スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Prix ArsElectronicaにおけるゴールデン・ニカ受賞の御礼とご報告】

Prix ArsElectronicaという世界で最も歴史あるデジタルメディアのコンペティションにおいて
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」が最優秀賞にあたるゴールデン・ニカを受賞しました。
-
http://www.aec.at/prix/en/gewinner/#digitalcommunities

http://www.aec.at/prix/en/gewinner/
-

以下、西條代表のコメントを紹介します。
世界で認められるって、本当に嬉しい話です。
私も神戸支部代表として微力ですが、お手伝いでき、
光栄です。

===========================

Prix ArsElectronicaとは、オーストリアにある文化機関「アルスエレクトロニカ」が主催する国際コンペティションで、「アート・テクノロジー・社会」をテーマに、社会を動かすイノベーティブなアイデアや取り組みを世界各地から選出し奨励することを目的としたものです。その最高賞であるゴールデン・ニカ賞は「コンピューター界のオスカー」とも呼ばれているそうです。
-
日本でのゴールデン・ニカ賞(最優秀賞)の受賞者には、坂本龍一さんが1996年にinteractive musicの部門で受賞するなど何人かの受賞者がおりますが、コミュニティ部門でのゴールデン・ニカは国内初受賞とのことです(他の部門をあわせても日本での最優秀賞受賞は7年ぶりとのこと)。
-
このコミュニティ部門では、過去、Webの創設にあたるWWW(World Wide Web)や Wikipediaがゴールデン・ニカを受賞、WikiLeaks が準グランプリを受賞するなど、実際に、その後世界を変えてきた枠組みに対して与えられてきたものです。今、それを受賞したことの意味をあらためて考えています。
-
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」は明確な境界をもたない市民意思機能です。

この受賞は、これまで無償のボランティアとして昼夜を問わず運営を支えてくれた3000人にのぼるスタッフや、自ら被災したにもかかわらず立ち上がった現地のボランティア、定期的にご寄付いただいている1000名以上のサポータークラブの皆様、協力してくださった70社以上の企業や団体の皆様の御尽力はもちろんのこと、サイトやAmazon、ECサイトを通して物資や家電を送ってくださった何万人という皆様、TwitterやFacebookで情報を広めてくださった何十万人という皆様、温かく見守ってくださった皆様、陰ながら協力してくださった皆様、また真摯に改善点を指摘してくださった皆様も含め、協力してくださったすべての方々のおかげに他なりません。
-
あの日から3年以上が経過し、多くの困難を乗り越えてきた今、みなさま全員とこうした栄誉と喜びをわかちあえることをとても嬉しく思っています。
-
そして、だからこそ、原点に戻ることの大切さも感じています。
-
先日、74名の子ども達の命が失われた大川小学校のご遺族でもあり、スマートサバイバープロジェクトという新たなプロジェクトで一緒に活動している佐藤敏郎さんが、韓国の沈没事故のご遺族に向けて手紙を書かれました。
(http://japan.hani.co.kr/arti/politics/17501.html)

以下はその一節です。

「あの子たちの犠牲が無駄になるかどうか、それが問われているのは生きている私たちです。小さな命たちを未来のために意味のあるものにしたい、それが、三年かかってようやく見つけた私にとってのかすかな光です。」
-
震災をただの悲惨な出来事で終わらせてしまうのか、そこに新たな意味を見出せるのかは、やはり僕らのこれからの行動にかかっているのだと思います。
-
あらためて関連死も含め亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りするとともに、震災の教訓を活かした防災教育などの活動も視野に入れながら「目指すべき未来」に向かって一歩ずつ進んでいければと思っております。
-
今後ともどうぞよろしくお願いします。
-
-
2014.6.3.
ふんばろう東日本支援プロジェクト代表・早稲田大学大学院客員准教授 
西條剛央
-
スポンサーサイト

ふんばろう東日本支援プロジェクト 美容整髪ボランティアの活動支援の報告

この度、ふんばろう神戸支部として、
神戸から東北まで美容整髪ボランティアに行っている
グループの活動支援をさせてもらったので、
その報告をしたいと思います。

3月2日から4日の3日間。
2日の11時18分に三宮を出発し、21時03分に南相馬市原町に到着という、
かなりのハードスケジュール。
一般道は雪も無くただ、人っ子誰もいない飯館村を通過した時は、
現実を痛感したそうです。

まだまだ長い長い支援を続ける必要があります。
我々も形を変えながら、支援を続けていきたいと思います。

======================
3日(日) 福島県南相馬市鹿島区内の次の仮設住宅
寺内第一仮設住宅集会所  9時~11時30分 9名
千倉仮設住宅集会所   13時~15時30分 9名
寺内第二仮設住宅集会所 15時45分~17時15分 9名
初日は、偶然にも各箇所で、9名ずつの美容整髪を行なう事が出来ました。
いつも、在宅訪問をさせていただく方々が、あいにく、
寝ている等の事情で行なう事ができず、気がかりでした。

4日(月) 宮城県亘理町内のつぎの仮設住宅
旧館仮設住宅集会所 9時11時15分 10名に美容整髪活動を行ないました。

3月30日~31日にかけて行なう、人形劇の最終打ち合わせ
5月連休明けに取り組む、メイクアドバイス活動のPRと打ち合わせ
を、宮前仮設住宅、公共ゾーン仮設住宅第一にて行なう。

山元町で取り組んでいる「地球村」のスタッフ訪問し
激励と支援の必要性を調査。(今後に備える)

来月取り組む予定の大工仕事については、時間切れのため、来月に備えます。

総走行距離 1998.7km 
ガソリンが毎月のように上がり続けています。

東北の印染職人にお仕事を! 印染トートバッグ展、今日と明日の2日限りです。

今週火曜日から始まった印染トートバッグ展も明日5時で終わりです。

これまで神戸新聞、毎日新聞、読売新聞に取り上げていただき、
お陰様で皆さんに大変喜んでいただき、私もとても嬉しいです。

この展示会は義援金だけではなく、
トートバッグの制作を大漁旗や幟、浴衣などの印染職人さんに
お願いするところに特徴があります。

これまで、ふんばろう東日本支援プロジェクトは避難所や仮設住宅3000か所以上に
15万5000品目以上の物資支援をしてきました。
そして今、復興支援の次のフェーズであるお仕事支援に力を入れています。
http://fumbaro.org/

ふんばろう本部としては
がれき処理の重機運転免許取得支援をしたり、
手縫いの靴やかばんのミシン仕事を依頼したりしてきましたが、
今回神戸支部は岩手、宮城、福島、茨城4県、計18社の
印染職人さんにお仕事をお願いするという企画をリクルート社が発案し、
それを神戸巡回展という形で開催したのです。

トートバッグは、明日の〆切後に東北に発注し、
一点一点染めていただくので、皆さんへのお届けは3月末になりますが、
楽しみにしてお待ちください。

日本を代表するクリエイター180人に競演を見るだけでも
かなり楽しめると思います。
あと2日、元町高架下プラネットアース(JR元町駅西口から徒歩4分)
に是非お越しくださいませ。


選挙もとっても大事なんですが・・・。

12月11日から元町高架下のプラネットアースで
東北チャリティのトートバッグ展を開催します。

事前準備をし、12月11日から16日で会期を決め、
準備をしていたら選挙が後から決まり、日程が丸っきりかぶってしまいました(汗)。

次の国政を決める大事な選挙なのですが、
それとは別に東北支援はずっと継続していかねばならない事だと僕は思います。

1年半経ったから忘れていいって事ではありません。
議員も政党も原発問題は触れても、復興に関して意識が薄くなっているのは
やや残念に感じます。

東北支援は「まだやってんの?」と言われるくらい
しつこく20年くらいやり続ける事だと思うのです。
もちろん個々のペースで構わないので。

東北支援は仕事支援のフェースに入っていると聞いています。
支援金は入りつつあるけど、仕事がないので、時間を持て余し、
昼間からの飲酒による交通事故が増えているなんて話も最近聞きました。

さて、今回のトートバッグ展。
印染めのお仕事を漁業の大漁旗を染める職人さんへの
お仕事発注の仕組も加わっています。

今から23年前に始まったこの企画。
サラっと「180人のクリエイター」と表現していますが、
本当はこんな方々を集めることは超難易度の高い事なのです。

いずれも日本を代表する錚々たる方々ばかりです。
こうした方々が協力してくれるのは
リクルートの同僚である菅沼比呂志くんと、
その上司だった大迫さんのおかげです。

菅沼くんは同志社大卒のバイク好きで、
いつも笑えないダジャレ飛ばす気のいいメンバーでした。
(本人はレベルの高いギャグだと錯覚しているので、対応に困るのですが:笑)

その菅沼くんたちの20年以上に渡るクリエイティブネットワークが
この展覧会を成立させているのです。
そんじょそこらの企画ではありません。

デザインを志している人、神戸市でデザイン都市関係を担当している人、
こんな機会は早々無いですから、是非観に来てください。

佐藤可士和さんデザインのチャリティ扇子

1990年から始まったリクルートが主催するチャリティ企画展を
今回、神戸で開催させてもらうことになりました。

毎年、対象物を変えて、日本を代表するクリエイターが
チャリティでデザインしてくれます。

この写真は数年前に私がそのチャリティ展で買った
佐藤可士和さんデザインの扇子で、
受注生産なので日本に数点しか存在しない貴重なもの。

佐藤可士和扇子



佐藤可士和さんと言えば、博報堂から2000年に独立し、
クリエイティブスタジオ「株式会社サムライ」を設立。

ホンダステップワゴンなどのTVCF、SMAPなどミュージシャンのアートワーク、
NTTドコモ「FOMA N702iD / N703iD」のプロダクトデザイン、
ユニクロNYグローバル旗艦店、UT STORE HARAJUKU.の
クリエイティブディレクション、
セブン-イレブンのブランディング、
国立新美術館のVIとサイン計画、
TSUTAYA TOKYO ROPPONGIのVIと空間ディレクション、
楽天グループ、ファーストリテイリングのCI、
NHK教育テレビ「えいごであそぼ」のアートディレクションや
2011年9月、横浜みなとみらいにグランド・オープンした安藤百福発明記念館、
愛称カップヌードルミュージアムのコンセプトワーク、トータルデザインなどを
手がける今を時めくアートディレクターです。

その佐藤可士和さんも印染トートバッグ展に
参加してくれています。

来月12月11日オープニング。
これは見なきゃ損です。
購入のチャンスは、6日間のみです。

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。