スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、神戸市長選への出馬会見を行いました。

マスコミ約20社に来ていただき、三宮勤労会館にて
会見を行いました。

多くの方に支えていただいたおかげで、
4年間「志」を変えずに今日この日を迎えました。
支援いただいた皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
その気持ちに応えるには結果を出すしかありません。
最後までやり抜きますので、あと4か月宜しくお願いします。

今日の会見は自己紹介、かしのの政治家としてのミッション、
神戸が守るべきもの、担う役割、6つの改革の方向性、
そして7つのビジョンをお話しました。

企業と同様に、やはり目指すべき街の姿、大切にする価値観、
受け継ぐべき資産などが自治体経営にとっても
とても重要だと思うからです。

政策は時間と状況によって変わっていきますし、
既に実現したものは政策項目から消えていくので、
ビジョンやグランドデザインの方が大事だと思うのです。

これまでもブログなどに書いてきましたが、
再び整理の意味も込めて順を追ってお伝えしていきますので
お付き合いください。

あらためて、64年間も助役が市長になる
日本一古い体質の神戸市役所に民間の経営視点を取り入れて
神戸を市民の手に取り戻したいと思います。

都市管理から都市経営へ。
市民が主役の街づくりを必ず実現させたいと思っています。



スポンサーサイト

KISS FM KOBEの再建

地元FM局のKISS FMが経営破綻し、
フリーペーパー「Recipe」などを発行する株式会社SRCグループが
事業を譲り受けたのが2010年10月。

同時に東京FMの出資も受け、新経営体制がスタートしました。

その時、社外取締役として声を掛けていただき、
以来再建の手伝いをしてきました。

 ネットの台頭でラジオ業界の低迷が続く中、紙媒体やネットとの連動、
地道な営業体制の再構築などが実り、2012年3月期には単年度黒字化し、
翌年も2期連続で黒字決算となりました。

大口スポンサーの広告が「誇大広告になりかねない」と苦渋の思いで
スポンサードをお断りするなど「本当にリスナーのためになるラジオ局」
を貫いた経営方針は身内ながらあっぱれだったと思いますし、
微力ではありますが、経営再建のお役に立てたことを嬉しく思います。

これからは更に若い世代に支持されるメディアになるため、
そして私自身も次のステージに進むため、6月の株主総会で取締役を退任しました。

後任は、一緒に神戸大学で起業家精神育成ゼミの講師を務めている株式会社レセオの山本晋也社長です。

皆さん、このバトンが無事にゴールするように
89.9MHzにチューニングし、応援よろしくお願いします。


市役所保有の既得権を民間に開放し、経済成長に舵を切る。

この表題は、かしの通信50号に掲載した
「神戸改革6つの方向性」のうちのひとつです。

フルーツフラワーパークの赤字が44億円にもなり、
ホテルが民間に売却されます。
明石海峡大橋が見える最高のロケーションの舞子ビラは
経営失敗で104億円も損失を出して、やはり民間に売却。
住宅供給公社は300億円の市民負担を発生させ、経営破綻。
経営が出来ない行政組織が下手にやると、
こんな痛手をこうむります。

6月30日に行う講演会の講師:大阪府立大学の橋爪紳也教授に
お話いただく内容は、世界のまちづくりや活性化の手法として
取り入れられているビジネス・インプルーブメント・ディストリクト(BID)
の事例です。

既にニューヨークでは60か所もの地域で
この手法が用いられているとか。

公空間・公地域を民間企業に長期賃貸し、事業を展開。
利益を上げてもらう代りに少し税を多く支払ってもらうような
スキームだとか。そして、その税で街の維持・整備を進めているそうです。

まさしく、市役所保有の既得権を民間に開放し・・・。
ニューヨークだけでなく、フランスの例なども
とても面白く、今後のまちづくりの参考になると思います。

お席はあと少しです。
どうぞお早めにお申し込みください。
info@kashino.net
まで。
日時:6月30日(日)19時開演、20時半終了
場所 元町私学会館(JR元町徒歩3分)
参加料:無料
主催:神戸の未来を考える会



4年遅れて実現していく政策をどう見るか?

市長選に立候補した森下議員が待機児童ゼロを公約で掲げました。
横浜市が待機児童ゼロを実現し、注目を集めている影響もあるでしょう。

また、市職員から聞いた話では、今年の選挙に合わせて
「中学校給食」を導入することを既に決めていたとか。

いずれも私が4年前の公約として掲げていた政策です。
選挙で当選するために相手候補の公約潰しをするのは
常套手段のようです。

別の見方をすれば、やるべきことを掲げることで
4年かかったとはいえ、それが実現していくことは良いことだし
意味があったとも言えます。

一方で4年間、その行政サービスを受けられずに
卒業していった中学生や、保育ママがいたことも事実です。

やっぱり、一人でも多くの方が「神戸に住んで良かったなぁ」と
思える街にするために、決断&実行のスピードは
必要だと思います。

まだまだ実行すべき政策は山積みです。
今度こそ一気に着手したいです。


祝!観光映像大賞受賞!

「おしい!広島県」THE MOVIEが、
「観光映像大賞(観光庁長官賞)」を受賞しました!!

各都道府県からの277応募作品の中から,“観光振興”という観点で
最も創造性,振興性,話題性を含んだ作品として,
観光映像の日本一に輝いたのです。


昨年頑張った成果が続々と形となって
評価されるのは嬉しいものです。

過去が咲いている今、
未来のつぼみで一杯です。

次は神戸だ!

神戸製鋼の火力発電所増強へ

先日、見学に行った神鋼の火力発電所。
25日の新聞に神戸もしくは加古川で増設計画が掲載されていました。

現在、神戸のピーク時の電力の70%を賄える電力供給をしている発電力です。
3機目が稼働すると、いざとなれば神戸市全体の
電力供給分を提供できる施設となりそうです。

既存2機に2000億円かけた設備投資の減価償却も
あと数年で終わるようなので
今後は維持管理費を除いても、大きく収益貢献すると
予測されます。

自然エネルギーというわけではありませんが、
エネルギー自給率100%は意外と早く実現できるかもしれません。

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。