スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TKPの次のステップはライバル対決!

環神戸パートナーシップ構想は周辺都市と連携して
地域ブランディングを進め、流入人口を増やしていく戦略ですが、
次のステップは国内ライバルパッケージです。

メジャーリーグのニューヨークヤンキースとニューヨークメッツの試合は
サブウェイシリーズ(地下鉄シリーズ)と呼ばれ、ニューヨーク住民を二分する人気試合となっています。

昔、私がヤフオクドームで仕事をしていた時は、西武ライオンズと福岡ダイエーホークス
(現ソフトバンクホークス)の試合を因縁の対決と銘打って盛上げていました。
西武ライオンズがかつて西鉄ライオンズだった時代の多くのファンが根強くおり、
当時は地域を二分する人気を誇っていたのです。チケットはもちろん西武戦から売れていきました。
やはり人は物語が大好きなのです。

私は現在、京都府のマーケティング・プロデューサーを務めていますが、最初の観光企画が「日本三景」。
前項で書いた天橋立のリ・ブランディングをするために、イメージを再認識させるパッケージを
創ろうと思ったのです。
宮城県の松島、京都府の天橋立、そして広島県の宮島が日本三景と呼ばれるということは、
日本ベスト3の景勝地であることを意味しています。既に認めてもらっているわけですから
このパッケージを使わない手はありません。そしてこれを拡めるために連携したのが
居酒屋チェーン大手のワタミ。和民には一か月200万人ものお客様が訪れているらしいのですが、
これはもう立派なメディアです。この和民のテーブルに日本三景の写真が並んだPOPが設置され、
申し込めば抽選で日本三景への旅行券が当たるというキャンペーンです。

このキャンペーンにより、日本三景の認知度を再インプットしただけではなく、
宮城、京都、広島のメニューも出し、食の方でも楽しんでもらいました。
和民にとっても売上アップに繋がったので本当に双方ともにメリットのある企画となりました。

こうしたライバル同士が組むことで、より強いコンテンツとなるわけです。
広島県で実施した「おしい!三原タコ」の明石タコとの対決も日本1位2位のタコを競わせることで
話題つくりを狙ったのですが、考え方は同じと言えます。

では、神戸ではどんな企画がありえるか?
 まず、港町ダービー。ヴィッセル神戸の試合の中でも、絶対横浜Fマリノスだけには負けてはいけません。
神戸市民全員でプレッシャーをかけ、この戦いだけは勝つという盛上げが必要です。更に横浜とは中華街対決も
ありますから、隔年で開催都市を交互にし、春節祭で対決イベントを実施するのも面白いと思います。

夜景対決では、日本三大夜景と言われる神戸、函館、長崎との決着を付けねばなりません。
大丈夫、神戸は勝てます。

そして、酒蔵対決。日本三大酒蔵の灘、伏見(京都)、西条(広島)の酒蔵祭りは世界中の人を
呼び込めるでしょう。まだまだあります。奈良、鎌倉、神戸の三大大仏。

この勝負はちょっと分が悪そうですが、日本3位のポジションを不動のものにすれば神戸来訪の際に
必ず立ち寄ってくれるでしょう。

 このように、関連分野でジャンル3位までのものをくくり直し、
離れた他都市とも連携すればいくつでも人を呼び込む企画はあります。実は地域にはそうした宝が山ほどあり、
埋もれているだけなのです。地元に居続けるとその良さが日常になってしまって見えなくなるので、
「異邦人の眼」で見つめ直し、発見し直す作業をすれば日本はまだまだ宝の山です。
そして神戸ほど素晴らしい資源がある街は他にないと私は思います。

スポンサーサイト

福井県の某市役所の方からこんなメールをもらいました。

「おしい!広島県の作り方、読ませていただいてものすごくワクワクしました。
行政につとめる者がこんなこと言っていたらダメなのかもしれませんが、
行政の発想はまちの元気を潰してしまうこともあります。

同じようなことをしていてもだめ。今、私は役所の中の意識をかえたくて、
遅ればせながらシティーセールス推進にむけた仲間作りをしています。
もっともっとまち自体を元気出してしたくて動き出した矢先、この本に出会いました。

いろんな手法でのアピール、発想の転換…横串を通すってこういうことなんだと、
すごく感動しました。
役所の中で立ち上げた仲間や財政担当にも、読んでもらおうと思っています。

どこまでできるか分かりませんが、役所を変えたい、
00市を元気にしたいと思っています。」


本当に嬉しいですね。
ひとつのキッカケが、飛び火をし、その輪が拡がり、
やがて大きなエネルギーになる。
これも日本改革のひとつの手法だと思いませんか?

おしい!  広島県の作り方 ~広島県庁の戦略的広報とは何か?~おしい! 広島県の作り方 ~広島県庁の戦略的広報とは何か?~
(2013/01/31)
樫野 孝人

商品詳細を見る

安倍首相が女性の就業率アップに本気で取り組むと宣言

安倍首相、頑張っていますね。
おっしゃる通りだと思います。
結婚、出産で女性の就業率は下がり、就業率曲線はM字になっています。
このM字の凹んだところを底上げし、
生産年齢人口を増やそうということですね。

そのためにも待機児童問題には取り組まねばなりません。
働きたくても働けない女性がまだまだ多いからです。

私も4年前のマニフェストで待機児童をゼロにすると書きましたが、
神戸市は保育所など施設を頑張って増やしたものの
結果は4年前の480人から今年530人と待機児童は増加しています。

一方、民間経営者が4年前に市長となった横浜市は
1552人いた国内ワースト1の待機児童が今年春ゼロになるそうです。

市長が変わって、目標を立ててやり切れば実現するということを
見せてくれました。
これは目標や成果にこだわる民間企業の業務執行だからこそ実現した話であり、
成果より予算主義の体質の役所体質では実現しないでしょう。

行政には多くの課題が山積みです。
課題設定だけでなく、いくつもの解決策を矢継ぎ早に打ち、
短いサイクルでPDCAを回して、前に進めていく。
民間では当たり前のことですが、一年に一度しかPDCAが
回らない役所では無理なんですよね。
仕事の進め方、業務の取り組み方含め、組織体質転換も
大きな課題だと私は思います。

エンタメビジネスの裏側と福島仕立てのアロハシャツ展

今日も盛りだくさんの一日でした。
朝7時から西神南駅で駅立ち。その後午前中いっぱいは伊川谷周辺でポスティング。

午後から西区のご婦人方20名弱とミニ集会。
そして、神戸中ロータリークラブに呼んでいただき、
「エンタメビジネスの裏側」というテーマで卓話をさせていただきました。

一見、博打と思われがちなエンタメビジネスに
実は鉄板のように固いビジネスモデルがあったり、
かつてのフジテレビの映画が何故9勝1分けのような
スゴイ勝率を残せたのか、私が経営していたIMJエンタテインメントの
出資回収率が140%あった理由など、
ベールに包まれた部分を少しご披露しました。

卓話終了後、今度はKIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)で
開催される「EAST ALOHA 福島仕立てのアロハシャツ展」の
レセプションパーティに参加しました。

昨年末に日本を代表するクリエイター140人による
トートバッグ展を企画しましたが、その続編です。
今度は夏に向けたアロハシャツ展。
4月24日から29日(11時~19時)@KIITOで開催していますので
是非足をお運びください。

東北は数多くの縫製工場が存在し、日本のアパレル産業を
支えてきました。
今回のアロハシャツ展は福島の工場の皆さんに
縫製のお仕事をお願いする企画です。
クリエイターは177人。是非ご支援宜しくお願いします。

http://www.facebook.com/?ref=tn_tnmn#!/events/558363477517885/




TKPを進める上でのボトルネックは?

さて、TKP(環神戸パートナーシップ)を進める上で課題は何でしょうか?

ひとつは南北交通です。
東西交通は出来上がっていますが、南北交通は脆弱です。
今後高齢化がますます進むと、さすがに神戸の坂はキツイ(笑)。
やはり社会実験をして好評だった坂バスのような南北交通バス、
もしくは電気自動車(バス)、LRTも含め、再度検討する価値はあるでしょう。

もうひとつは料金。
複数会社が入り乱れていることによる初乗り運賃上乗せで
とにかく神戸の交通運賃は高いです。

東京の地下鉄は160円くらいです。
神戸市営地下鉄、ポートライナー、六甲ライナーともに
運賃が高くて出不精になってしまいませんか?

また、北神急行と神戸電鉄で鈴蘭台―三宮を往復すると
1720円かかります。
私は2009年選挙の7つのビジョンのひとつに
「自由に行き来と交流ができる街」を提唱しましたが、
神戸を一大観光地としてデザインするには
この交通インフラの再整備は不可欠だと思っています。

また、神鉄粟生線の赤字・存続問題が出ていますが、
補助金で運転資金を穴埋めするだけでなく、
お客様が増える施策を打たなければ、
いつまでも資金を投入し続けなければなりません。

私が参与を務めた京都府では、
日本一の赤字会社である北近畿タンゴ鉄道の再建に着手しています。
数々の列車デザインで知られる水戸岡鋭治さんに
車両デザインをリニュアルしてもらい、
「あかまつ」「あおまつ」という名称にし、木を多用した落ち着いた
空間を演出、海と山の絶景を楽しめる工夫をしました。
また天橋立のリ・ブランディングとしてチュートリアルを観光大使に
任命し、股のぞきを大人が楽しめるスポットにすべく企画中です。
乗る楽しみ、撮る楽しみ、行く楽しみを創り出し、定期外収入を増やしていく施策を
行っています。

もうひとつの神戸の南地区へのアクセスですが、
淡路への交通は、淡路を未来特区として、
食料自給率とエネルギー自給率を100%以上にし、
明石海峡大橋を無料化するという計画を以前聞いたことがあります。
是非、実現してもらいたい施策です。
そうすれば、タマネギも神戸がプロデュースし、アジアに売り込みたいですね。

こうした交通インフラ体系もTKPをベースに再設計をし、
市民にとっても観光客にとっても、使いやすい、乗りやすい
移動網を構築したいですね。

奈良県や大分県、遠くは沖縄県まで。しかし神戸は・・・

昨日、異業種交流会「三金会」で講演をさせてもらいました。
終了後の懇親会で「話を聞いて、樫野さんが神戸市長になったら
神戸はかわるなぁと思った」と嬉しい言葉をいただきました。
飲みの席なので、リップサービスがかなり入っているとは思いますが(笑)。

地方自治体は成功例が出ると、すぐにマネをする、
良いように言うと拡散力が強い。

かつてのハコモノしかり、昨今のアニメ、マンガ、ゆるキャラ、
B級グランプリまで、あっという間に全国に拡がります。

これが日本を変える一番の方法論だと私は思っています。
つまり少子高齢化時代の都市モデルをどこが、誰が創るか?

このところ、広島県の戦略的広報モデルの成功を受けて、
各地からヒアリングや講演依頼が相次いでいます。
京都府の特別職に呼ばれたのを皮切りに、
奈良県や大分県、遠くは沖縄県まで。
なかなか遠くてお断りするのが多いのですが、
残念ながら兵庫県や神戸市からは依頼がありません(笑)。
神戸商工会議所も提言書に書いているのですから
早めに研究をしてください。

宣伝会議4月号に取材記事が掲載されました。

3月に受けた取材が今号で掲載。

相変わらず「おしい!広島県」の引き合いは強いです。

専門誌・業界紙に成功事例として認められるのは
嬉しいものです。

宣伝会議

外国人にとって1時間の移動距離は?

前回のブログで「1時間強で行けるところ」に
あえて京都駅と原爆ドームを入れました。
神戸市民から見ると違和感があったかもしれません。

私が広島県の観光の仕事をして驚いたのは
外国人観光客がデイバッグを背負って広島に来ていること。
世界遺産の宮島や原爆ドームに日帰りで来ているのです。
聞けば、大阪や京都に長期滞在し、新幹線で1時間半程度の
日帰り旅行をしているみたいです。

外国人の視点で考えると、
日頃から大陸を横断するのに比べれば
1時間半なんて短いものです。
わざわざ日本まで来ているのですから、この機会に行っておきたいと思うのは
至って自然な思考ですよね。

そして実は我々関西人も同じ感覚はあります。
ディズニーランドに行く時に「千葉県に行く」と思っていますか?
横浜に行くのは「神奈川県に行く」と思っていますか?
どちらも、「東京に行く」際の目的地のひとつですよね。

観光行政は広域でパッケージ化をし、
いかに面白いツアーを組めるかという「編集プロデュース」が
ますます重要になると思います。

京都にも行け、広島の世界遺産にも行ける。
その中間に位置する神戸の立地の良さ、
これを活かさない手はないと思いませんか?



電車中吊りジャック!!

北神急行(谷上~西神中央)の中吊りジャック!

やったね!

535933_437360669687500_1564706680_n.jpg

本日の六甲アイランドミニ集会はありません+今後の予定。

メルマガにてお知らせした六甲アイランドミニ集会ですが、
29日開催に変更になりました。
あらためて詳細はHPやフェイスブックで告知しますので
よろしくお願いします。

今朝は兵庫区で、かしの通信のポスティングを6000枚配布しました。
サポートいただいた7名の皆さん、ありがとうございました。
結構、いい運動なので、お腹減りましたね(笑)。

朝の駅立ちですが、18日兵庫駅、23日西神南駅、24日垂水駅、
25日鈴蘭台駅の予定です。
27日夜は20時から長田神社前商店街でミニ集会を行います。
来週から夜の講演会やセミナー講師が相次ぐので
頑張らねば!!

神戸のプレスリー、スウェーデンの実情、還暦ビューティのフェロモンストレッチ?

マジック瀬戸さん
4月10日発刊の神戸ひとマガジン「裕ちゃんを探せ!」が
3周年を迎えました。
表題の通り、今号も読みごたえ満点です(笑)。

これもひとえに読者と、登場いただいた裕ちゃん&ルリ子さんに
支えていただいたおかげです。
本当にありがとうございました。

そして感謝の想いを込めた3周年パーティ。
これまでにご登場いただいた方の中から
マジック、発明、女性3人ユニット、そしてプレスリーが
みんなを楽しませてくれました。
発明品 野一色さん

LA・沙凡


3周年を記念して4月15日から22日まで
北神急行(市営地下鉄に乗り入れている谷上まで走る茶色の電車)に
中吊り広告が出ますので、
見た人は写真を撮ってシェアしてください。
軽くサプライズがあると思います(笑)。


五十にして天命を知る

4月10日、50歳になりました。
朝から三ノ宮駅立ち、そしてポートアイランドでポスティング。
凌霜会の月例会でLCCと神戸空港問題の話を勉強し、
元町駅前で街頭演説。
そして今日一日サポートしてくれたスタッフの皆さんとお疲れ様会。
居酒屋メニューに混じって、バースデーケーキをプレゼントしてもらいました。
甘いものはいくつになっても嬉しい(笑)。
本当にありがとう。
ケーキ



昨年くらいまでは平均寿命80歳として、ピークは40歳、
残り30年どう生きるかなぁ?なんて考えが頭をよぎることもありました。
でも最近は違います。

平均寿命は80歳。残念ながら若くして亡くなる方もいます。
ということは、かなりの人は平均寿命より長く生きているということ。
私の親父は59歳で他界したので、私が101歳まで生きたら親子で平均80歳。
101歳まで生きるぞ!と思っています。

そう考えると、50歳はようやく真ん中。
あと50年生きると思うと、遅すぎるなんて事は何もないし、
何でも出来る気がしてきます。
「裕ちゃんを探せ!」の取材をしていると、本当にそんな気がします。

五十にして天命を知る。
あと、ひと仕事もふた仕事も頑張ります!



首都圏の皆さんへ この街、どこだ?

10分で行けるところ
 日本三大神滝とハーブ園
サンセットクルーズ
 中華街
 イノシシに遭遇する川
 日本三大酒蔵
 山崎豊子「華麗なる一族」の舞台となった地
 
20分で行けるところ
 空港
 サンフランシスコの金門橋より長い世界最長の吊り橋
 1000万ドルの夜景
 鯛・タコ・アナゴが取れる漁港
 白砂青松の砂浜

30分で行けるところ
 軽井沢並の標高の避暑地
 豊臣秀吉が愛した日本最古の温泉
 羊が放牧されている牧場
 世界遺産となっているお城
 日本で最初に出来たゴルフ場
 ザ!鉄腕DASH!!村のような農村

1時間強で行けるところ
 イルカと遊べる海
 イザナギノミコトとイザナミノミコトが創った日本の起源と言われる島
 京都駅
 世界遺産の原爆ドーム

正解は、もちろん神戸市。TKP(環神戸パートナーシップ)を観光パッケージで
表現してみました。日本一のアーバンリゾートでしょう。
これに加えて、食文化でも神戸ビーフ、日本最大酒蔵の灘の酒、
こなもん、神戸スイーツまであるのだから、5泊6日では足らないかもしれません。
GWの予約はお早めに!

TPPも良いけど、TKPを進めたい!

神戸市が周辺都市を引っ張るリーダーシップを取り、相互に成長していくため、
少しエリア(市場)を俯瞰して眺めてみると凄い可能性に気づきます。

神戸市の東にある芦屋市、西宮市、尼崎市の人口を足すと約100万人います。
神戸市の西にある明石市、加古川市、姫路市に約110万人、
北にある小野市、三木市、三田市の人口を足すと約24万人、
南の淡路島の3市には約15万人。
神戸市の154万人と合わせると約400万人の人口がいるのです。
ついつい神戸の再生を考える時、154万人の人口で・・・と考えがちですが、
もう少し広域で市場を捉えるわけです。

400万人といえば兵庫県の約7割の人口です。
人口が全国10位の静岡県が370万人、私がお仕事をした広島県が全国12位の280万人、
全国13位の京都府が260万人です。
神戸周辺地域の人口は、なんと県別人口ランキングで10位に位置するのです。
話題のTPPは環太平洋パートナーシップですが、
私はTKP=環神戸パートナーシップ協定を周辺都市と結び、
この400万人経済圏をベースに人・モノ・カネ・情報を行き交わせ、
定常的な流入人口を増やしていけば、従来の神戸の3倍の経済圏が創れる
可能性があると思います。

具体的には、神戸が周辺都市のハブ機能であり、アンテナショップ機能を果たし、
それぞれの特産物や観光名所を神戸に来れば一目瞭然となるようにします。
更に兵庫県外への情報発信については、神戸市が他都市の分も担います。
大阪や京都、中四国へ、そして首都圏に向けて環・神戸経済圏の豊かさ、素晴らしさ、
を神戸がプロデュースするのです。

そもそも東京の人は今でも
「芦屋って、神戸なんでしょ?」と、芦屋は神戸の一部だと思っています(笑)。
淡路島が神戸と別の市だとは認識していません。
そして、それぞれ単体だけの魅力発信では、わざわざ来てもらう優先度が
上がってこないのが現状です。

このハブ機能、つまり港町としての集約機能と目利き力が、
開港以降、神戸が果たしてきた役割であり、
今後付加価値として更に求められる力だと私は思います。

ですから明石のタコも、三木のゴルフ銀座も、世界遺産である姫路城も、
イルカと泳げる淡路島のドルフィンファームも神戸がパッケージ化し、
ブランディングを施し、情報発信していきます。
すべて神戸が持つ資産だと思えばいいわけです。
そうすれば必ず神戸を拠点にして宿泊します。一度で周遊出来なくて、
滞在日数が増えるかもしれませんし、リピート訪問が増えるでしょう。
そのたびに必ず毎回神戸に来てくれます。そして神戸の本来の良さに気付いてくれます。

私が広島県庁で、各市のプロモーションを支援したのと同じことです。
宝が集積されるほど、魅力は増し、人を惹きつけていきます。
市外に打って出る財政規模の無い市や町は必ず喜んでくれると思いますし、
win―winの関係が築けると思います。

神戸の未来デザイン1 「神戸の現状」

連載していきますので、よろしくです。

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。