウムクーヘン焼いてきました!

前回の企業視察の第二弾としてユーハイムさんのご好意により
バウムクーヘンを焼かせていただきました。

世界に誇る安藤マイスターが親切に焼き方を教えてくれて、
安藤M説明

まずは回転軸の芯になる部分をマイスターが固め、
安藤マイスター軸つくり

一層2分ずつ参加者が生地をのっけていきます。
持ち上げ

そして、かなり重い回転軸を上げて、焼きます。
かしのおさめる

かしのしずめる

順番に層を重ねること20層、40分の時間はあっという間に過ぎ、
仕上げはマイスターの節作り!
山作り

最後にフォンダンを塗って(端の方は焼きたてを、ちぎって食べさせていただきました)
仕上げ

バウムクーヘンの本当の美味さを堪能しました。
アツアツに、生クリームや、ジャムなどをつけて
もう最高でした!
見てください。この食べっぷり(笑)
おみやげ

体験してみたい人、かしのまでご一報を!
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。