スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

goutの8周年

「レストランのオーナーになりたい」
誰でも一度は考えたことがあるのではないだろうか。

サラリーマン時代、当然そんなお金を持ってないので、
それを実現するために僕と同じような気持ちを持っていた
26人の友人・知人に声をかけて共同オーナーシップで始めたのが
恵比寿のビストロ&ワインバーgoutだ。

26人という人数はレストランの一ヶ月の営業日が26日あるから。
オーナーが月に一度店に来れば売上の下支えになり繁盛するだろうと考えた。
さらに月に何度も来てもらえるよう、恵比寿か渋谷、代官山に
自宅かオフィスがある人を中心にオーナー参加の声をかけ、
2000年8月28日goutはオープンした。

オーナーに業界関係の方が多いせいか、隠れ家的にgoutは使われ、
時々顔を出すとオーナー同士が顔を合わせる、そんな居心地の良い空間になっている。

仕事で疲れた帰りにフラっと立ち寄って、カウンターでワインを一杯飲んで、
ソムリエの浅原さんとたわいもない会話をしてリラックスするのも僕の楽しみのひとつだ。

この8年の間には、丸ビル、ヒルズ、ミッドタウンなど大型商業施設が出来て
客足が鈍くなったことも何度かあったが、それも乗り越え、
変わらぬスタイルでお客様に利用されているのも、
経営をお任せしている浅原さんの手腕だろう。本当に感謝の念でいっぱいだ。

浅原さんとの出会いは、僕が28歳の時。
当時、僕は渋谷シネマライズの上に「ガーディアン・ガーデン」という
イベント空間&カフェの責任者をやっていたのだが

そのカフェ側の責任者が浅原さんだった。

このガーディアン・ガーデンはリクルートのメセナ・フィランソロピーとして、
主要読者である若者支援をする「可能性実現空間」と銘打ち、
演劇、映像、アート、音楽、写真ジャンルにおいて若者に発表の場を提供するという
コンセプトで運営していた。
各ジャンルのプロの方々に審査をお願いし、運営協力をしていただく中で、
クリエイティブについて多くの示唆を受けたのが今でも僕の財産になっていると思う。

このガーディアン・ガーデンは今でも場所を変え、そのときの同僚だった菅沼くんが
しっかり継続している。彼の情熱と粘り強さにも本当に教えられることが多かったし、
刺激を受けさせてもらった。

話はそれたが、goutを立ち上げるとき、別のレストランで働いていた浅原さんに
真っ先に電話し、プランを話し、快諾してくれたので今のgoutがある。

そもそも店自体の前身もグラビアアイドル事務所の社長が
経営していたBARをクローズするという話を聞き、
それを引き継がせてもらって改装して始めたのだが、
ホントすべては「人の縁」だなと思う。

Depuis 2000  8年も続けるって、たいしたもんだ、を超えてかなりスゴイね。
浅原さん、感謝してます。そしてオーナーのみなさん、ありがとう。これからもよろしくです。







スポンサーサイト

星野ジャパン

オリンピックが終わった。
メダルを獲って活躍した選手も大勢いたが、
個人的には星野ジャパンが4位に終わり、
ぽっかり心に穴が空いたような気持ちだ。

きっと僕と同じような気持ちの野球ファンも多いと思う。

いろいろ敗戦の原因はあると思うが、
それはマスコミやジャーナリストにお任せするとして、
(気合が韓国に負けていたなんてコメントもあるが、
僕は決してそう思わないし、選手は本当に頑張ってたと思う)
もっと野球界を発展させ、面白くするために
取り組んで欲しい僕の「非常に個人的な」要望を3つ提言したい。

1、もしまたオリンピックで野球が公式競技になったら、
  2軍オールスター+アマチュア選抜を行かせて欲しい。

   
  人は新しい可能性にワクワクするもの。勝って当たり前の中で
  見守るよりも、これから出てくるスター候補を見たり、アマチュアの中から
  ドラフト候補となる金の卵を発見する喜びを提供してほしい。
  88年ソウル五輪の野茂や古田を見るのはホント楽しかった!
  また2軍には数年前の甲子園のスターたちがたくさんいるはず。
  今回なら日本ハムの中田や早大斉藤などで編成したら
  華もあるしね。


2、アメリカだけでなく、各国に選手を派遣したり、(真剣な)国際試合を
  もっと組んでほしい。


  イ・スンヨプ(巨人)選手は、星野ジャパンの選手の情報を結構
  チームに提供したはず。情報収集も出来て、かつ野球の国際化も進むので、
  MLBだけでなく、キューバ、韓国、台湾、オーストラリアなど各国に選手を研修派遣で
  送ったり、冬のウィンターリーグのような国際リーグを開催し、
  野球を通年で見ることが出来るとなおいい。国際交流を促進するような
  グローバル化が必須だなぁ。最近200勝した山本投手(中日)もアメリカ留学組だもんねぇ。
  確か、新浦投手(元巨人)や渡辺投手(現・西武監督)もアジアの国に渡ってプレイしてたしね。

3、やっぱり指導者も国際化すべし。
  
  一番国際化が遅れているのがここかもしれない。
  マイナーリーグのコーチでいいから、勉強しにいくつもりで
  人材を出したいが、ここはさすがに語学力が必要そうだし、
  選手が行く以上にハードルが高そうだなぁ。
  バレンタイン監督やヒルマン監督などアメリカから日本には
  来てるのにね。
  ここは、オリンピックなどの国際試合経験者の中から出てくるか、
  今MLBで活躍している松井やイチローが指導者を目指すまで
  気長に待つしかないかな?長谷川投手(元マリナーズ)とか
  ピッチングコーチとか出来そうな気がするけどね。

  好き勝手書いて、少しは気が晴れました。
  来年はWBC。今度は本当に期待してますよ!
  ひょっとして現役MLBばかりのチームになるのかな?(笑)




  





    






陣内貴美子さん

大人のライフスタイルマガジン「FERIC」の取材で陣内貴美子さんにお会いし、
1時間程度のインタビューでIMJの経営や、僕自身がこだわる考え方やモノについて
お話させていただきました。
陣内さんは根っからの「体育会」って感じで、気さくな素晴らしい方でした。

で、取材が終わってから雑談をしていて、あらためて感じたのが
スポーツキャスターのスポーツ界への人脈の広さ(考えてみれば当たり前なんだけど)。
それに加えて野球少年だった僕からすると元プロ野球選手(金石昭人投手)を
夫に持つ陣内さんは明るい性格に加えて情報の宝庫のような方でした。


その後、僕から陣内さんに逆取材のようにいっぱい質問をさせてもらって、
面白い話をたくさん聞かせてもらいました。
どちらかというと取材を受けてる時よりも興奮して話してたような気がします。

その中でも印象的だったのがプロの精神力。
実力は皆スゴイものを持ってるからプロになってるわけで、
それをどんな場面でも発揮できるとか、コンスタントに出せるとか、
セルフコントロール力の強さを再認識しました。

僕自身も社会人になりたての頃は、仕事の好き嫌いや好不調がはっきりしていて、
新人研修時に自分のスローガンを「オマエはプロやろ!」と決めて、
毎日見るようにデスクに貼っていたのを思い出します。

世の中は北京オリンピック真っ最中。
ここでも日の丸を背負って戦ってる人もいれば、自己への挑戦を極めている人もいます。

いずれにせよ、そういう場面で実力を発揮し、結果を残す人は本当にスゴイですね。
昨日の星野ジャパンも良かった。凄かった。何より勝って良かった(笑)。
1-0とかシビレルますからね。ほんとに。
今日も勝って、またシビレル試合を見せてほしいもんです。
で、金メダルを獲ってくれると最高ですね。


インターネットドラマ「ザ・スケアリー・シティ」

先週、銀座gggでやってる中村勇吾さんの個展に
ドラマの脚本家として有名な青柳祐美子さんと一緒に見に行ってきました。

9月からIMJと中村勇吾さんで一緒に仕事を始める予定なので、
ご挨拶を兼ねての表敬訪問でした。

その翌日、アメリカのメジャーエンタメ雑誌「バラエティ」のアジア版
「バラエティ・アジア・ドットコム」に、こんな記事が出ました!

http://www.varietyasiaonline.com/index.php?option=com_content&task=view&id=6648&Itemid=1

どこで聞きつけたのか知りませんが、さすが情報早いですね。
ある意味、驚き!(笑)

アメリカで大ヒットした毎日配信ネットドラマ「ロンリーガール15」の
ショーランナー青柳さん中心に
数社がプロジェクトを組んで、
新しいネットドラマ「The Scary City(TSC)」をやる予定です。
(日本版バラエティは、「ロンリーガール15」の続編をやると誤解していますが:笑)

http://www.varietyjapan.com/news/movie/2k1u7d000009ovgh.html

なんと、カットオーバー(ドラマ配信)は9月15日。
毎日撮影、毎日編集、そして毎日配信、ユーザーの反応や推理をもとに、
その夜、翌日分の脚本を修正し、翌日朝からまた撮影・・・。


全く新しいチャレンジになると思います。
さて、TSCはLG15を超えられるか?
当時者ながら非常に楽しみです。

theme : ネットビジネス
genre : ビジネス

絶対お得なT―MALL

足掛け3年、と言っても過言ではないアフィリエイトショッピングモール
T―MALL
」がカットオーバーしました。

IMJとCCCがジョイントベンチャー(JV)で設立したCCCコミュニケ-ションズ内で
Tポイントを使ったショッピングモールをやろうと準備を進め,
Tカード&マーケティングとの共同開発により、何とかオープンしたのです。

これまで他ポイントを使う企画でプレスタートしたことがあったのですが,
会員募集が思ったほど伸びず、またそのために使った広告費も効果がイマイチ。

「やっぱりTポイントでしょ!」と、仕切りなおしてスタートしたT-MALLは、
もともとTSUTAYA2861万人という会員アセットがあるうえ、
このサイトを経由して出店しているショッピングサイトで買い物したり、
資料請求したりすると、TSUTAYAのTポイントが貯まるわけです。

もちろん、そのショッピングサイトが独自で発行しているポイントも付くので、
「ダブルで絶対お得」なサイトなわけです。

こういう顧客価値が明確な事業は、その価値をしっかり情報提供し、
理解してもらえれば必ずうまくいくはず。
既に登録会員は120万人を超え、好調な滑り出し。

TSUTAYA会員は現在20歳代の二人に一人というすごい普及率。
いきなり目当てのショッピングサイトに行く前に、
ちょっと一手間かけてT―MALLを経由すれば、
エンタメライフはポイント還元で無料化していくことは間違いなし。


一度覗いてみてください。
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。