スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ集会 100回突破しました。

5月30日を皮切りに、出来るだけ多くの人の生の声を聞いて、
神戸の街の様子・課題を肌で感じようと3人から10人くらいのミニ集会を
開いてきました。

そして、今日遂に100回を超え、計1174人の方に
お話を聞けたことを報告します。(講演会やイベントの数は含んでいません)

本当に多くの方、しかもいろんな職種、立場、環境の方に
忌憚のない意見やアドバイスをもらったことが、
今の僕の大きな財産になっていると思います。
みなさんお忙しい中、時間を作ってもらって、ありがとうございました。
あらためて、この場を借りてお礼を申し上げます。

このミニ集会を重ねる中で、
僕は「本当に神戸を変える必要があるのか?」という問いを
自問自答していました。

そして、もし変えなければいけないとするなら、
その問題の本質はどこにあるのか?を考えていました。

そして、あるとき、それに気付きました・・・。


女手一つで子どもを育てているお母さんは言いました。
「税金が高すぎる。どれだけ働いても楽にならへん。
もう神戸市には諦めてるから引っ越そうかと思ってる」

長田区のケミカル工場のオヤジさんは、
「この暑いのに、クーラーも買われへんくらい、商売厳しいわ。
わしらも厳しいから周りの飲食店も皆つぶれとる」

そして、震災の復興について聞くと、「2重ローンが払えんで、
自分にかけた保険で払うために自殺するヤツもおる。
綺麗なビルは建ったけど、年寄りがその個室で孤独死することもあるで」と。

また、ウチの母ちゃんまでも「敬老パスがタダやったのに、
有料になったからあまり出歩かんようになったわ。もったいないし」と、ボヤいていました。

あるNPO法人の代表は、「同じように地域や社会のために頑張ってるのに、
市と昔から付き合いのある自治会や市が自分でやってる団体には補助金が出て、
私らにはちっとも出ない。判断基準がわからんし、不公平やわ」と。

また高校の先生からは「せっかく勇気を持って高校生が
神戸市に自分たちの提案を持っていったのに、前例がない、夢はわかるけど、ありえない、と
一刀両断。みんな泣いてましたよ」と教えてくれました。

そして僕のブログに衝撃のメールが来ました。
「市役所に勤めていますが、市民のために、と考えたことは否定され、
迎合するな、と怒られ、志ある人はみんな辞めるか、
心を閉ざして働いています。
どうかこの閉塞感から助け出してください」

そういえば、8年前、30万人もの署名運動があったにも関わらず、
住民投票すらせずに、強引に決議をした神戸空港問題。

それぞれ言ってる内容は様々で、課題も違いますが、
すべての原因となっているのは、ひとつだと僕は確信しました。

それは、今の市役所全体が「神戸市民を本当に幸せにしたい」という
チームになっていないということじゃないでしょうか。

きっと個々には志を持って、市民のために頑張ってる職員もたくさんいると思います。

だけど、「市民のために」というシンプルだけど、一番大事な気持ちで
市役所が一つになっていないということなんじゃないかと。
そうしたくても出来ない「見えない何か」に縛られているんじゃないかと。


すべての問題の原因はそこにあると僕は思います。

だからこそ、僕がやらなければと思いました。

僕がそれを変えたいと思ったんです。
みんなと一緒になって変えれると思ったんです。

絶対に、神戸を変えましょう。

この秋、市民革命が起こると僕は信じています。

スポンサーサイト

神戸市 全130駅で駅立ちやります!

「何かをやり切るのがいいいんじゃない?」というスタッフのアドバイスで
始まった全駅制覇。

しかし、神戸はホント広い(笑)。

でも、しっかり生声で僕の考えや政策を届けたいと思い、
やることに踏み切りました。

しかも、こんな看板まで出来たもんだから、
もうやるしかない!
090929_1215~0001


あと、83駅。
絶対やりきりますので、見かけたら声かけてください。

頑張ります。

マニフェスト発表しました。

今日3時から記者クラブで、マニフェストの発表記者会見を行いました。

冊子は30日に納品、ネットも同時オープンになるので、
是非ご覧ください。

この冊子のコンセプトは「2010→2013 輝く神戸に向かう情熱バスツアー」です。マニフェスト

運転手の運転方針   → 樫野の行動指針(3つのチェンジ)
バスの修理      → 8つの行政改革
ツアーガイド・ナビ  → 33のマニフェスト
目的地        → 7つのビジョン(市民満足度No.1シティへ)

という作りになっています。

なかなか個々の背景や目的を全部冊子で伝え切るのは難しいので、
これからブログで少しずつ補足説明をさせてもらいたいと思います。

今回は行政改革8つのうちの1つ、「都市デザイン戦略局の設置」です。

ついついマニフェストは目先の課題解決と、
市民が直接的に欲するベネフィットに目が行きがちですが、
実はもっとも大事なのは「この街をどういう方向に導こうとしているか。
そして近隣都市、県、府と、どう関わり、連携し、お互いの役割を認識しながら、
協調していくか」ということだと思います。

今回の民主党政権における国家戦略局と近い考え方です。

日本の中の神戸、関西の中の神戸をどう捉えるか、
で今後の方向性は変わってきますからね。
産業連携しかり、文化施設の統廃合しかり、人口問題しかり。

神戸だけが良かったらいいってもんじゃない。
それだと「東京一極集中」と何ら変わらなくなってしまいます。

「未来の神戸をデザインする」

今一番求められていることをこの都市デザイン戦略局と市民の皆さんとで
英知を結集して答えを探していきたいと考えています。

樫野のアイデア⑦ 高校生からの提案

* 本ブログを読む前に、その前提として8月7日「樫野のアイデア はじめに」をお読みください。
     8月7日ブログ

* また、今回は樫野のアイデアではなく、高校生からもらったアイデアを転載させてもらいました。


街頭演説をしているときに、外国人の方から「頑張ってくださいね。
ただ私は選挙権が無いんですが」と声をかけられました。

選挙権があっても無くても、神戸に住んでる人々の意見や考えは
しっかり聞いて尊重していくべきだと思いませんか?
だって、みんなこの街の仲間なんですから。

ということで、高校生からコメントをもらいました。
彼・彼女たちは未来の神戸の主役です。
きちんと向き合って
話をする機会を持つべきだと思います。

すべての政治判断って、今の判断だけではなく、未来も含めた意思決定が必要ですからね。

で、もらった意見です。

① ゴミ袋指定なんて変
·  もっとかわいい袋で、市民に清掃意識を高めるべき。
·  http://www.maq.co.jp/gba/1/index.html
  こんなかわいい袋なら若者も率先してゴミ意識を高め清掃に取り組むはず。

② 市長には高校生ともどんどんあって話を聞いてほしい。
  (県知事は時々そう言う機会を設けてくれているようです)

③ 高校生が主催するイベント行事、あるいは真摯なフォーラムを市が主催して開いてほしい。
  神戸祭りは、たとえ子どもが参加していても、大人が主導している祭りで、
  大人や企業のためにある。もっと、若者主催のフォーラムを。

④ 若者の発言出来る機会を設けてほしい。
·  国も市も政策は高齢者には手厚いが、若者の声は反映していない。
·  ネット・携帯を生かして、テーマごとに意見交流出来る「KOBE若者意見広場」みたいな
  ページがあればいい。

⑤ ネット投票を
·  若者の声が反映されないのは、若者の投票率が低いため。
·  若者の投票を高めるためにも、ネット投票を!

ほんと、そのとおり、って感じです。

ゴミ袋もデザイン都市なら、それくらいやらなきゃ、ですね。

みなさん、ありがとうございました。
参考にさせてもらいます。

出版パーティ&決起集会のお知らせ

ひょんなご縁で、これまでのキャリアや、今回の挑戦に関する考え方などを
著した書籍を出版していただことになりました。

あわせて、支援者の皆さんが集まる場として
大勢の方に来ていただきたいと思っています。

「いっぺん、生かしのを見たろ」とか
「応援しに行ったろ」とか
お気軽にお越しください。

みなさんと会えるのを楽しみにしています。

=======================
日 時:10月2日(金) 18時半から20時<入場無料>
場 所:神戸市勤労会館 7階大ホール(三宮駅東口から南東へ徒歩5分)
定 員:300名
申込み:http://kashino.net/
    のご意見箱より「参加」とメ-ルください。
=======================

*最近、かなりの方からコメントをいただいています。
本当にありがとうございます。すべてに目を通させてもらっていますが、
すべてのコメントにレスをするのが難しくなっていますので
ご了承くださいね。

スカイマークスタジアムでの始球式

昨日、神戸9クルーズの公式戦で始球式をさせてもらう機会がありました。

野球小僧の僕にとっては感動の一瞬です。

ただ、超悔しいのは、ストライクを投げられなかったこと・・・。

奇しくも吉田えりちゃんの初先発の日。

いい記念になりました!

感動の一瞬をどうぞ!(笑)
始球式

事務所開きします。

JR元町駅前に事務所をオープンすることになりました。

9月23日12時半から事務所開きをしますので、
お気軽にお越しください。

詳細は下記にてご確認くださいませ。

詳細場所

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

樫野のアイデア⑥ 神戸パティシエ コンテスト

この前、神戸コレクションを観て来ました。
もう10年以上続いているそうです。

ところが、神戸を代表する産業であるスイーツ業界に
こうした大掛かりなイベントが無い。

これはもったいない!
ということで、ユーハイムの河本さんと対談してきました。
面白いアイデアが一杯出てきましたよ。
是非、お読みください。
神戸スイーツを世界ブランドにしよう!

あと、9月23日12時半から事務所開きをします。
事務所開き

いつも応援してくれてる皆様、
是非、生かしのを観に来てください(笑)

政治家が子どもたちの憧れの職業になる日

今朝の新聞で「鳩山代表は昔、政治家にはなりたくなかった」
という記事が掲載されていました。

おそらく日本全国の子どもたちの中で、
政治家になりたいと思っている子どもはあまりいないんじゃないでしょうか。

人気職種ランキングに上がっているような記憶が全く無い!(笑)

国民のために本当は必死になって働いているはずの職業であり、
なるためのリスクが非常に大きいにも関わらず、
「憧れの職業」とは言い難いですよね。

いつからか、「悪いことをしている」とか「うさんくさい」という
イメージが着いてしまっていると思うのです。

それじゃ、相当奇特な人でない限り、
政治の世界に優秀な人が集まってこないのも当然ですよね。

政治屋はともかく、政治家はとても素晴らしい仕事だと思います。

間違いなく、社会を良い方向に導いていく大事な仕事だと思います。
もっとクリーンで、もっとわかりやすい社会を引っ張るリーダーが
数多く出てきて、子どもたちの「憧れの職業」になるようにしたいと思ってます。

少なくとも、樫野はそれを目指したいと最近強く思っています。

「官から民」ではなく、「官プラス民」

「官から民」、よく言われる言葉ですが、どうも違和感がありました。
民間出身の僕が言うな、と言う感じですが(笑)。

「官」のマイナス面を見て、そんな言葉が使われていると思うのですが、
もちろん良いところもたくさんあるわけです。

一方、「民」も完璧かというと、ご存知のように悪い「民」もたくさんいます(笑)。
テレビで謝っている社長の姿を去年は何度も見ましたよね。

だから、僕の考えは「官プラス民」なのです。

双方の良い部分を加えていく、良くない部分を補完する、
自浄作用を働かせる、これがハイブリッド組織の良いところだと思うのです。

多少、溶け合うまでに時間がかかるところもあるかもしれませんが(笑)、
融合したときの強さは相当なはずなので、
市民のために、大きな目標のために、心を一つに出来ると素晴らしいと思いませんか?

樫野のアイデア⑤  行政改革「区役所分権」

*これはアイデアというより、行政改革の柱としてマニフェストに入れました。

会社の中でのよくある話として、「どうしてそんな全社コストがかかるんですか?」
という事業部門の文句があります。

管理部門は管理部門で結構丁寧にプランをし、事業部門のために、と思って
やった施策なのに「全然、現場のことがわかってない」と言われたり、
「事情がそれぞれ違う事業部門に、全員にマッチするような教育をしようとするから
総花的になったり、最大公約数的な施策になったりするんだ」とか。

同じことが神戸市にもあると思いました。

神戸市の9区はそれぞれ特徴も、暮らしている市民の様子も課題も大きく異なります。
灘区や東灘区のように人口が増えている区もあれば、
北区のように農業従事者が多い区もあります。
長田区のように震災の爪あとが残り、独居老人の問題や二重ローンを抱えている
方々が多い区もあります。

9つの区の状態、課題、市民ニーズが全く違うわけです。
これに対して神戸市全体で統一施策を打っていては、
かゆいところに手が届かないのは当たり前です。

ひとつひとつの区が20万人クラスの他都市(伊丹市や宝塚市)と
同等の行政サービスが求められます。


きめ細かい市民サービスを実現し、区別の課題解決をスピード感を持って、
区民と一緒になって解決していくために、
区役所の区長が伊丹市や宝塚市の市長並みの手腕を持ち、
権限と予算を委譲され、市民生活に近いところで行政サービスを
推進していかなければ市民の満足度は上がらないわけです


だって、何か身近な問題が起こっても、三宮の市役所まで
行かなければ大きな問題は解決しないなんて面倒くさい極みですよね。

それに本当にサービスレベルを上げ、効率的に業務を進め、
ムダを無くしていくには、部下のマネジメントを直接していて、
お客様(市民)に接している人が人事権と決裁権限をある程度持ってないと出来ないです。

だから区役所分権を進めたいのです。

この前、市役所の職員の方に聞いたら区長権限は年1億円程度だとか。
正しい数字はわかりませんが、単純に掛け算すると9区で9億円。
神戸市の一般会計は約7500億円です。
もっと権限委譲すべきだと僕は思います。


区によって、住宅政策から始める区長もいれば、子どもの公園づくりから入る区長も
いるだろうし、介護政策から入る区長もいるでしょう。
(もちろん神戸市としての全体最適、区間調整、潜在的課題への研究・対策、
イシュー別の深堀など、ヘッドクォーターの役割も大切なのは言うまでもありません。)

教育改革で提案している「地域本部」と併せて、
区役所を市民のホットステーションにしていきたいのです。

それを実現するには、区長の力量が相当必要です。

なので、区長は従来の市役所内人事異動だけではなく、
一般公募も含め、民間人の登用をし、
区役所内の効率化、サービスの最大化を推進し、
市民満足度No。1の街づくりを進めたいと
思っています。

これが樫野が考える区役所分権の背景にある考え方です。
    

9月13日のイベントにゲスト出演し、「町起こしのヒント」について講演します。

藤原和博さんをお迎えした9月5日の教育講演会ですが、
立ち見が出るほど超満員になりました。
ありがとうございました。一部の方はお座りになれずに、
お帰りになってしまった方もいらっしゃるとお聞きしました。申し訳ありません。

僕の中での一番のサプライズは母が来場してくれ、その前で講演したこと(笑)
マジで汗かきました。しかも最後に藤原さんが母に挨拶の要請をして、
断るのかと思ったら、話始めちゃって(笑)。あせりましたね、ホント。

ところで、今度は9月13日(日)13時30分開場、14時開演16時終了で
「神戸活性サミット」が開催されます。
神戸を元気にしようとする経営者や大学生が一同に集まるバトルトークです。


パネラーも超豪華です。
KISS-FMでおなじみの大久保かれんさん、SRCの横山 剛社長、
神戸電子専門学校の福岡荘治校長、レッドポイントの泊 悦子社長、
ガブルス・ジャパンの竹内佳章社長、神戸活性プロジェクト代表の中村俊くん、
コーディネーターには神戸カレッジ・オブ・ファッションの辻村謙一さんと

錚々たるメンバー。

僕は、今回「町おこしのヒント」というテーマで
以前執筆した「福岡ドーム 集客力の作り方」(現ヤフードーム)を
生トークでお話する予定です。

どんな仕掛けで初年度900万人ものお客様を集めたのか?
コストをかけない企画力のツボとは?
ハードとソフトの関係や、そのコスト感の違いなどをタップリお話します。


これからの神戸の活性化のヒントもたくさんあると思います。
また僕が「今の神戸に必要だ!」と言っている「コト起こし」についても
ご理解いただけると思います。

入場無料ですが、定員は150名です。

今度も相当オモシロイですよ。ふるってご参加ください!

場所:神戸国際会館 三宮駅 南側へ徒歩3分
申し込み: info@kashino.net
に、「神戸活性サミット参加希望」と書いて、
申し込み者のお名前、年齢、社会人か学生かを明記し、
お友達が参加の場合はお友達の人数を書いてお申し込みください。

熱く熱く語り合いましょう!
よろしくです。

本日、決意の記者会見をしました。

今日の3時、神戸市役所16Fの記者クラブで記者会見を行いました。

20数社のマスコミの方に来ていただき、
熱気ムンムンの中、僕の想いや考え方、スタンスなどを
たっぷりお話させていただきました。

応援団には土曜日に講演会を一緒にした藤原和博さんや
映画監督の白羽さん、神戸カレッジ・オブ・ファッションの辻村さん、
長田高校の同窓生の北御門くんや小阪さん(奥様の方)、
先輩の中村さん、学生代表の中村俊くんが同席してくれて、
ホントの熱い応援メッセージをもらいました。ありがとうございました。


この場を借りて報告したいのは、真剣に検討し始めてから
今日の決断に至った気持ちです。

最初は僕の「やりたい」という気持ちからスタートしました。

そして今の神戸、未来の神戸を考えた時、
どんな能力が神戸のリーダーに必要なのか、
ハードの復興が終わりつつある今、ソフト(心と暮らし)の復興を
次のステージとして進めるのに必要な能力を僕は有しているのか、
を振り返ってみたのです。

その結論は、これまでの僕の経験やスキル、人脈は必ず神戸の役に立つだろうということ、
そして日本一ソフト(クリエイティブ)に強い行政トップになるだろうと。

まして神戸はデザイン都市を標榜しています。
トップがクリエイティブでなくては、デザイン都市の魂は入らないだろうと。

あとは皆が本当に変わりたいと思っているのか?
樫野を必要としているのか?を知りたかったのです。

やりたい気持ちがあり、求められるスキルに自信もあっても
地元・神戸の皆が神戸の未来を樫野に託したい、
樫野と一緒になって神戸の街づくりをやりたいと思ってくれなきゃ
エントリーする資格がないと思っていたのです。

それを確認するために、何十回ものミニ集会で、
意見を聞き、気持ちを聞き、悩みや神戸の課題など、いっぱい肌で感じました。

そして何より、8月にwebサイトを立ち上げてから
毎日のように多くの「神戸を変えて!」「英断してください」
「自分たちの大好きな神戸の街を復活させて」といったメッセージを
いただきました。

大きな大きなエネルギーをもらいました。
勇気もしっかりいただきました。

今は自分の気持ちよりも、「僕がやらねば」という使命感に近い気持ちです。

背中をドンと押してくれてありがとうございます。
みんなで一緒になって神戸の輝く未来を創りましょう!

神戸は変わりますよ。誰もがメッチャうらやむ街に。

未来へ まっすぐに。 かしのは頑張ります。




樫野のアイデア④ 鉄人28号と前説

* 本ブログを読む前に、前提として「8月7日樫野のアイデア はじめに」を読んでくださいね。
   

会社の研修では、初めて会った人同士が
早くうちとけられるように「アイスブレーキング」のためのプログラムが
組まれていることが多々あります。

演劇でも前説が観客を和ませ、芝居に集中し、世界観に入っていくための
ウォーミングアップをしたりしていますよね。

コンサートにおける前座は多少、他の目的もあるけど、
場を暖めるという意味では同様かもしれません。


鳥取県で水木しげる記念館が流行っていると聞きました。
http://www.sakaiminato.net/mizuki/

ゲゲゲの鬼太郎です。
実は水木しげるさんって、神戸に住んでたんですよね。
貸し家経営をしていたアパートが水木荘って名前だったから
水木しげるになったとか。(だから新開地に水木通りという道路があるんですね)

それはともかく。
なぜ水木しげる記念館がヒットしたのか?

やっぱり、ゲゲゲの鬼太郎のアニメ放送、
そしてウエンツ瑛士主演の映画公開時のテレビ局の大量スポットによる
鬼太郎ブームの再燃が、いわゆる「場」を暖めたんだと僕は思います。

さて、新長田の鉄人28号。
駅立ちの帰りに見てきました。
鉄人28号

僕の世代でギリギリ見てるかどうかなんですよね。
若い人達は知ってるのかなぁ?

どうせなら人気観光スポットになって欲しいので、
是非「前説」をしっかりやって、「場」を暖めてほしいですね。

まず、かつてのアニメ放送を再開する。
そして、一度過去に映画化されていますが、再度「キャシャーン」の桐谷監督に
小池徹平くん主演でCGバリバリの実写映画化してもらうとか。

あと、ASIMOの鉄人28号バージョンが発売される、とか(笑)

もちろんJR新長田駅の発車ジングルは「鉄人28号」の主題歌に
変えた方がいいですね。結構、耳に残る良い歌なので。

そうそう、お台場のガンダムも見てきましたが、
黒山の人だかり!
ガンダム


しかも周辺ビジネスで上手に儲けていましたよ。
記念撮影まで商売にしたました(笑)

ん? 鉄人28号を正面から写真を撮ろうとすると
ジョイプラザの屋上からしか撮れないのかな?
ま、とにかく、何事も前説 大事ですね。

*先日の市会のブログに多くのコメントありがとうございました。
 来週も傍聴しに行こうと思ってます。

*ご意見・感想は、こちらまで↓↓
https://www.kashino.net/opinionbox/

また、神戸リメイクプロジェクトへ是非入会お願いします!!
http://www.kashino.net/association/


樫野のアイデア③  開かれた市会の実現に向けて

* 本ブログを読む前に、その前提として8月7日「樫野のアイデア はじめに」をお読みください。

今日、神戸市会の傍聴をしてきました。

僕を入れて傍聴者は13人。
なんか少ないですね。
でも普通、行かないよね(笑)

でも、よくよく考えると、自分たちの街の大きな判断が、
もっと言うと税金の使い道がそこで決められてると思うと
関心を持って、当事者意識を持ってしかるべきだと思います。

ここ数年、企業でも株主総会のあり方を見直す動きが進んでいます。

以前はシャンシャンと終わるように、出来るだけ株主が参加出来ない日程を組み、
他社とわざとバッティングするように調整していたのが、「開かれた株主総会」へと
変わってきているのです。

例えば、土日に開催したり、インターネットで中継したり。

市会も「開かれた市会」を目指すべきですよね。

そのために、年に何回かは土日開催や夜開催にして、
働いている方も参加しやすいようにするとか、
少なくともインターネット(ケータイ)でも見れるようにするとか。

そうすれば、どんな内容が審議されていて、どの議員がどういう発言をし、
頑張っているとか、寝てたとか(笑)、よく市民にもわかりますよね。
それが次の候補者選びの重要な事実となると思うのです。

傍聴席が常に満席になるような、そんな市会が実現するための
工夫も大事だなと思いました。

*ご意見・感想は、こちらまで↓↓
https://www.kashino.net/opinionbox/

また、神戸リメイクプロジェクトへ是非入会お願いします!!
http://www.kashino.net/association/
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。