スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸コレクションのスペシャル・シークレットゲストは・・・?

神戸出身の北川景子さんでした!

N0026517神戸コレ北川景子


映画「パラダイス・キス」のクライマックスシーンの
サプライズ撮影としての登場です。

http://www.cinematoday.jp/page/N0026517

もちろん、前フリでそれとなくブログで書きましたが、
「パラダイス・キス」は
IMJエンタテインメントの制作作品です(笑)。

http://eiga.com/buzz/20100823/1/

神コレに行った皆さん、映画に映っているかもしれないので
是非劇場に足をお運びくださいね!
スポンサーサイト

ワタミ会長の渡邉さんって・・・。

とにかく面白かったです!

もちろん著書を読んだことがありますが、
実物はもっと素敵ですね。

強さを感じました。
しっかりとした軸を感じました。

時として、その強さが誤解されることもあるみたいですが、
多くの人に勇気を与える秘密が少しは理解できたような気がします。

経営のこと、相撲協会のこと、農業のこと、教育のこと、そして日本のこと。

僕だけ独り占めするのはもったいないので、
神戸の皆が話を聞く機会を何とか作りたいなと。
ちょっとお願いしてみましょうかね?

その前にこれを読んでエッセンスだけでも味わってください。
http://www.watanabemiki.net/

で、ほろ酔い気分で店を出たら、来店されたお客様に
「あっ! 渡邉さん」と声をかけられていました。
さすが有名人。違いますね(笑)。

渡邉さん



それでも一人一人と丁寧に話をされている姿は
さすが!の一言。

いい勉強になりました。ありがとうございました!

こどもコンサルタントは怪獣博士?

FM MOOVの収録に原坂一郎さんに
ゲストとしてお越しいただきました。

男性保育士の草分けとして活躍された後、
現在は「こどもコンサルタント」として
講演や執筆で引っ張りダコの方です。

まず、驚いたのがテンションの高さ!
決して、こどもたちに負けていません(笑)

そんな爆笑トークの中、いくつも示唆に富む話をしていただきました。

例えば、パパとママのこどもに対する接し方の違い。

ママは「アレしなさい、コレしなさい。
それは違う、ココはこうするの」と
細かいことに指示を出しすぎる傾向があるけど、
日常のちょっとしたことでも
(例えばウンチが出ると、まぁカワイイ、いいウンチしましたねー、とか)
盛り上がる会話をする、声をかけるのが素晴らしいと。

逆にパパは、アレコレ言わずに
すべてを受け入れる包容力はあるけれど、
こどもの問いかけに「ふーん」とか「へー」としか
反応しない、出来ないのが難点だとか。

思い当たる節が多々ありますね(笑)。

また躾においては、「ダメなことはダメ」と
直すまで言い続けることに加えて、
決して怒りの感情を入れない方が良いと教えていただいた。

修正指示することと、怒ることは別なんですよね。

ついつい、何度言っても出来ない時など、
イライラして感情的に叱ってしまった経験が誰にでもあると思いますが、
そこはグっと耐えて冷静に「直しなさい」
「あらためなさい」を繰り返すべきだと。

会社でも時々いますよね。頭ごなしに怒る上司。

あれ、逆効果ですもんね。どこが悪かったかを反省するより、
怒られた精神的ショックが尾を引いて、仕事をする気力さえ無くしますからね。

そんな話をタップリ2週に渡って、ママサークルの皆とトークしました。

放送は8月27日と9月3日、朝10時からFM MOOV 76.1MHz
必聴ですよ!

そうそう、原坂さんは日本の怪獣博士第一号でもあり、
キングギドラとかゴジラの話で盛り上がりました(笑)。

今度、灘区のウルトラマンをモチーフにした事務所&怪獣ミュージアムに
お邪魔しようと思っています。

原坂さん2

BIMAMAのメンバーと原坂さん(MOOVスタジオにて)




東京都練馬区でも事業仕分け始まる。

23区では初の事業仕分けが練馬区で導入されるらしい。
練馬区の人口は70万人、一般会計予算は2231億円。

公募の区民や区職員らが公開の場で事業の必要性を議論し、
検討結果を2011年度以降の予算案などに反映させるとのこと。

首都圏の自治体では、
町田市、横浜市、鎌倉市などが取り入れているそうだ。

これだけ全国的に注目され、評判の良い事業仕分けを
神戸市も早く導入して欲しいです。

公募してくれたら真っ先に手を挙げさせてもらいますので、
どうぞ宜しくお願いします。


「雷桜」主題歌に新人・舞花を大抜擢!

廣木監督の大抜擢。
http://eiga.com/buzz/20100816/17/

日本版ロミオとジュリエットです。

関西情報を海外に発信するプロモーションチャンネル

友人の社長が面白い事業をスタートしました。

その名も「Let’s Japan」。

英語や中国語で関西の情報を発信していくプラットフォームを
You Tubeや中国の動画共有サイトYouKuで開設しています。  
http://www.sankei-kansai.com/2010/03/03/20100303-021115.php
   
立ち上がりは順調のようで、中国の動画サイトyoukuでは
開設して1カ月あまりでコンテンツは6つしかまだ無いのに
再生数の合計1万6000回を超えたそうです。
http://www.youku.com/playlist_show/id_4180059.html

「播放:**」というのが再生数です

もちろん有馬温泉や鉄人28号の動画もアップされています。 
http://www.youtube.com/user/xpcubex#p/u/5/3dipHjzxUAo 

アジアは絶対はずせないマーケットですから、
こうした動きがドンドン増えていくといいですね。

腐らないリンゴ? 無農薬、無肥料の自然栽培の可能性

奇跡のリンゴで注目を集めている木村秋則さんの
リンゴは腐らないそうです。
自然に枯れていくとのこと。

この木村秋則さんが映画「降りてゆく生き方」のモデルと言われています。

有機栽培、無農薬栽培、無化学肥料栽培と
いろんな言葉があり、農水省のガイドラインを明確に理解している人って
どれだけいるのでしょうか?
http://www.miyus.com/yukisaibai.html

木村さんはリンゴの木とも話しています。
虫の気持ちになって、付き合ってきたとも聞きました。

いよいよ8月29日「降りてゆく生き方」上映会、
残席が少なくなってきました。
是非、人間ルネッサンスの思いを鑑賞してみてください。


【神戸上映会】
◎ 8月29日 11時からと、14時半から 2回上映
◎ 兵庫県立美術館2F ミュージックホール
  http://www.artm.pref.hyogo.jp
◎ 前売り入場料1500円(全国一律)
 
 お申し込み情報はコチラです。
  http://www.nippon-p.org/blog/2010/06/_in_61.html

*この映画はTVやDVDで鑑賞することは出来ません。
 すべて「人から人へと語り伝える」自主上映のみとなっています。

「リトリート(Retreat)」してきました!

経営者JPのメルマガにリトリート力の高い人材は
「枯れない」「短視眼に陥らず、常に長期的視界や構想を持っている」
「ブレない」と書かれていました。

リトリートは直訳すると、退却、後退、静養先、隠れ家、避難所、
潜伏場所、黙想(期間) といったような意味らしいですが、
日常生活から離れて、普段しないようなことをし、
自分を見つめなおすなどの意味で使われるようです。

海外の研究機関や大学、また一部の外資系企業などでは、リトリート
と銘打ち、研究者がリゾートに集まり、お互いの研究テーマを発表し
親睦を深めたりや、オフサイトで日常の仕事から遠ざかり、研修・ワ
ークショップ等のスタイルで精神のリフレッシュを図る数日を過ごすのだそうです。

まったくその通り。
相当、視野が拡がりますね!

ということで、リトリート!!


アヒル

魚
滝
布引道
羊


そうです。
これ全部、神戸です!


「社長という仕事」(プレジデント刊)に30人のCEOの一人として掲載されました。

リクルートエグゼクティブエージェントの

「ROAD to CEO」という企画で以前講演させてもらったのですが、

そこで講演した30人のCEOの経営エッセンスが

一冊の書籍になりました。




マクドナルドの原田社長や、元・産業再生機構の冨山代表、

マイクロソフトの樋口社長、元グーグルジャパン村上社長など

錚々たるメンバーに加えてもらっただけで光栄な話。

ビジネス上の金言集ですから
何かひとつは身になるエッセンスはあるはず。

これは超オススメです。

社長という仕事 ― 経営者になる人の考え方、決め方、動き方社長という仕事 ― 経営者になる人の考え方、決め方、動き方
(2010/08/06)
リクルートエグゼクティブエージェント

商品詳細を見る

神戸ブラージュと「須磨を西海岸化し隊」

「東の湘南、西の須磨!」をテーマに

「須磨を西海岸化し隊」の隊長・尾崎さんが経営する

須磨GOGO‘Sカフェに行ってきました。

100808_1428須磨カフェ2


このオーナー尾崎さんは須磨の魅力をもっと発信しようと

様々な企画をやっているメチャメチャ面白い方です。

http://www.sumap.net/


例えば、須磨浦公園の夜景に目をつけて、

ロープウェイの夏の夜間運行を運営事業者に取り付けたり、

「須磨水ぷくぷくサイダー」なる地サイダーを販売したり、


100808_1427~サイダー


源平合戦の歴史をもとに「サムライバーガー」や

100808_1443~バーガー

地ビール「侍ブラック」を提供したり,

100808_1435~須磨ビール

スマスマTシャツ(須磨須磨Tシャツ)を販売したりと、

100808_Tシャツ

地域活性化のお手本のような活動なのです。


ほとんどがボランティアもしくは各種アイテムで

活動経費を賄っているバランスの取れた街起こしで

地域ごとにこうしたリーダーが出てくると

街の元気が戻ってくるのは間違いないですね。



いつか、鉢伏山に「SUMA」のサインが

「HOLLYWOOD」のサインのように

http://www.sumap.net/profile.html

掲げられるのを期待したいですね。




さて一方、神戸プラージュ。

行政主導で4000万円のコストをかけて人工砂浜が登場しました。

http://www.kobe-plage.jp/


お金の使い道、使う場所・地域を考えると

申し訳ないですが、私は違うと思います。



せっかく天然の素晴らしい須磨海岸があり、

地域に根ざして頑張ってる方もいるのだから

そこにお金と労力を割くべきではないでしょうか。





須磨海水浴場のクリーンアップ、安全、そして集客イベント、PRに

力を注いでもきっとコストは神戸プラージュの何分の一(何十分の一?)で済みます。

http://www.sumaura.jp/umi.html


本当にもったいない話だと思いませんか?

みんな、天下国家を論じたがるけど・・・

「みんな、天下国家を論じたがるけど、
ちっちゃなミニチュアサイズのモデルで理想の形を作れない人は、
どんな大型のモデルも作れない」


主演の武田鉄矢さんの言葉です。

また、こうも言っています。
「心地良い人と出会えて、心地よい会話が出来るかどうか」
これが幸せの原点だと思います。

私も全く同感です。


神戸リメイクプロジェクトは、
この映画「降りてゆく生き方」を応援していこうと思います。

そして、NPO法人オーガニック・ライフ・コラボレーションさんが
神戸での上映を企画してくれました。
まずはプレ上映会(メイキング上映や座談会)を開催されます。

かなりお薦めですので、是非参加してみてください。

参加申し込みは直接
TEL&FAX 078-451-2898
f-hiroko@olc-net.com
までお願いします。
(残念ながら両日とも私は参加出来ないのですが)

1、8月8日1時~5時
2、8月13日 午後7時~9時半
  いずれも場所はNPO法人オフィス
http://www.olc-net.com/
神戸市東灘区森北町4-4-53 B203

なんと新人国会議員 722人中 213人=約3割!!

この数字をどう読みますか?

今回の参議院選挙で当選した新人議員の数は55人。

昨年の衆議院選挙での新人議員数は158人。
合計すると全国会議員の3割近くになります。


すごい比率ですね。

国会議員の世代交代が着実に進んでいるとも読めますし、
3割も新人で大丈夫か?とも読めますし、
新人議員が最大派閥じゃないか!とも読めます(笑)。



この新人議員が優秀で、
正しい判断が出来る方々ならば(あくまで仮定)、
党議拘束にしばられないで、
いっそのこと、新人議員で集まって超党派を結成するとか、
首相に一番相応しい人を担いだらどうでしょうね。


一気に、時計の針が前に進むかもしれません。

ちょっと大胆すぎ?(笑)



神戸市長期計画の大きな曲がり角

マイミクの源ビデオさんから
神戸市の長期計画についてのメールをもらいました。

ご存じでしょうか?
神戸新聞の記事。

http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0003231804.shtml

・六甲アイランド南(埋立)
・東山麓トンネル(道路)
・地下鉄 西明石・西神線
・六甲山地下の音楽ホール
・健康休暇村

4次基本計画で構想されていながら
5次の素案で消えたのは15事業、総額数兆円にのぼるそうです。

ここまでに使ってしまった金額や損をした金額を
しっかり公表しないとダメですね。

この基本計画は15年スパンで考えられています。
行政は長いスパンで街づくりを考えなければいけないのは
理解できますが、もっと途中で環境に応じて修正していかないと
大きな火傷をしますよね。

ダメだとわかっててやり続けるより、
勇気を持って止める方がもちろん良いとは思いますが、
15年の間のチェック体制はどうなっていたんでしょう?


六甲山地下音楽ホールの200億円の評価損が最たる例だと思います。

第5次案基本計画は学識経験者や民間団体の代表者ら90人で構成する
審議会が今年11月に原案を公表するそうです。

その素案の内容も気になるところですが、
修正を恐れず、悪い情報こそ市民にいち早く伝えてくれるような
そんな執行を是非お願いしたいもんです。


プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。