スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

区役所への予算・権限委譲について興味ある人、この指止まれ!

西区の人口は約25万人、中央区は約12万6000人、芦屋市は9万5000人、
加古川市は約27万人です。神戸市の区長は他都市の市長と同等の規模を
任されているわけです。
また区ごとに特徴が違う神戸市154万人の市民満足度を高めるためにも、
記者会見でも発表しましたが、区役所への予算・権限委譲を進め、
区ごとの地域性を重視し、市民の細かなニーズに応えられる組織体制に
変更するべきだと考えています。

その組織マネジメントを強化するために区長の公募も行いたいです。
もちろん内部からの抜擢人事も行います。

大阪市で区長公募を実施し、各区長のパフォーマンスにバラツキが出て、
賛否があるようですが、それは採用時の目利きの問題。
区役所分権と区長公募そのものが間違っているわけではありません。
(ちなみに、区役所分権は2009年の政策で発表したもので、
大阪市のマネをしているわけではありません。どちらかというと
私が先です:笑)。

大都市になればなるほど、必要なマネジメント体制だと思いますし、
ここでも民間人の経営感覚が求められると思います。

市長、副市長と9人の区長が経営戦略会議(取締役会議みたいなもの)を行い、
神戸市全体の方向を意思決定していく姿を想像してみてください。
かなりバラエティに富む面白い街になります。
市民へのサービスも、どの区が優れているかという健全な競争状態に
なるでしょう。

IMJ時代は23社のグループ経営をしていたので、
そのツボは心得ているつもりです。
神戸が国内最高の区役所分権による都市経営を実現し、
他都市にモデルケースを提示したいと思っています。
それこそ神戸の役割だと思いませんか?

スポンサーサイト

3年12組澤野先生

昨夜、35年ぶり(先生によると27年前に三宮で一瞬会ったらしい)に
再会しました。

長髪は短髪に変わっていらっしゃいましたが、
「飛び出せ青春」ばりの熱血先生風の語りは健在でした。

中3の時、下宿に呼んでいただき
何人かですき焼きを食べさせてもらったのを
今でも覚えています。

手取り月給7万円の中から1万円を渡してくれて、
「1kg肉を買ってこい」。

100グラム800円の肉を買い、2000円だけお釣りを渡して
ビビラせた記憶がありましたが、
私たちの2年上の先輩たち(S36年生まれ組)は
100グラム1000円の肉を買いお釣りは無かったそうです(笑)。
上には上がいますね。

中学野球部時代の久米先生に続き、
澤野先生とも再会。
政治活動をする中で起こる偶然の出会いや再会は
頑張ることへのご褒美なのかもしれないと思います。


選挙は選ぶ側も選ばれる側もいろんな意味で試されている気がします。

売れるものを売る。儲かるものを売る。
でも、儲かれば何でも売っていいのかというと、そんなわけはない。

消費者のためになる、社会に役に立つ、困っている人々を助けることが出来る、
世の中の課題解決につながる。
そうした本質をとらえた商品・サービスであるからこそ、
商品のライフサイクルが長続きし、受け入れられると私は思います。

選挙は選ぶ側も選ばれる側も
いろんな意味で試されている気がします。

自分に不利な政策だけど、社会のためには良いと思える政策について
どう判断するか?
今の苦痛から逃れるために苦しみを先送りするのか、
今のうちに取り組んでおくのか?

投票権が無い子どもたちのこともしっかり考えて
選挙に臨みたいですね。




政党推薦の決め方について

昨日の新聞に、自民党が推薦依頼を受けている森下候補と久元候補のうち、
久元候補を推薦することに決めたと掲載されていました。

4年前の選挙で現職市長がそれまでの相乗り推薦から一転し、
自民党・公明党切り捨てをして、当時70%の支持率を誇った民主党の
単独推薦を取り付け、選挙を戦ったので自民党本部にも
後継指名の久元候補へのしこりが残っていたとのこと。

推薦理由は「総合的に判断し当選の可能性が高く、
地元から推薦依頼があったから」と書かれています。

これ、「森下候補に比べて勝つ可能性が高い」から推薦したって
違和感を感じませんか?

やはり、その人の能力や人柄、政策が良いから選ぶべきだと思いますし、
建前でもそう発表すべきだと思うのですが。

ここのところ、さいたま市長選や宝塚市長選、横須賀市長選でも
自民党推薦候補が負けているので、気持ちはわからなくもないですが・・。

地元の自民党が当局に提言している
医療産業都市の更なるテコ入れ、デザイン都市の磨き上げ、
いじめ対策の拡充や借上げ住宅問題やコミュニティバス問題など
私も早急に取り組みたいテーマです。

公明党が提言している保育サービスの充実や
学童保育の過密解消も大賛成です。

民主党の障がい者就労支援や小学校への空調設備の前倒し実行、
みんなの党の民営化できるところは民営化する、地域エネルギーマネジメント施策も
7つのビジョンのひとつです。

市長候補を選ぶ、市長候補を推薦するって、とても大きな判断だと思うので
やはり人物比較、政策比較をして意思決定すべきじゃないでしょうか。
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。