スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸市が目指すべき方向と担うべき役割

都市にはそれぞれ目指すべき姿と担うべき役割があると思います。

企業だとビジョンとか存在意義のような言葉に置き換えられて表現されることが多いと思います。私が株式会社アイ・エム・ジェイを経営していた時は「インタラクティブ・エージェンシーNO.1」をビジョンとして掲げ、「ネット業界の電通になる」ことを目標としていました。

では、神戸市は何を目指すべきなのでしょうか?

神戸市は、株式会社神戸市と言われた時代から、「国際港湾都市」「ファッション都市」「アーバンリゾート」「デザイン都市」「医療産業都市」など、その都度目新しい言葉を掲げて、目標を提示してきました。私はこれらのキーワードが間違っているとは思いません。むしろ時代を先取りしたテーマであったり、神戸らしい言葉だったりすると思います。ダメなのは「やり切っていない」のです。私がいた広島県庁でも湯崎知事が口を酸っぱくして言っていたのは「予算主義から成果主義への転換」。役所の体質として予算獲得までは非常に論理的で、美しいテーマ設定をするのですが、予算が取れた瞬間に消化することが目的になり、成果へのこだわりが薄くなるのです。

人事評価も継続事業を粛々と改善している人より、目新しい事業を立ち上げる人が注目を浴び、評価される傾向があるのは言うまでもありません。おそらく神戸市も何十年と同じ傾向だったのではないでしょうか。数年置きに目新しいテーマ設定をし、前の担当者が掲げたテーマはいつの間にか忘れ去られる。それが成果を挙げていようといまいと、仕上がったかどうかなど関係なく、次から次へとアジェンダ設定して目先を変えていくことの繰り返しだったと思うのです。

当然、1981年のポートピア博覧会時の輝かしい時代以降、神戸市の力は右肩下がり、どの言葉も定着しているとは思えません。その言葉を実現出来ているとも思えません。東京でこれらの言葉を知っている人は皆無に近いのではないでしょうか。神戸に住んでいる人ですらどこまで浸透しているか疑問なくらいです。

ビジョンとか向かうべき方向はそんなに変えるものではありません。十年二十年かけてやり遂げるものです。そういうテーマ設定と粘り強い執行が今、神戸市に必要なことだと私は思います。そのためには組織人事の考え方も変えていく必要があるでしょう。広島県庁においても個人スキルの底上げをし、民間企業と伍して組める組織力を構築するために、人事異動の間隔の長期化を湯崎知事に要請していましたが、広報や国際、情報関係の専門性の高い職種については異動サイクルを3年程度から5年以上に変えて専門性の向上を図っていくという決定がなされました。他県の例でいうと、山梨県のワインが世界的にも評価されるようになった裏には、10年以上も人事異動せずに山梨ワインのブランド化一筋で仕事をし続けた職員がいるのです。

さて、では神戸市はどんな役割を担い、どこを目指していくべきなのでしょうか?

まずはわかりやすいイメージでお話します。もしも野球のオールジャパンチームがあるとすると神戸は間違いなく1番バッターでしょう。先頭バッターとして突破口を切り開いていく役割が求められると思います。新しい文化を真っ先に取り入れ、次につなげていく姿は、あのイチロー選手と同じ役割だと思うのです。
視点を変えて東西対決における関西チームだとどうでしょう?
神戸の役割は3番サードだと思います。京阪神がクリーンアップを打たないと西日本は沈没します。4番は大阪に任せるとしても、走攻守そろってセンス良くチームを牽引する役割です。自ら打って打点も稼ぐ、塁に出てかき回して大阪、京都のヒットでホームに帰ってくる、そんなイメージです。時々、沈み行く神戸を見て「大阪のベッドタウンになるしかない」という人がいますが、神戸ほど潜在能力がある街が大阪の衛星都市になるだけでは絶対ダメです。神戸が諦めたら日本中の小さな町はもう生きていく術がありません。歯を食いしばって神戸は西日本のクリーンアップを打つ気概と誇りを持たなければいけないのです。

ではどんな都市を目指すのか? 

商都・大阪、モノづくりと歴史の街・京都と並んで神戸が価値を発揮出来るのはやはり文化の街だと思います。それは生きるために必須の衣食住ではなく、人生を楽しむための衣食住が生活の中に定着し、世界の文化を取り入れ、アレンジし、交流する。それを日本全国に伝えていく、世界に発信していく。都市と自然が調和し、豊かでゆとりのあるライフスタイルを実現する街。老若男女や外国人の区別がなくコミュニティに溶け込み、かつての「早く走る」ことだけを良しとした日本スタイルではなく、21世紀の日本の生き方・速度のお手本となるような神戸スタイルを生み出す。そんな国際文化都市となることが神戸が担うべき役割であり、目指すべき姿だと私は思います。

神戸は「神の戸」と書きます。すべての起源となる神から与えられるものの戸、すなわちゲートウェイが神戸なのです。だからこそ日本初のモノ・コトをたくさん生み出してきたわけです。いつからかHIVや震災、インフルエンザなど悪いことのイの一番になることが多くなったのは、都市開発という名の乱開発による自然破壊が神様を怒らせたという人もいるほど。それほど私たちは先人から受け継いだ神戸の自然を壊してしまっていますが、もう一度それを再生させて、気の流れを良くし、ゲートウェイの街として復活させたいと思っています。
そのためには港や空港、情報インフラなどの役割も重要だし、それを使いこなす国境を越えて活躍する国際人の育成も急務です。さらには神戸っ子の気質として「進取の気性」を脈々と受け継いでいかねばなりません。閉塞感あふれる日本を打破し、新しいスタイルを打ち出すのは神戸しかありません。神戸ならきっと出来ると思います。パリ、ミラノ、ベネチア、バルセロナ、シアトル、サンフランシスコ、プサン、天津など世界の都市とのネットワークを生きたものにし、国際文化都市・神戸をリ・スタートさせたいと思います。


スポンサーサイト

4月27日 ワークライフバランスについて話し合います。

ワークライフバランスとは?

老若男女だれもが,仕事,結婚・出産育児や介護,地域活動,
個人の自己啓発といった様々な活動を自ら希望するバランスで
展開できる状態をいいます。

言い換えれば,性別やこどもの有無にかかわらず,
労働者が働きながら,仕事以外の責任や要望を果たせる状態です。

仕事と生活のどちらも充実することで,多様性に富んだ活力ある社会を創出していこうという
ことです。

4月27日(金)19時から勤労会館で
みんなでワークライフバランスについて語り合います。

ワールドカフェという形式で、たっぷりと。

お申込みはコチラから。
参加お待ちしています。

http://www.kashino.net/news_active/2012/04/22-000406.php








スマホ専用のNOTTVで今日、広島スペシャル番組を放送! &ちょこっと出演するかも?

スマホ専用TVのNOTTVが今日、広島スペシャル番組を放送します。
http://www.nottv.jp/program/

で、「おしい!広島県」のクリエィティブ・ディレクターの
江口カン監督と一緒に、ヒットの裏側を話してほしいということで
ちょこっと出演するかも?

たぶん2時くらいに出演する予定です。
観てくださいね。

あ、スマホをまだ持ってない人は
そろそろ買うべきかも?(笑)


乗っかり企画。こういうのも個人的には好きなんですよね。

広島県の広報番組がプロポーザルの結果、
パートナーと時間帯が変わりました。

そのため、番組宣伝スポットを広島ホーテレビで
出してもらっています。

それが、コレ。

こういう乗っかり企画、いいでしょ?(笑)。

49歳になりました。23歳の頃の気持ちを思い出しました。そして。

年を取ると新しい環境に馴染むのに時間がかかるとか
保守的になってくるとか言いますが、
ここ数年で仕事を変えたり、選挙に出たり、
引っ越ししたり、半単身赴任したり、
逆に激動の生活を送っているような気がします(笑)。

一昨年の誕生日は「裕ちゃんを探せ!」の創刊日でした。
昨年の誕生日は統一地方選挙の投票日。
応援した候補者がいっぱい当選し、最高の誕生日プレゼントをいただきました。

今年は、今日付けでロータリークラブに入会しました。
入会の盾とバッジをいただき、挨拶をし、
先輩会員の皆さんに歓迎の歌を歌っていただきました。

その歌を聴いている時、26年前の新入社員だった頃の
気持ちがよみがえり、とても初々しい気持ちで一杯になりました。

チャレンジ、チャレンジ、チャレンジ!!
いくつになっても、前を向いて、新しいことに挑戦していきたいものです。

お祝いのメッセージを送ってくれた皆様、
ありがとうございます。
まだまだ挑戦は続きますよー!



裕ちゃんを探せ! 創刊2周年パーティ

2009年4月の創刊から早2年。
これまで本誌に登場した70名の裕ちゃん&ルリ子さんが
元町ユーハイム本店に集まり、創刊2周年パーティが開催されました。

全体写真


ここまで続けて来られたのも、支えてくれたスタッフの皆さんや
快く取材に応じてくれたり、取材候補を紹介してくれたり、
配布協力をしてくれた皆様のおかげです。
感謝の気持ちでいっぱいです。

お祝いスピーチでは、私自身への激励もいただき
身の引き締まる思いでした。

また、最後にミニライブを披露してくれた
最新号12頁掲載の坂部友淳さんは全盲で知的障害がありながら
本当に心を打つピアノ演奏で、何人もの方が涙を流されていました。

DSCN5023_convert_20120409005929.jpg



SRCグループの横山社長は
「自分が掲載される年齢となる15年後くらいまで続けて欲しい」と
言ってくれましたが、本当に息の長いメディアに育てていきたいです。

本当に本日はお越しいただき、ありがとうございました。
しかし、皆さん、濃い方ばかり(笑)。



神戸スイミープロジェクト

毎年子供の日に神戸市灘区摩耶埠頭でクレーンにてこいのぼりを掲げるイベントがあります。

今年は、「神戸スイミープロジェクト」という名称で
25mこいのぼり2琉を子供達が、魚型のスタンプや夢・メッセージを書くイベントを行うことになったとか。

制作日程は、4月7日~4月10日まで。

場所は、板宿商店街本通 メイン通りに25mこいのぼりを広げてペイント作業をします

現在1琉は、須磨区水族館内でペイント作業を行ってもらっております

掲揚日時 4月21日~5月5日(日程確定)まで 
灘区摩耶埠頭(盛興業敷地内)盛興業株式会社クレーンにてAM11:00から掲揚されるようです。

詳しくはコチラから。25mのこいのぼりは作るのも大変そう(笑)。

http://ameblo.jp/hanabiyakurisu/entry-11210911557.html

KISS FM 復活宣言!!

民事再生から2年。
資本を譲り受けたSRCグループが再建に着手し、
僕も微力ながら社外取締役としてお手伝いしてきましたが、
遂に復活宣言を出す日がやってきました。

SRCの強みである紙メディアとの連動も
15万部発行のRecipeやリビング姫路&加古川の22.5万部はもちろん、
Kiss Pressも5万部以上をカフェやライブハウスなど600か所に設置し、
メディアミックスを進めています。

PCやスマホでも聴けるradikoのリスナーが17%になるなど
メディアパワーも大幅にアップしてきました。

カバレッジ人口は1980万人へ拡大し、
WEBサイトのPVも従来比7.5倍、滞留時間4倍になっています。

2010年10月1日の新体制スタートから241組のゲストアーティストが登場し、
イベントの後援も増え、集客効果も抜群!

負の遺産をリセットし、再成長していく基盤が
整いつつあります。

地元メディアの元気は街の元気に繋がります。
KISS FMの復活、そして再成長へ。
もっと聴いて、参加して、一緒に育ててくださいね。



大阪市職員の不適切な政治活動、役所ぐるみで前市長支援。そりゃ神戸も一緒ですがな。

橋下さんの意向で調査が進んでいる労使癒着の構造。
役所ぐるみで前市長を応援していたという疑惑が大問題となっている。

こういう問題は本当に一掃してほしいですね。
グレーゾーンで逃げ切る場合もあるだろうけど、
いずれにせよ、ここまで問題になったことで次回から
大っぴらに選挙応援出来なくなるのは確か。
いいことですね、浄化されていって。

前回の神戸市長選でも
選対本部には「役所の幹部が選挙チラシを撒いている写真を撮ってきました」
とか、市役所で回覧された動員を呼びかけるチラシが事務所に送られてきたりと、
当たり前のように聞かされていましたからね(笑)。

いろいろ明るみに出ることで、正しい姿になっていくことは
とても良いこと。
もう、次の神戸市長選挙で市役所職員が現職を応援するような
ことは出来ないですよね? きっと。




広報総括監からCMOへ。そして生活の軸が広島<神戸に変わります。

広島県庁の広報総括監の仕事が一年を終えました。
我ながら、この一年で多くのことを手掛けることが出来たと思います。

重点広報テーマについての県民理解は8項目全部で向上し、
個々の事業についてのマーケティングコンサルティングも
185事業を数えました。

ジャンルは、がん対策あり、農業振興あり、
国際ビジネス、産業育成、Uターン、Iターン、
女性の就労支援、子育て、観光、平和構想などなど
オールジャンルです。

その中身はというと、広報ツールの見直し、ターゲットの選定、
インサイトの設定、クリエイティブのチェック、
媒体選定や獲得、全体コミュニケーション設計や
部局間横断のハブ機能など多岐に渡ります。

予算をカットさせてもらった事業もあれば、補正を組んでもらった事業もあります。
一旦中止してもらい、来期に検討しなおしてもらったのもあります。
すべてにおいて事業の成果を最大化し、予算を最適化するために
県民起点で意見をさせてもらいました。
幸い、メンバーもメキメキ腕を上げ、年度末には私と同じような考えで
各事業と向き合っていたように思います。

県ホームページのリニュアル後はアクセス数が前年比で1.4倍になり、
記者会見数、報道件数、報道率も軒並みアップする結果となりました。

更に、力を入れた首都圏広報では、露出件数は前年比6倍、
広告換算額にして、経費900万円で23億円分の露出をしました。
これは今話題となっている「おしい!広島県」観光キャンペーンの
広告換算額を含めない数字なので、それを入れると30億円を
超えるかもしれません。

5年ぶりの観光コンセプトの策定も委員長として行い、
平清盛推進協議会の企画にも力を入れました。
まだまだ挙げるとキリがないのですが、
本当に実りの多い一年を過ごせたと思います。

温かく受け入れてくれた広島県庁の皆さんに感謝するとともに、
一緒に汗をかいてくれたメンバーにお礼を申し上げます。

また、神戸に週三日しかいないことで、
何かと心配してくださった方、ごめんなさい。
はい、これからガッツリ頑張ります(笑)。

4月以降も広島県庁の
最高広報責任者/チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)として
業務を行いますが、大半は神戸にいますので各種お誘いお待ちしています。






プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。