FC2ブログ

樫野のミッション 3 選択基準の明確化

前回、政治家の宣伝活動だけで判断して
投票すべきではないと書きましたが、こんな会話もよく聞きます。

「奥さんがもっと地元を回らないとダメよ」
「家族揃って、土下座するくらいじゃないと」
この考えに私は反対です。

かなり政治ドラマや昔のタイプの政治家像を引きずっていると思います。
もう、そういう時代じゃないと思うのです。

「見せかけの演出」で選ぶのではなく、候補者本人の人柄・能力で選ばないと
後々、痛い目に合うのは私市民なのです。

地元対応も、政策パートナーも、組織対応も、スケジュール管理も、
それぞれ餅は餅屋で専門家を配置することも出来るわけです。

妻が夫の仕事場に出てきて取り仕切るのが必須だとは私は思えません。
もちろん、何をおいても手伝いたいという奥様には敬意を表しますし、
なかなかマネの出来ることではありません。
しかし、もはやパパママストアの時代は終わりが近づいているというのが私の考えです。

ましてや、それが当選のための必須条件なら
夫の立候補を後押しする妻はドンドン減るでしょう。

ただでさえ経済的なリスクを飲み込んでいる上に、
ダンナの仕事の手伝いが必須となると、よほど奇特な妻でない限り反対します。

「アナタのやりたいことのために、どうしてそこまで家族が犠牲にならないといけないのよ!」
って声が聞こえてきませんか?(笑)
(妻が立候補する逆の場合もしかり。妻の選挙のために夫が会社を休んで(or退職して)
地元回りしなければならないとすると、妻の立候補を賛成出来るでしょうか?)

政治も他の業界のように高度な専門職となりつつあります。

家族の理解と協力は必要ではありますが、優秀な人材を政界に多く輩出するためには、
過度な負担は妨げにしかなりません。

「昔の政治家のイメージ」からそろそろ脱却する時が来ているのです。

更に、評価指標が明確になっても、
同じ状態で各候補者を比較検討するのもまだまだ難しい状況です。

情報量の多い少ないで判断に影響が出てしまうのは仕方ないことです。

こうした鍵を握るのがインターネットです。

インターネットが政治の世界に完全解禁されれば選挙費用は十分の一になり、
活動資金はロングテイル効果で10倍集まり、投票率は1.5倍になります。

クリック一つで、いろんな切り口で候補者を比較検討できる仕組みが
そう遠くない時期に出来るようになると思いますし、
その実現のために私も全力を挙げて取り組みたいと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード