スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルデザインフェア2010

今回の視察のメインテーマである「ソウルデザンフェア2010」。
ソウルが「デザインで街づくりをする」と宣言してから、
2008年に世界デザイン首都に選定され、凄まじい推進力です。

デザインフェア1


ソウル市のデザイン関係予算は年間1000億ウォン(約80億円)、
そのうちデザイン財団の予算が年間200億ウォン(約16億円)、
その予算の中からデザインフェアに年間60億ウォン(約5億円)を
計上していると聞きました。

もう10年前くらいでしょうか?
韓国がエンタテインメント産業に力を入れると宣言して、
国内映画製作の50%を国が出資し、ハリウッド並みの映画を作りだしたのは。

シュリ、JSA、シルミド、猟奇的な彼女など、日本でも大ヒット映画を連発し、
あっという間に産業規模が大きくなっていきました。

その後、韓流ドラマが日本を席捲、韓国への観光旅行者数は拡大。
そして映画、ドラマの後は東方神起で男性アイドル市場を取り込み、
いまや少女時代、KARAで女性アイドル市場も持っていかれそうです。

そして今度はデザイン分野です。
その取り組み方は半端じゃなく、またしてもボヤボヤしていると
この分野でも日本は後塵を拝するのではないかと危機感を覚えました。

展示の構成は、日韓中の作品、伝統文化をどう現代化するかというソウルデザイン、
世界18カ国、36都市のデザインプレゼンテーション
(神戸市も一応デザイン都市としてプロモ映像がありましたが・・・)、
デザインマーケット、韓国企業の商品展示、子供の体験コーナー、各都市間の交流プログラムなどなど。

デザインフェア2


特に子供の入場者の多さとそのワークショップの多彩さには驚かされました。
この詳細は16日のタウンミーティングで報告したいと思っています。

「デザインを日本は文化施策でやってるけど、韓国は産業政策としてやっている」
悲しいかな、この言葉がすべてを物語っていると思います。
スポンサーサイト

ソウルの本気 月光レインボー噴水

世界デザイン首都としてソウルが幾つもの仕掛けを進めている中で、
漢江ルネッサンス計画として作られたのが
この盤浦大橋の噴水ショー。

冬季以外、毎日この壮大な噴水ショーが行われています。(1回20分間あります)
総工費数十億円とか! 
やると決めた時の韓国は官民あげて総力でやってくるので
迫力が違います。こういうところは日本も見習うべきですね。

一緒に行った大学教授曰く、「現時点でフランスに並ぶ世界最高レベルの噴水ショー」とのこと。

ふと思い出したのが、子供の頃に見た須磨浦山上公園にあった
「ドレミファ噴水パレス」。

原案は同じ。神戸も昔は早かった(笑)。
それを規模を拡大し、コンピュータ制御と、
ノズルの進化で(ドイツの会社のものらしい)これが実現しているとか。

ソウルのデザイン首都に賭ける意気込み、並大抵では無い。

2010年世界デザイン首都ソウル その1

神戸はデザイン都市としてユネスコに認定されましたが、
韓国ソウルは2010年の世界デザイン首都に選定されたそうです。

さて、世界デザイン首都とはなんぞや?

デザインを活用して都市の経済や文化を発展させると共に、
市民の暮らしの質を改善する優れた成果があることを認識し、
そのようなデザインビジョンを樹立・実践している都市のことを言うそうです。

そして、世界各地の都市を対象に
世界デザイン首都国際コンペ(WDC Competition)を2年ごとに実施し、
選定しているとのこと。
http://japanese.visitkoreayear.com/japan/infor/infor_01_01_01.asp

で、第一回2008年はイタリアのトリノ市が選ばれ、
第二回2010年がソウル市、そして2012年はヘルシンキに決まっているのだとか。

ということで、百聞は一見にしかず、
仲良くしていただいている大学教授に誘っていただき、ソウルにやってきました!。

ということで、何夜かに分けて
レポートをお送りしたいと思いますので、お楽しみに。

筒井康隆映画祭と76歳のお誕生日と「七瀬ふたたび」

池袋シネリーブルで行われている筒井康隆映画祭に
筒井先生が登壇されるというので駆けつけました。

「時をかける少女は、金を稼ぐ少女?」
http://www.oricon.co.jp/news/movie/80387/

映画「七瀬ふたたび」に関わる中で、今回不思議なご縁を
すごく感じています。

ウルトラマンでお馴染みの小中和哉監督は私と同い年。

筒井康隆先生は神戸市在住。そして、なんと私の亡父と同い年。

9月24日はお誕生日ということで、舞台挨拶の途中で
サプライズケーキも登場しました。

筒井先生ケーキ


「七瀬ふたたび」のプロローグとして、「家族八景」をモチーフにした
短編の映画監督をお願いした中川翔子さん(しょこたん)は筒井康隆さんの大ファンとのこと。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100924-OHT1T00022.htm

今回のポスタービジュアルをお願いした蜷川実花さんは
「七瀬ふたたび」のプロデューサーの親戚だったり・・・。

(蜷川実花さん撮影による「月刊 芦名星」)
http://www.cinematoday.jp/page/N0026393

いろんな偶然が重なって、いよいよ10月2日「七瀬ふたたび」が公開されます。

これも七瀬の超能力が引き寄せた必然かな・・・?

グーグルを超える日

今日は社外取締役をさせていただいている株式会社オウケイウェイブ
(名古屋セントレックス上場・証券コード3808)の株主総会でした。


ホームレスから上場企業の社長にまで登りつめた兼元さんの
「グーグルを超える」という志と視点の高さに感動し、
社外取締役を引き受けさせていただいてから、もう4年になります。

グーグルを超える日 オーケイウェブの挑戦グーグルを超える日 オーケイウェブの挑戦
(2005/07/27)
兼元 謙任

商品詳細を見る



ここ数年、にわかに「検索エンジンの次はQ&Aサイトかも?」という
兆候が出てきて、ヤフーが「ヤフー知恵袋」に力を入れてくると同時に、
楽天とマイクロソフトがOKWAVEに資本提携を決めました。

大事な一年になりそうな予感がします。

本日、社外取締役に再度選任していただきましたが、
気を引き締めて頑張りたいと思います。

また神戸市不正経理発覚・・・いったい市民の税金はいくら無駄になってるの?

えーと。今度は全庁調査で白紙伝票による不正経理が2億円超らしいです。
http://sankei.jp.msn.com/region/kinki/hyogo/100923/hyg1009230143002-n1.htm

5年以上さかのぼっての調査はしないとのこと。
「書類が保管されていない」、そんな話で済ませることではないと思いますが。

市職員全員に自己申告してもらえばどうでしょうか?
良心に従って。

真面目に働いている人からすれば
いい迷惑でしょうね。
「信用」というもっとも大事なものを失ったのですから。

共産党の市会議員さんが追求していますが、
一部の議員だけでなく、全市議あげて、
原因究明と損失補填策をお願いしたいものです。

今井雅之さん熱く語る! 「CHANGE」という言葉は嫌いだ!

先週末、今井雅之さんが原作、脚本、演出、主演する「手をつないでかえろうよ」が
新神戸オリエンタル劇場で行われた。
http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK201008110106.html

公演の後、少しお話を聞く時間があったのですが、
「僕はCHENGEという言葉が嫌いなんです。
日本は変わる必要なんてない。元に戻ればいいだけなんです。」
と熱く語っていました。

先日ブログに書いた田坂広志さんの書籍「忘れられた叡智」の
メッセージとほぼ同じです。
http://kashibou.blog118.fc2.com/blog-entry-365.html

兵庫県出身、そして自衛隊出身の異色俳優の今井さんと
経営コンサルタントの田坂広志さん。

全く違う職種の方が語る「日本の方向性」に
大きなヒントがあるような気がします。

ご存知ですか? 耳先カット猫のお話

平成20年に神戸市が猫たちを保護して
命を救うという名目で3073匹の猫を引き取りました。

実際に元の飼い主がみつかって、生きて帰れたのは
たった1匹。

残念なことに、残りの3072匹の猫たちは
新しい飼い主を探す努力もされずに全部殺されたそうです。


六甲アイランドでは
耳の先がV字にカットされている猫を時々見かけます。
これは猫ヘルパーさんたちが自分でお金と時間を使って
獣医さんに不妊手術をしてもらって、
元の場所に戻しているそうです。

子供を産まなくなるので、これ以上増えることもなく、
殺す必要もありません。
この手術の麻酔中の痛くないときに、「この猫は不妊手術済みです」という
ことが他の人からもわかるように獣医さんに耳の先を少し切ってもらうのだそうです。

つまり「耳先カット」は命の尊重と、「この猫の後ろには世話をする優しい人がいる」
という印なのだそうです。

今日から26日まで、「六甲アイランドの愛され猫たち みみ先カット猫 写真展」が
神戸ファッション美術館ギャラリー(六甲アイランド)で開催されます。
http://doubutukikin2010.blog58.fc2.com/blog-entry-142.html

一年間に28万頭といわれる行政による犬や猫の殺処分を
ゼロにするために活動している公益財団法人どうぶつ基金の方々の
取り組みも一度是非ご覧ください。

続・ある会社の物語

ゴタゴタした社長交代人事も終わり、
「全社一丸」を確認するはずの社員総会が行われるはずだった。

ほとんど全社員が「戦い終わればノーサイド」と言い、
「顧客のために全社一丸」を約束していた。

そして迎えた社員総会。
社長になれなかった元・副社長も、
そしてその副社長を担いだ社員も総会を欠席した。
その数は数十名。

なぜ、勝手に会社の行事を休むのか?
新たな体制でスタートする節目の大事な社員総会ではないのか?

「全社一丸」の旗印は嘘?

私が社長なら、一人ひとり欠席理由を確認し、
止むを得ない事情でない限り、始末書を書かせるだろう。
せっかくの総会に水を注す行為がどれだけ全社に迷惑をかけているか
わかっていないからだ。

もちろん集団で退職意向があるなら致し方ない。
残ったメンバーで、より強い組織作りをしていけばいい。

往々にして、そうしたケースでは「雨降って地固まる」に
なることが多いと思うのだ。

要はトップがどこまで腹を括って、決断するかにかかっている。
すべては顧客のために。



ある社長が業績責任を取って退任しました。

ある社長が業績責任を取って退任しました。

副社長も経営陣としての責任はもちろんのこと、不祥事を起こした
部下の管理責任と社会的評判低下の責任を取って、
同じく退任しました。

後継社長選びは、社員の投票で決めました。
そして一人の社長が選ばれます。社員の中には自分が希望した社長に
ならなかった人もいると思いますが、それが組織としての決定なら
気持ちを切り替えて一団結して、その社長のもと業績回復、信頼回復に
努めるのが組織人としてのあり方だと思います。

新社長就任後、3ヶ月経ちましたが業績がV字回復してきません。

株価はジリジリ下がっています。
さすがに、3ヶ月で結果を出せというのも無理な注文だと私は思いますが、
新社長は就任後100日が勝負という書籍もあるくらいですから、
変化の兆しを見せるのは必要要件かもしれません。


その兆しがあまり見えなかったのか、また社長を選びなおそうという社員が出てきました。

そんなヒマがあったら自らの仕事に打ち込み、業績回復のため、
全社一丸となって取り組むべきだと思うのですが、
またもや後継社長の噂話で社内は持ちきりです。

そうしたら驚いたことに、3ヶ月前に辞任した副社長が社長に名乗りを上げました。

私が、もしその副社長なら絶対に名乗りを上げません。
会社に迷惑をかけた分以上の業績貢献を新たに作り、それを周りが認めてくれた後、
再登板の機会を待つと思います。

その副社長を担ぐ社員も大勢出てきました。
こういう社員は、そもそも組織人としての行動規範が
理解出来てないのではないでしょうか。

いわゆる不満分子かもしれません。

新しい社長がまた自分の意に反したら
きっとまたすぐに新社長の粗探しを始めるでしょう。

態度を保留して、勝ち馬に乗ろうという社員も続出です。

大きな業績を残す会社は、必ず顧客のため、社員のため、会社全体のため、
株主のために気持ちを合わせて仕事をします。

スタンドプレイが目立ったり、個々人の利益を追う会社で大きく成長した会社は
見たことがありません。

全社一丸となるには、理念の一致、行動規範の浸透、
そしてそれを理解し、行動できるメンバーに集約しなければ
チームの和は乱れるばかりか、サービス品質が低下し、お客様にご迷惑を
おかけすることになります。

この会社の新社長も、100万部を突破した
「もしドラ」を読んでみてはいかがでしょうか。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る

榮倉奈々姫、初の時代劇。製作費は10億円超!

「のぼうの城」の甲斐姫役に榮倉奈々さんが決まりました。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2010090802000099.html

苫小牧に作ったセットは東京ドーム20個分の広さ。

ウチのプロデューサーも北海道に行ったきりで
戻ってきません(笑)。

なんとか無事クランクアップするのを祈るだけです。

「パラダイスキス」といい、「のぼうの城」といい、
大作続きなので、完成するまで気が気じゃありませんが、
来年は非常に楽しみな一年になりそうです。

また、最近買い付けたヨーロッパ映画も
相当クオリティが高いので、映画ファン必見ですね。

いずれも来年公開。お楽しみに!

小ネタ満載! 須磨楽博がやってくる。これまた必死のパッチです(笑)

あの、「須磨を西海岸化し隊」の尾崎さんがまたやってくれます。

30超のイベントを1パッケージにした須磨楽博。
期間は9月18日から10月11日。
http://rakuhaku.net/

須磨楽博



そして最終日は「須磨海岸100人のTシャツプロジェクト」。
http://rakuhaku.net/Tprpoject.html

青空にはためく白い100枚のTシャツ。
このシーンを皆で実現しようというもの。

10月11日はTシャツを持って、須磨海岸に全員集合!!


Tシャツ須磨

目に見えない資本主義

田坂広志さんの「忘れられた叡智」を読みました。

忘れられた叡智忘れられた叡智
(2010/08/19)
田坂 広志

商品詳細を見る



そこには私たちが忘れてきたことが
あらためて語られ、目に見えない価値を見直すことの重要性が
記されています。

行き過ぎた資本主義の果てに、私たちはどこに向かうべきなのか。

もう一度、かつての日本の良さを取り戻すことが
その鍵となるのではないか。

最近、支援している映画「降りてゆく行き方」でも
私が講演の中で話している「見えないバランスシートを意識する」も
ほぼ同じことを言い方・見方を変えて伝えようとしているのかもしれません。

「忘れられた叡智」についての田坂さんのブログ、是非お読みください。
http://blog.hiroshitasaka.jp/archives/2010/08/post_519.html

神田昌典さん曰く「アノマリーがムーブメントの引き金を引くのだ」

経営コンサルタントとして有名な神田昌典さんの
「全脳思考」を読みました。

全脳思考全脳思考
(2009/06/12)
神田 昌典

商品詳細を見る



読み応えのある本でしたが、最終章に出てきた
「アノマリー(普段見過ごしがちな、中心から外れた人物)を考慮の対象に
取り込むことで、発想の世界観を大きく出来る」
「ムーブメントは意図するものが起こしていくというより、意図しないものが
関わることで、起こる。アノマリーがムーブメントの引き金を引くのだ」
には
ビビっと来ました。

そうなんですよね。

ちょうど、「ロマンスの日 in 神戸」の舞台裏の対談が
ホームページにアップされたのですが、

http://www.kashino.net/project/romance/

振り返るとまさしく当たっています。

節目節目で当初シナリオに無かった方の登場により
光明が見えてきたのです。

ハトチュー当日にしても、普通想像するのは「愛の告白」。

振られた彼女への再挑戦の叫び、29年連れ添った妻への思い。

ここまでは予期できても、血の繋がってない子への父の叫び、
4人の幼児から父への「パパ好き!」、これは主催者側にも想定外の出来事でした。

アノマリーがムーブメントの引き金を引く、
ビジネスでもコレは重要ですね、きっと。

民間校長公募の結果は?

神戸リメイクプロジェクトのサポーターの方にも
参加していただいたウィルシード社10周年パーティで行われた講演会
「加速するグローバル化の中での世界の動き、日本の進むべき道、
今後の教育のあり方、私たちの考えるべきこと」
の中で、とても面白い出来事がありました。

ウィルシード


仕掛けたのは藤原和博さん(大阪府教委特別顧問/東京学芸大学客員教授 )。

鈴木寛 文部科学省副大臣、杉並区教育委員長、三鷹市教育委員長に協力いただき、
民間校長の公募イベントをやったのです。

手を挙げたのは250人中の5人。

それぞれ1分間自己PRをし、合否を判定されるというもの。

結果は・・・。
(近々、http://www.willseed.co.jpにアップされるそうですので
そちらでご確認ください)

そして最後に、すずかん副大臣が、
コミュニティスクール、地域支援本部、よのなか課、など
取り組んできたが、2011年はその、「2.0」版フルパッケージを
10~20校やりたいと宣言されました。

教育界も動いていますね。
プロと地域ボランティアが参画し、ナナメの関係作りをする
地域支援本部は既に3000校で導入されているそうです。
(神戸はどうなんだ?)

もうひとつ面白い動きは、
三鷹市で導入されている学園長という制度。

企業でいうCOOが校長ならば、CEOに当たる学園長という役職を
複数校兼任で、かつ複職可で設置するらしいです。

教育の執行業務と、学校マネジメントを分けて担当する方法論ですね。
これも早くトライしてみた方が良い施策だと思います。

などなど、久しぶりに刺激を受けて帰ってきました。
まだまだ研究テーマは多いですね。

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。