スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内ひろしまカキ祭り。大成功!

2月25日 雨の中、東京築地の場外市場で開催された

第一回 瀬戸内ひろしまカキ祭り。


写真 1


入場制限が出るほど、大盛況で終わりました。

写真 4

写真 3



ご来場いただいた皆様、ありがとうございます。

写真 2



次回は更にパワーアップして、神戸でも開催したいですねー。


宮城にも収益の一部を寄付させていただきました。

写真 5
スポンサーサイト

遂に実現! 神戸清盛隊と、ひろしま清盛美少女隊のコラボレーション。

2月25日(土)兵庫の「歴史館」で
相互PRがスタート。

美少女隊の衣装も、なかなかでしょ?

神戸清盛隊と組めるように
わざわざ女性チームをキャステイングして
良かった、なと。

先生って、ホント素敵な仕事だなぁ

今日は松陰高校ブルーアースプロジェクトのラストステージ。

STOP! 食品ロスをテーマに
3か月活動してきた成果の発表会が
西宮ガーデンズで行われました。

写真


今年も企画の段階から関わらせていただき
生徒たちの成長ぶりを観ると
本当に感動ものです。

終了後、スタッフ部屋でのミーティング。

OGも駆けつけ、車座になって
一人一人が、この3か月の思い出を語ります。

何度も辞めようと思ったけど・・・

店舗周りで冷たくされて、めげそうになったけど・・・

最初はやる気がなくて、みんなに怒られて・・・

このメンバーでやれて良かった・・・

普通の高校生じゃ経験出来ないようなことを経験できた・・・

そして、先生ありがとう・・・。


一人泣き、二人泣き、聞いてるこっちまで涙が溢れてきました。
こんな場に参加させてもらって、ありがとうございました。

みんな、とってもイキイキとした
いい顔してましたよ。

100点満点です!

そして、谷口先生、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

あなたが、こんな家族の一員だったら どう思いますか?

景気が悪いせいなのか、
無計画過ぎたのか、昔無駄使いをし過ぎたのか、
とにかくパパの給料が減り続けています。

子どもの頃よく行った家族旅行も10年行っていません。
外食をすることも無くなりました。
行ってもせいぜい外食チェーンか回転寿司くらい。

車も10年乗っています。最近はエアコンの調子が悪いので
夏の暑い時は乗るのが嫌になります。

バブル期に買った家のローンはまだ25年残っています。
だからパパはゴルフも減らし、飲みに行くこともあまり無いようです。
飲んで帰った翌日にはママに怒られている光景を目にします。

ママも少ない家計を切り詰めて頑張っています。
でも、さすがにストレスが溜まっているようだし、
時々キレてパパとケンカをしています。

僕にもしわ寄せが来ました。こづかいが減らされたのです。
だから友達に遊びに誘われても、なんとなく断ってしまいます。

家族全員が毎日毎日、細かいチェックをお互いにし、
なんとなくピリピリしています。
あんまり楽しい雰囲気じゃないんだよね。
だから、大学進学は家を出て東京にもで行こうと思っています。


さて、神戸市の2012年度予算案が提出されました。
神戸新聞にはこんな記事が書かれていました。
「緊縮予算は仕方ない、と思う。だが同時に、
地方自治の先導的役割を担う政令市が、
ただ縮み続けていく姿には、もどかしさも感じる。」

私も本当にそう思います。

神戸には明るい未来に向かって
歩き出すビジョンが必要なのだと思います。

未来へ、まっすぐに。


506本から来年度は600本超えへ。

ホームラン記録ではありません。
今年度、広島県庁の事業1400本のうち、
広報課が関わった事業数が506本。

来年度の予算案を現在議会で審議中ですが、
おおよそ600本の重点事業に関与する計画です。

広報課のメンバーも初めての仕事が多かったのに
よくキャッチアップして、頑張ってくれたと思います。
素晴らしい!

一年間やってみて、全庁的に強化すべきポイントは
ターゲットの絞り込みとインサイトの把握、
そして成果主義の徹底ですね。
来年度も頑張りましょう。

さて、明日から神戸で「放射能除去技術」の講演会に参加したり、
今年のロマンスの日の打ち合わせや大阪都のナレッジキャピタルの勉強、
週末は東京・築地に行って瀬戸内ひろしま牡蠣祭りの現場視察、
ぐるなびフェアの店舗調査、
そして神戸に戻ってブルーアースプロジェクトのラストステージを観て、
ふんばろう東日本支援プロジェクト京都支部の会合に行き、
再び広島に戻ります。
週明けからは観光キャンペーンCM撮影が月曜から始まります。

まだまだ息つけないなぁ。

2/23 紀伊國屋ホールで糸井重里さんと西條代表のトークショー開催

『人を助けるすんごい仕組み』の販促イベントとして
2/23に紀伊國屋ホールで西條さんと糸井さんの対談があります。

【できることをしよう。】×【人を助けるすんごい仕組み】刊行記念

.糸井重里さんと西條剛央代表のよる
『ぼくらがいまできること』をテーマにした対談です。

日  時|2012年2月23日(木)19:00開演(18:30開場)
会  場|新宿・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店新宿本店4階)
料  金|1,500円(全席指定・税込)
前売取扱|キノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5階10:00~18:30)
電話予約|紀伊國屋ホール 03-3354-0141(受付時間10:00~18:30)
※チケット発売中です。

著者サイン本をそれぞれ先着50名様に会場で販売。

本書2冊の印税全額および入場料の一部は
ふんばろうを中心とした東日本大震災の復興支援活動に寄付されます。


大阪の紀伊国屋や神戸のジュンク堂でもやりたいのですが、
誰かコーディネートしてもらえませんかね?


嘉門達夫さん「行け行け!平清盛」PVをどうぞご覧ください。

またしても378億円を無駄にされた神戸市民。もういい加減にしてもらいたい!

先日の新聞記事で公表された神戸市住宅公社の民事再生手続きによる
市費投入は200億円以上、
更に民間事業者に売却予定の舞子ビラの累積赤字は約40億円、
そして今朝の新聞には、海上アクセスも民事再生で損失138億円。

総額378億円の損失は結局、神戸市民が背負わされるのだ。
巻き込まれて貸付をした金融機関や出資をした
民間企業も損失を食らうだろう。

なんで、こんなになるまで放っておいたのか?

誰がどう責任を取るのか、はっきりさせてもらわないと
納得出来ませんね。

はっきり言って、今の市政は話になりません。
民間企業なら、とっくに社長解任です。


ふんばろう西條代表の書籍『人を助けるすんごい仕組み』が出版されます。

震災から一年が経とうとしています。
ふんばろう東日本支援プロジェクトも2万4000個の物資支援や
200人以上の重機免許取得者を生みだしたりと
すんごい活動をしてきましたが、支援活動が次のステージに移っていくにあたり、
代表の西條さんがこれまでの活動をまとめた書籍を出します。

人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか人を助けるすんごい仕組み――ボランティア経験のない僕が、日本最大級の支援組織をどうつくったのか
(2012/02/17)
西條 剛央

商品詳細を見る



もちろん印税や売上の一部が復興支援に寄付される予定ですので、
皆さん、是非お買い上げください。

著者の言葉
この本は、あの3・11からはじまります。
あの揺れとゆくえのわからない原発の中で自ら南三陸町に行き、
プロジェクトを立ち上げていく過程を描きながら、
有事にこそ有効な構造構成主義の考え方を伝えていくものです。
最終章では、今後の震災に備えて、行政や日本赤十字社、
日本社会への様々なアイディアを提言しています。

僕は、この本が広がることで、これから起こる震災に対して
少しでも被害を最小化させ、
哀しい思いをする人を減らしたいと思っています。

本書の印税全額とダイヤモンド社の売上の一部は
「ふんばろう東日本支援プロジェクト」をはじめとする復興支援に寄付されます。
僕は、一人ひとりの力が合わさることで、世の中は変えられるんだ、
ということを広めていきたい。

それが子どもたちのための未来をつくる、僕らの役目だと思っています。
――西條剛央(早大大学院<MBA>専任講師、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」代表)


地産地消から地産全消へ。カゴメ様と瀬戸内レモン協定を締結。

広島県とカゴメ㈱様は地域活性化のため、
瀬戸内レモン協定を結ぶこととなりました。
広島レモンのブランド価値の向上やPR,食育の推進、
県産品の消費拡大などを連携して取り組んでいきます。


カゴメ


広島レモンは全国シェア58.7%と日本一を誇りますが、
今回新発売される「野菜生活100 瀬戸内レモンミックス」には
広島レモンが740t使用されます。

これは県のレモン収穫量5542tの約13%に当たるスゴイ連携です。
地産地消はよく耳にしますが、カゴメ様が取り組んでいるのは地産全消。
地域で生産したものを地域で消費するだけでなく、
全国で消費していこうという取組です。
まさしく広島レモンが今後ますます推進したい方向と合致しています。

もちろんすべてのパッケージには、広島県の新ブランド
「瀬戸内ひろしま、宝島」が採用されブランドPRをしていきます。

これ以外にも学校栄養教諭に対してカゴメ食育コンテンツにを
提供していただいたり、菜園での職場体験、学校給食へのメニュー提案、
レモン苗木の小中学校への植樹など、幅広く活動していく予定です。

これで企業との包括協定は6社目。
今後も広島県政にご注目ください。


橋下改革では作れない「最強公務員を生む広島県庁」日経ビジネス、どんと9頁特集!

2月6日号の日経ビジネス。

「県庁の星、官僚を超える」という見出しで
広島県について9頁の特集が組まれた。

これまで湯崎知事が進めてきた行政改革をまとめた記事だ。

面白いのは職員サイドのインタビューをもとに記事が構成されている事。
よくあるトップ目線の話ではなく、どう職員が受け止め、
どう変わっていったかが書かれているからだ。

記事では、湯崎知事を劇場型リーダーではないが、
職員の意識改革や予算主義の脱却、政策の選択と集中などを着実に
実行してきたことを受け、
大阪を「動」と見れば広島は「静」のリーダーだと書いている。

この記事、必見です。

神戸の農業を考える。

昨夜は西区の農家さんや、その流通を担う方々と意見交換の
懇親会をしました。

想像していた以上に、視点が高く、問題点も明確で
驚いたというか、とても勉強になりました。

あとは、官民の方向性をじっくり議論し、決めて
頑張るだけだと思います。

今、広島でも農業振興を重点テーマで進めているだけに
シンクロして良かったです。

神戸も農業、いけますねー。

ところで、一緒に食事をした
鉄板焼きの神楽。

野菜は神戸産を80%くらい使っているそうです。
素晴らしい!

イチゴもとっても美味しかった!!


2月限定!瀬戸内ひろしまの美味を東京で味わえる特薦レストラン

先日発表した2月25日の瀬戸内ひろしまカキ祭りに続いて、

「ぐるなび」で瀬戸内ひろしま美味探訪がスタートしました。

http://pr.gnavi.co.jp/promo/setouchi-hiroshima/

牡蠣、レモン、広島牛、広島の酒をスペシャルメニュー化してくれた
のが厳選10店舗。

2月いっぱいやってます。


この機会に是非、瀬戸内の味をご賞味ください。

あ、関西と九州の人は、新幹線で1時間ちょっとと近いので
直接、広島まで来てください(笑)。
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。