FC2ブログ

市民から寄せられた市会傍聴レポート 最終版

私宛に寄せられていたレポートが参院瀬で中断し、アップが遅れていました。
送っていただいた方にお詫び申し上げます。

私たち市民が誤解している部分もあるかもしれませんが、
これほど市会の様子、議員の実情、意思決定のプロセスが
理解されていないというのは事実です。

開かれた市会、市政に一歩でも近づくように、
市会議員の皆さんにお願いしたいと思います。

先日行った東灘区のタウンミーティングで
民主党の市会議員にお聞きした話ですが、
国会議員と同様、神戸市の市会議員も費用弁償が
市会に一日出ると8000円から12000円支給されるそうです。
(交通費、日当みたいなものです)

実額交通費は500円くらいのものですから
これも別腹の給与みたいなものですね。

議員内から見直し議論も出ているとのことですから
まずは自らの襟を正す意味でも
秋の市会で「廃止」もしくは「実額支給」に変わることを期待しましょう。
(前にも書きましたが、井坂さんと高山さんは、
この費用弁償に異を唱え、受け取らずに供託しているそうです)

ということで、第二回市会傍聴の最終版です。
(ちょっと長編)


 
-----------------------------------

傍聴は、全くオモシロくありませんでした。

私には全て、<シャンシャン議会>に見えました。

えーと、、、これで終わりなの?と、思ってしまいました。

拍手もしたらダメだし、質問もできない。大声も出したらいけないから、
野次も飛ばしたらダメですね。
傍聴ってつまんないもんなんだなぁって、改めて思いました。

拍手くらいいいんじゃないのかな?

とにかく根本的につまらなかったです。

議会は何のために開かれてるのかなぁ?から、疑問でした。

出来てるやりとりの、どこに意味があるのかなぁ?とか、思います。

たくさんの時間を使っての意味が、どこにあるんでしょうか。
事前に質問を用意し、事前に答えを用意し、
それのやりとりに、傍聴席を設けて議会が開かれる。
そういうカタチを取って、神戸市議会は開かれていると言いたいんでしょうか。
「発言の通告がないので」と、事前のお知らせがなければスルーされる。
その場の急な質問は受け付けられないんですかね。


私は民間の会社で働いていましたが、
ミーティングや、定例会というのは、疑問や進捗状況、問題点をやりとりする場所。
もちろん、出席者にはわかりやすいように書類を配るし、
それは、見てすぐ理解できるような書類や図面でなくてはいけないし、
全員がどの問題も把握しているし、真剣に聞いている。
もちろん、質問もそれに対する応答も、当然その場で出るもの。
だいたい、問題に直面しているのだから、どちらも問題を把握しているから。

市議会って、、、

議会は民間の会社と違うものなのかなぁと、思いました。
市議会って、こういうものなのかなぁって。
他の市って、どうなんでしょう。

こんなつまらない会議だから、眠くなるんでしょうね(笑)

more...

スポンサーサイト



プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード