スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸市がベトナムで水事業をやるって、何の目的でやるの?

今朝の新聞に神鋼環境ソリューションと共同で
ベトナムロンアン省で工業団地の給水事業に参画し、
現地法人に出資すると発表されていました。

よく記事を読むと、
神戸市の水道局は「そもそも大儲けできる世界ではない」とあり、
「神戸の中小企業のベトナム進出のチャンス拡大につなげたい」とも
書いてあります。

神鋼環境ソリューションがアジアのインフラ事業を獲りに行くのは
とても理解できます。戦略重要事業だと思います。
だけど、なぜ神戸市が出資する必要があるのでしょうか?
神戸市民のための市民サービスには全く関係ありません。
中小企業のベトナム進出支援であれば、そのための直接的な支援に
お金を使った方が直接的かつ効果的です。

神戸市という自治体が水事業に出資しているから、
神戸市の中小企業がベトナム現地で信用を得やすくなるという
回りくどい効果は民間では通用しません。
すべて案件ごとの判断になるはずです。

限りある予算を目的に沿って、最大効果を生むように
使わなければ、いくらお金があっても足りません。


スポンサーサイト

新刊「おしい!広島県の作り方~広島県庁の戦略的広報とは何か?~」1月31日発売!

「『広島県庁が民間人の樫野孝人氏を広報総括監として
起用する方向で調整していることがわかりました』と
広島のNHKローカルニュースが報道しました。

平成23年5月、最終決定していない中での情報露出に戸惑いながらも、
事の重大さと注目度を再認識したのを覚えています。

5月に正式着任した際には、知事からの授与式に何台もの
テレビカメラが入り、その後単独囲み取材が行われ、
翌日の朝刊には顔写真入りで記事が掲載されました。

いわゆる「鳴物入り」で迎えられたわけなので、
プレッシャーがなかったかというと嘘になります。

仕事内容に対する不安は無かったのですが、
公務員の方々と机を並べてガッツリ仕事をするのは初めて、
当然意思決定フローや仕事の進め方、組織体質、相性など未知のことばかり・・・」

あれから2年が経とうとしています。
魂は細部に宿る。改革は現場から。

広島県庁の戦略的広報とは?
大ヒットした「おしい!広島県」の舞台裏は?

私の隣に座っている参事は「これは自治体広報の教科書ですね」と(笑)。

「おしい!広島県の作り方」たっぷりご賞味ください!

おしい!  広島県の作り方 ~広島県庁の戦略的広報とは何か?~おしい! 広島県の作り方 ~広島県庁の戦略的広報とは何か?~
(2013/01/31)
樫野 孝人

商品詳細を見る

自分にとっての原点はこれです。

いつも周囲には「言いたいことは絞って、集中的に」と
言っているのに、自分の事となるとダメですね。

いつのまにか、言いたい事ややりたい事が山積みになり、
絞れていない自分に気づきました。
反省。

情報が多くなると、さすがにいろいろ気にする自分もいます。
いかん、いかん(笑)。
こういう時は原点に帰るべし。

政治に染まっていない時の自分の気持ちを思い出すために
拙著「無所属新人」を読み返す。

無所属新人―上場企業社長の選挙ものがたり無所属新人―上場企業社長の選挙ものがたり
(2010/05)
樫野 孝人

商品詳細を見る


本書には、ビジネス界から政界を目指す人のための道標になるように、
と書きましたが、私自身が初心を忘れないために
書いた本でもあります。

自分にとっての原点ですね。
さて、すっきりしたところで、シンプルに行きますよ!

過去が咲いている今、未来の蕾で一杯である。

今日は須磨区の多井畑厄神で挨拶立ちをしました。
サポートメンバーもたくさん来てくれて
とても良い挨拶立ちが出来たと思います。

多井畑厄神2013年1月20日


チラシを渡していると、「あぁ、3年前に市長選に出た人やな。
惜しかったなぁ。今度は頑張りや」と声をかけてもらうことも多いです。
記憶に残してくれていることをとても嬉しく思います。

ところで、最近雑誌での露出が増えています。
年末の日経デザインに続き、年明けのCREA、
そして今発売中の宣伝会議にも「おしい!広島県の仕掛け人はCMO」という
記事が掲載されています。
来月発売の日経トレンディにも掲載される予定です。

これはすべて「過去」にやった仕事の成果が出て、
それを評価いただき、「今」メディアに出ているわけです。
つまり「過去が咲いている」のですね。

そして「今」やっている事は、表面状は見えません。
でも、私の中では「神戸の蕾」で一杯です。
未来において、その花が咲き乱れることを
期待していてください。

過去と他人は変えられない。未来と自分は変えることが出来る。

先日の六甲アイランドでの「運を呼び込む自分の作り方」で
お話したことの一つです。

今日は阪神淡路大震災から18年目の1月17日。
私は雑誌「裕ちゃんを探せ!」の取材でシニアの方々と話す機会が多いのですが、
みなさん震災を一つの節目として話されることが多いです。

今年還暦の人は当時42歳。
バリバリの現役で子どもは育ちざかり。
ただでさえお金が必要な時期なのに、
途方に暮れた方も多かったでしょう。

震災の年に還暦を迎えた方は、今年78歳。
仕事や子育てが一段落し、さてこれからゆとりある生活をと、
考えていた矢先のことだったかもしれません。

言葉では語りつくせぬ辛いこと、悲しいこと、
やりきれないことがあったと思いますが、
18年経って、「頑張ってきて良かった」と話してくれると、
前を向いて、希望を持って歩いている姿に感銘を受けます。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
生かされた私たちが、その方々の分まで希望を持って
未来を歩いていきたいと思います。

神戸大学起業家精神育成ゼミ 二期生卒業プレゼンテーション

二期生のみんな、お疲れさまでした。
一期生のみんな、事務局お疲れ様。

最後の挨拶、とてもよかったです。
成長しましたね、ほんと。

さて、本番はこれから。
学んだことをしっかり活かして
頑張ってね!

もちろん、僕も頑張る!
写真

サポーターズクラブの会費を3000円にしている理由

国会議員・国政政党には、国民一人250円/年、総額約320億円の税金が
政党助成金として各党に配られています(共産党は受け取り拒否)。
巨額の政治資金ですよね。
しかも我々国民は税金として取られるので、支持していない政党にも配られてしまいます。

国政政党から立候補すれば、落選しても次の選挙に出る支部長に選ばれれば
月額50万円とか70万円とかの給与?政治資金?を
もらって次の選挙の準備をするようです。
(もちろん、そういう制度の無い新しい政党もありますが)

一方、地方分権を進めるといいつつ、地方自治体の政治を志す人には
こうした政治資金はありません。
すべて自前です。

現職市長ともなると、関係団体がパーティ券をどっさり買うので、
年5000万円以上の政治資金が集まっているようですが。

年会費3000円という設定について、
ある人は月コーヒー一杯分を一年間分=約3000円の支援を!
と言っていました。

僕は別の考え方をしています。
年収300万円だとして、その0.1%=3000円を
誰に配られるかわからない政治資金ではなく、
「この人に頑張ってもらいたい」という願いを込めて、
直接政治家個人(予備軍も含め)に寄付するような社会に出来ないかという考えです。

これは政治に限らず、東北支援だったり、文化支援だったり、
難民支援だったり、この0.1%ルールをベースに
個々人がどこに寄付するかという慣習になればいいなと思っているのです。
ですので、まずは自分自身がそれを運用するように心がけています。

いよいよ大勝負の年。
樫野の政治活動を応援してくれる方、
神戸をかつてのような素敵な街に復活させたい方に
神戸リメイクプロジェクトのサポーターズクラブへの
入会をお願いしています。

もちろん、主旨賛同いただける場合のみで結構です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

●サポーターズ倶楽部 年会費振込先
みなと銀行 横尾支店 普通 1835361 神戸リメイクプロジェクト
三菱東京UFJ銀行 目黒駅前支店 普通 0033144 神戸リメイクプロジュクト

※法律により、5万円以上の寄付をされた方は、台帳に記載し、
収支報告を、選挙管理委員会に1年に一度、きちんとさせていただきます。
※企業・労働組合等からの寄付、外国人の方からの寄付、匿名での寄付、
年間150万円超の寄付は禁止されておりますので、ご了承ください。

湯崎広島県知事をお招きし、地方自治体の行政改革講演会を開催します。

樫野の2年間の広島県庁での仕事をまとめた新刊
「おしい!広島県の作り方~広島県庁の戦略的広報とは何か?~」
が2月10日に書店に並びます。

それを記念して、湯崎広島県知事をお招きし、
講演会を行うこととなりました。

日時  2月8日(金)18時開演(17時半受付開始)

●湯崎英彦広島県知事による基調講演
 「GOM-Governmental Organization Management-」
●かしのたかひと講演会
 「おしい!広島県の作り方~広島県庁の戦略的広報とは何か?~」
●懇親会

場所  エスタシオン・デ・神戸(中央区弁天町2番8号:JR神戸駅 徒歩5分)
会費  12000円
申し込み方法  info@kashino.netに、参加者全員の住所、氏名を書いて
メールにてお申込みいただき、下記口座に会費をお振込みください。
振込先   三菱東京UFJ銀行 五反田支店 普通 0065749
      孝人会 樫野孝人 コウジンカイ カシノタカヒト
お申込み〆切 1月25日

*この催物は、政治資金規正法第八条の二に規定する政治資金パーティです。




日経デザイン1月号に取材掲載されました。

よく取材を受ける県も決まってきましたね。

広島、香川、秋田。

それに、島根、高知。

さぁ、神戸(兵庫)は、これからやりますよ!

写真 2
写真 3




人事を尽くして天命を待つ

「人間として出来るかぎりのことをして、
その上は天命に任せて心を労しない」(広辞苑)

悪い結果を心配して、ただ心を労する
結果は天に任せて、心を労しない
良い結果を期待して、ワクワクする
結果をあれこれ考える時間があったら、結果を良くために今できることをする。

私が子供の頃から好きな言葉です。

勉強も野球も、いつもそんな気持ちで取り組んでいました。
素振りをせずに試合に臨んだ時はやはり打てなかったし(笑)、
時間をかけてやった勉強は今でも身についています。

さらに、もう少し私は能動的にこの言葉を捉えています。
「結果は天に任せて・・」というと
「最後はどっちに転ぶかわからない」というニュアンスで
受け取る人もいるかと思いますが、私はそう思っていません。

努力は人を裏切らないし、
最後には正しい事・本質的な事が勝つと信じています。
そして、そんな世の中にしたいと思っています。

2013年、人事を尽くして天命を待つ
そんな一年にしたいと思っています。


プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。