スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上方修正

2009年3月期の業績を上方修正しました。

昨年10月以降、急激なお客様のコスト削減で
業績見込みが下ブレしていましたが、
この1月~3月は各社とも影響度の下限が見えてきたこともあり、
またIMJメンバーが最後の頑張りを見せたこともあり、
持ち直すことが出来ました。

メンバーのみんな、ありがとね。
一年間、よく頑張った!

業界によってこの経済不況の影響度はマチマチだと思いますが、
IT投資は売上増にもコスト削減にも
有効な投資であるのは間違いないので、
我々さえしっかりとしたソリューションを提供できれば
ネット業界は再び成長軌道に戻ると僕は思います。

少し良い報告が出来たのをキッカケに
今期しっかり頑張ろ!


スポンサーサイト

言葉にならないくらい・・・

あまり詳しいことは書けないんだけど、

言葉にならないくらい

感謝の気持ちで一杯です。

本当に僕は幸せものだと思いました。

鶴さん、小村くん、岡野さん、斉藤さん

心からお礼を言います。

ありがとうございました。

頑張ります!

伊勢田の2点タイムリー

今日はアドニス公式戦3試合目、宿敵ビアーズとの対戦。

なぜか肩痛で、メチャクチャ調子悪かったです。

しかし、バックの堅い守備にも助けられ、
なんとか4イニングをソロホームランの1点に抑えることが出来ました。

勝利打点となった伊勢田くんの2点タイムリーは
非常に大きかったです。

あとライト・矢内くんのレイザービームのような本塁刺殺には
感謝感激!

相手チームの投手が変わってからは打線が爆発し、終わってみれば9対1の快勝。

今期2勝目を上げました。

疲れたけれど、ナイスゲーム!
バックのみんな、今日はありがとうございました。


社内結婚パーティ

新卒4年目の同期2人、高橋くんと長野さんが結婚しました。

社内恋愛が多いと会社の業績が良くなるって、
誰かに聞いたので、いろんな意味でメデタイわけですが(笑)、
ホント素敵なパーティで、お似合いの二人でした。
(写真撮った人、送ってくださいね!)

同期のメンバーによる手作り感いっぱいのパーティは
多くの演出が施され、雰囲気も抜群で
すごく楽しかったし、幸せな気持ちにさせてもらいました。

ニュース仕立ての映像も良かったし、
雨の中の花火も良かった。
そして何といっても高橋くんのサプライズな「ピアノ演奏」!
出来はともかく(笑)、感動しました。

最後の長野さんの手紙も「男前な感じ」が
最高でした。

末永くお幸せに。

こういうのを見せられると、
触発されて、今年はあと2~3組、出るかもしれないなぁ(笑)





会長って何をしているんですか?

最近一番よく聞かれる質問です。

本来、外交(業界、競合、株主)と内政(組織マネジメント、商品サービス開発、
事業執行)などの境目のどこかで切り分けて、
社長と会長で役割分担するのでしょうが、
4月に変わってすぐにうまい切り分けは実現しないですよね(笑)。

それまでの業務で引き続いているものもあるし、
仕事を渡していくのにも時間もかかります。

特に一番気をつけているのが、経緯と歴史の事実共有です。

これは「しがらみ」を継続するという意味ではなく、
過去に起こったことを「知っておいてもらう」ということです。

その上で、それを踏まえて意思決定するのか、
あえて無視して意思決定するのか、はその時々の判断だし、
過去にうまくいかなくても時のアセスメントでうまくいくように
なることもあれば、担当者が変わってうまくいくこともある。

また、時代性や環境状況にも影響を受けるので
判断自体は都度都度だが、より経営判断の精度を上げるためには
「過去を知っておく」ことは非常に重要だと思うからです。

そうすることで、同じ過ちを繰り返さない、
失敗しても軽症で済む、
前は失敗したけれど今回は成功に導ける、
前よりも早い速度で、かつ高いクオリティで仕上がる、
などの「進化」が生まれると思うのです。


IMJモバイルの取締役の森くんが
モバイルインテグレーション事業を初めて管掌したときに
(確か今から3年前くらい)、
すぐさま僕に「樫野さんが今までweb事業でまとめてきた資料を
全部見せてください。モバイルインテグレーション事業はweb事業から
3年遅れくらいのステージですから、まずはweb事業で
やってきたことを頭に入れておきたいんです」と言ってきました。

そして今日。
元ゴメスコンサルティング社長で3月からIMJにジョインしてくれた、
web事業執行責任者の西村さんが
「樫野さん、次のweb事業の3ヵ年を考える際に、
おさらいをしておきたいので、これまでの資料を一通り見せてください」
と社長室に言いに来ました。

二人とも事の本質をよく理解してくれているので、
本当に安心です。

ということで、会長になったものの時間の半分は
人脈の紹介、引継ぎ、過去経緯の継承、
新体制移行へのサポートといった感じです。

残りの半分はというと、
実はIMJエンタテインメントの
新事業領域である配給事業の立ち上げを陣頭指揮でやっています。

中小規模の作品については、自分たちの作品を自分たちで丁寧に
お客様に届けたい、出来ればネット社会においての
新しい配給・宣伝の形を構築したいと考えており、
現場に密着した時間を過ごしています。

四半期ごとに決めている僕の中の重点テーマが
今は配給事業立ち上げだということですね。

既に今期中に3作品の配給が決まり、
バッチリ仕込み中なので、
もう少しで事業の輪郭が作れそうです。

今期はエンタメセグメントの成長にも
ご注目いただければと思います。


名門ゴルフ倶楽部

先日、仲の良い社長に誘われて名門ゴルフ倶楽部に行ってきた。

普段は、なるべくラウンドしたことがないコースを
初めて回るのが好きな方なのだが、
この日ばかりは「本当のゴルフの楽しみ方」を
体感させてもらった。

一緒に行ったメンバーは、親子代々のメンバーと
お爺様から受け継いだメンバーシップの方だったので
昼食時にラウンジで会う方々大先輩から同年代まで
ほとんど知り合いなのである。

お爺様がご友人とか、父上がご友人とか、
世代を超えた交友関係と、それを受け継いでいく
コミュニティが存在している。

ゴルフクラブは、そこに預けっぱなしで、毎週来る。

ワインやお酒もキープしてあり、マイボトルが
ラウンド終了後に出てくる。(ワインセラーまで持ってた!)

代々のチャンピオンボードに名を連ねる方々もご友人ばかり。

当然こうなれば、すべての振る舞いを
相互に意識して、恥ずかしいことは出来ないし、
みんなでその暗黙のルールを遵守している感じだ。

ゴルフギアとスコアに夢中になり、
ストイックにプレイを楽しむ姿とは一線を画す
本来の倶楽部ライフ(スタイル)が
そこにはあった。

久しぶりに、素直に「素敵だなぁ」と思える
一日を過ごさせてもらいました。
感謝!!

年に一度のグループ総会

金曜日、今期の戦略共有と各種表彰の場である
グループ総会を開催した。

3ヵ年計画の最終年となる今期のテーマは
「本気のミックスジュース」と「勝ちにこだわる」。

顧客満足を一心に考え、その期待を上回る価値を提供し、
最高の成果を出すための一年になると思う。

そして、新規事業提案コンペ「いっちょま」の結果発表、
最優秀新人賞の発表、そしてクリエィティブアワードの授賞式と
続いた。

最優秀新人賞の授賞式は毎年感動的で、今年ももらい泣きをしてしまった。
近藤さん、本当におめでとう。一年間よく頑張りましたね。

あとクリエィティブアワードも素晴らしいプロジェクトだったと思います。
明らかにIMJのこれからを示唆する新しい取り組みを
手がけてくれたと誇りに思います。

今年のプレゼンテーターは映画「蟹工船」のSABU監督。
軽妙なトークに会場も大うけでした(笑)
(たぶんみんな、「蟹工船」を観に行くと思うけど、
まずその前に予習として「MONDAY」と「弾丸ランナー」を観ておくこと)

最後は優秀経営チーム賞のMフィールド櫻井社長の
挨拶と手締めで幕を閉じた。

毎年のことだが、
グループ総会を境目に、前期のまとめが終わり、
気分も一新、新しい期が本格的に始まったことを再確認する。

初めて参加した新入社員は、どんな感想を持ったのかなぁ?
また感想聞かせてな。

社員総会とMVM

新しい期がスタートし、第1Q四半期の社員総会を行いました。

各本部の前期レビューと今期方針発表の後、
恒例の部門別MVPと今回からスタートする
「Most Valuable Manager」(MVM)の表彰式が行われました。

栄えある第一回目のMVMに選ばれたのは大村くん。
本当におめでとう。
表彰状、賞金に加えてマスターズのようなグリーンジャケットをプレゼントされました。
(ちなみに、グループ総会で発表する最優秀新人賞は赤いジャケットです)
MVM大村くん

メンバーからの信任も厚く、素晴らしいチームビルディングを
してもらったと心から感謝するとともに、
一年間、お疲れさまでした、今期も頑張ってね!とあらためてお伝えします。

賞金の一部は海外視察のための渡航費用に使ってもらうことになっています。
見聞を広め、新しい情報に触れ、またIMJに刺激を与えてくださいね。



46歳のお誕生日

4月10日に46歳になりました。

確か同じ誕生日の有名人に、和田アキ子さん、さだまさしさん、
水島新司さんがいらっしゃったと思います。

いろんな占いの本によると、リーダー適性のある運命とのこと。
友人によく「書いてあること、めっちゃ当たってる!」と言われてました(笑)

小学校の学級委員長に始まり、
部活のキャプテン、社長、会長まで40年近くリーダー職を
やってきてますが、結局好きなんでしょうね。
チームを率いて、何かをやっていくのが。

46歳っていうと、人生の折り返し地点と言いますが、
(ん? もう半分を過ぎてる?)
僕の気持ちも、まさにこれから後半戦突入です。

24年間の前半戦、なかなか頑張ったかな。
自分で自分を褒めてあげたいです(笑)
いろんな勉強も出来たし、多くの経験も出来たし、
何より良い仲間にもめぐり合えたし。

後半戦も目一杯頑張りますよ。
これまでの蓄積を実らせるために。

多くのお世話になった方々への恩返しのためにも。

そして、せっかく生まれてきたのだから
何かしら社会の、世界の役に立つために。
(ウチの6歳の娘は、幼稚園で「大きくなったら何になりたい?」って聞かれて、
「お父さんと一緒に世界を守る人になりたいです!」と答えたそうです:笑)

さぁ。気合満点。

後半戦、よーい、ドン!!

営業戦略本部の歓送迎会

一年間管掌した営業戦略本部の歓送迎会に参加した。

いいチームだったので、飲み会もホント居心地の良い空間だった。

全社戦略で、この4月は人の異動が結構多かったのだが、
いつものように、出る人は名残惜しそうでありながら次への思いを馳せ、
残る人は決意も新たに!といった感じでした。

その勢いで、久しぶりにカラオケに突入!

その夜の必聴ベスト3は、
突然ジョインしてくれたモバイルのディレクター戸田くんの
X JAPANと、甘い声の村上くん、
そして電車の車掌さんも真っ青の新本部長・石井さんの歌。

この3曲は必聴だな(笑)。

小説家と脚本家の違いとは?

銭ゲバの脚本家の岡田恵和さんと食事をしました。

年齢は僕より少し上ですが、見た目も若いし、
男前だし、何より非常に会話が気持ちいい方だった。

その中で、「小説家と脚本家の違いって、対応力だと思う」という
言葉が非常に印象に残りました。

いろんな制約の中で、プロデューサーやスタッフ、役者と
「何とかしていく」力のことだそうです。

逆に制約がある方が「燃える」らしいのです(笑)。

こういう方と仕事をすると、頼もしいし、楽しいだろうなぁと
ホント思いました。



若手経営者との飲み会

あえて社名は書きませんが(笑)、
IT系で活躍している若手経営者(僕より一回りくらい下かな?)の
田中さん、宮澤さん、梅澤さんと
ウチの秘書2人を交えて飲み会をしました。

梅沢、田中、宮澤90408縮小

みんな元気で若い!
バッチリ若いエキスを吸わせてもらい(笑)、
メチャメチャ楽しかったです。

その中で出たテーマのひとつが
ちょっと前のブログに書いたIPTVの今後の行方。

賛否両論あるものの、
注目すべきテーマであるのは事実です。

タイミング良く
TV版ヤフージャパン始動!
というような記事も出てたし、業界の動きを感じますねぇ。

2011年に向けて、IT業界に
もう一盛り上がりが来るかもしれません!

初勝利

昨日はアドニス第二戦。

昼一で打ち合わせがあったので試合直前に駆け込み、
ウォーミングアップ不足のうちに先発。

ところが結果は4イニング失点1.自責点0で勝利投手、
打つ方も3打数2安打2打点、本塁打1と大当たり!

気持ちの良い快勝でした。

今日は月曜日恒例の筋肉痛ですが気分は最高な状態です。

新聞のTV欄の変化とIPTV

昨日、新聞のTV欄を見ていて驚きました!

なんと、TV局の並びが変わっている!

日テレの隣にテレ朝、その右にはTBS,そしてテレ東、一番右端がフジテレビ。

そうです。地デジ対応の番組欄になっているのです。

局のチャンネル数字はもちろんテレ朝は5、テレ東は7で、
その数字の脇に小さく「アナログ 10」とか「アナログ12」とか
記載されていました。


これまでずっと次の大きな変革は
2011年7月24日のアナログ停波以降だろうと思っていたのですが、
世の中のトレンドはもっと早くなりそうですね。

来年6月のサッカーワールドカップを前にして
春先から家電メーカーの「地デジ(ハイビジョンで)でワールドカップを見よう!」
キャンペーンが大々的に行われ、
地デジTVが一気に普及し、予想より一年前倒しでIPTVソリューションが
爆発的に成長するかもしれないなぁと思いました。


おそらくPC,ケータイ、IPTVの3デバイスが
生活シーンの中でのネットライフの大半の時間を占めるようになるので、
ここはビジネス的にはずせません。

IMJはいち早くSTBを使ったTV向けソリューションや
アクトビラ向けの開発なども手がけてきたので
現時点で結構大きな業界シェア(裏方ですけど)を取れてるので、
ここは事業のスピードを更に上げて取り組かないと。

時代の流れが想像を超えて動いている今日この頃です。

顧客向けIMJナレッジ誌「essence」

この3ヵ年のテーマであるカスタマーインティマシー(顧客との親密性の追求)を
いくつかの施策で進めてきていますが、
そのひとつが、IMJの様々なナレッジや今のソリューションのトレンドを
一冊にまとめた冊子「essence」です。


エッセンス

vol.1は昨年10月に発刊。
IMJはweb会社と思われがちなのですが、
トータルソリューションをコンセプトに事業を進めてきた現在、
顧客向けソリューション・ラインナップが多岐に渡ってきているので、
そのグループオールでのソリューション事例やナレッジを紹介する内容にしました。

そしてvol.2が今日発刊(黄色い表紙)。
今度は「丸ごと一冊EC本」です。

世の中の不景気をものともせず、まだ右肩上がりで伸びているEC市場ですが、
お客様自体は一通りの手は打った後、更にどう伸ばしていくか
試行錯誤されていることが多いようです。
また市場全体は伸びていても、同じECプレイヤー同士の競争は
今まで以上に激しくなっているのも事実。

そんな状況を打破するお手伝いをすべく、
IMJのナレッジの一端をお見せしようとまとめてみました。

これが今後少しでもお客様のお役に立てればいいなぁと思ってます。

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。