スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸ビエンナーレ2013の検証報告を読んで。

レポートの「今後の方向性」には次のように書かれています。
読むだけで、かなり抜本的な改革(やり直し)をしないと
継続する意味さえ問われるのではないえしょうか?
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2014/04/20140425073001.html

収支についても外郭団体からの協賛金が約20社もあります。
どうして経営難の「神戸みのりの公社」や「神戸ワイン」が協賛する必要があるのか?
神戸いきいき勤労財団が協賛する意味はあるのか?
外郭団体への出向職員の人件費を補てんして裁判で訴えられたのと同様、
税金のつけ回しのような協賛や助成はストップしてもらわなければいけないと思います。

(以下、検証報告書の抜粋)
神戸ビエンナーレは多彩なジャンルを取り入れることが特色ではあるが、
回を重ねるごとに新たな取り組みを展開してきた結果、事業の幅が拡がり過ぎ、
事業の根幹である理念・目的がわかりにくくなっているという指摘がある。
認知度という点では、アンケート等で、「ビエンナーレの意味がわからない」
「何をやっているのか内容 がわからない」との意見が依然として多く見られる。

来場者数だけを見ると、毎回増加しているが、アートツーリズムや過疎地の
まちおこしを目的に開催されている他の芸術祭と比 べて、まだまだ集客力が弱く、
まち全体で開催している雰囲気が感じられないことや経済波及効果が低い
といったことも指摘されている。

コンペティションが中心であるため、作品の質にばらつきが生じることや、
取り上げるジャンルが多種多様であることから、「ビエンナーレは本来、
選別された作家による先端現代アートの 展示」との意見を持つ美術関係者から、
「市民文化祭」「総花的」と指摘される一因となっている。神戸ビエンナーレは
ファインアートのみを追及するものではないが、芸術祭として展示水準を維持することは
重要であり、過去の検証報告書でも「芸術祭としての質を高めていくことも
追い求めるべきである」「招待作家の作品を展示することで質を高めることを
検討してはどうか」(2011)との指摘もある。

温暖化など気象条件が年々 厳しくなる中、コンテナ内の温度上昇により、
電子機器を使った作品自体の故障や来場者がゆっくり快適 に作品を鑑賞できない状況が
続いていることなどから、屋外でのコンテナを使った展示への不満や苦情が 増えてきている。
このような作品を鑑賞する環境の問題も、ビエンナーレ全体の評価に影響を与えており、
対策が必要である。

さらに、市民参画の点では、毎回多くのボランティアが「神戸ARTサポーターズ」として参加し、
作品制作や会場運営に携わるだけではなく、自主企画事業も積極的に実施してきたが、
登録者数は減少傾向 にあり、活動も低調になってきている。

スポンサーサイト

ひと・モノ・カネの地産地消

<昨日の神戸義塾第一回は地域経済について
兵庫県立大学の佐竹教授に講義をお願いしました。

a href="http://blog-imgs-66.fc2.com/k/a/s/kashibou/20140421092200a81.jpg" target="_blank">佐竹教授20140720


キーワードは人・モノ・カネの地産地消。
地方都市にとって、これはとても重要だと思います。
一方で、競争力の無い産業で地産地消を繰り返し、保護し続けると
日本の農業のように弱体化が進むばかりか、
市民満足度も下がっていきます。

地産地消にこだわるべき地元産業は何か、
どのくらいの期間は保護し、
いつまでに他地域に比べて競争力のある産業に育成するか(再生するか)という
官民あげての産業戦略が重要だと思います。

塾生とは番外編でそこのところをじっくり議論して
政策にまとめていきたいと思います。

ま、なにはともあれ、スタートしました。
参加いただいた聴講生の皆さん、ありがとうございました。

神戸義塾 政策塾 本日開講! 当日聴講OKですのでお早めに!

神戸義塾のロゴも決まりました!

義塾ロゴ


そして、本日13時半からJR神戸駅徒歩7分のあすてっぷ神戸セミナー室で
神戸義塾が開講します。

この政策塾では、神戸市政を良くするための政策提案をしていく基礎を
つくる勉強をしていきます。

第一回は経済・産業について。
歳出の分配議論だけではなく、どうやって歳入を増やしていくかを
考えられる力が必要です。中でも企業成長によって税収増を
図ることが出来なければ、生活者に対しての増税負担ばかりが増えていきます。

雇用確保の点からも大事な地元産業の成長政策を
一緒に考えてみませんか?

◆◇◆ 第1回講師のご紹介 ◆◇◆ 
講師:佐竹隆幸氏 
 兵庫県立大学大学院経営研究科(MBA)教授、博士(経営学)

テーマ『岐路にたつ日本経済 その中の神戸(兵庫)地域・産業・企業の成長戦略』

プロフィール:昭和35年生まれ。平成22年より現職。
専門は中小企業経営、中小企業政策、地域企業の育成と地域経済の振興。
阪神淡路大震災後、兵庫県内中小企業を調査・研究。
さらに東日本大震災の震災復興支援活動として、現地で経営支援のための講演・研修を行う。
企業間連携、地域活性化、経営革新、経営品質などのテーマで全国で研究活動、行政支援、講演等を展開。
サンテレビ「キラリけいざい」、「選挙報道特別番組」のコメンテーターを務める。

平成26年4月20日(日) 午後1時30分より 
会場:あすてっぷ神戸セミナー室
  (JR神戸駅徒歩7分 高速神戸駅徒歩3分)

続いて、KRP総研のロゴも決まりました!

やはり、神戸リメイクプロジェクトを母とする総研にも
若葉トリコロールを付けました。
神戸志民党のテーマカラーは「青」ですが、
KRP総研のテーマカラーは、公平・公正・フェアをイメージする「白」なので、
シンプルにまとめました。

神戸志民党が求める政治家像は「良い子、強い子、賢い子」。
良い子は、ブレない心、良識ある心、フェアな心です。
強い子は、心身ともにタフであること。本気で政治家やるにはタフじゃないと無理です。
賢い子は、やはり政策提案できる頭脳明晰、論理的な思考力を持って欲しいです。

ただ、なかなか3拍子揃った人材は多くはいません。
だから、組織行動が出来て、協調性があり、人とのコミュニケーションが出来る
つまりエモーションに訴える力を持つ人材=「元気な子」を加えた
「良い子、強い子、元気な子」も合格です。

そして「賢い子」部分をチームとして補うために「KRP総研」を構想しました。
「政治・行政に興味はあるけど、立候補したいわけじゃない」とか、
「知恵を出すのはいくらでも手伝う」という方々の英知を集めた
政策シンクタンクを目指します。

今後、各テーマに応じたワーキンググループが立ち上がりますので
どうぞ気軽にご参加いただき、忌憚のないご意見をください。
市民の声が私たちのすべての起点です。

KRP総研ロゴ

神戸志民党のロゴ決定!

4年間付き合ってきた神戸リメイクプロジェクトの
自由=青、公平=白、情熱=赤のトリコロール若葉マーク。
初心を忘れないためにも頭に付けました。
この若葉が大きな森になるように育てていきたいと思います。

志の文字は、テーマカラーの青に、
神戸を象徴する碇をアレンジしました。

プロジェクトは期間限定の燃えるような赤、
そこから生まれ出て進化した政党は、
深く燃え続け、赤い炎より温度の高い青い炎です。

ひとり一人の志が神戸を創る。
神戸志民党をあらためて宜しくお願いします。

志民党ロゴ





外郭団体の自主料金が改定されたのは知っていますか?

神戸市の26年度の予算書を見ると、
神戸国際観光コンベンション協会が運営する
萌黄の館の入館料が300円から350円に、

神戸港振興協会が運営する
神戸ポートタワーの入場料が600円から700円に、

神戸海洋博物館の入場料が500円から600円に値上がりするそうです。


他にも、消費税増税に伴い、
空港施設使用料が1トンごとに1155円から1188円に、

ポーアイ市民広場使用料が一日25200円から25920円に、

市バス乗車料金が200円から210円に、

地下鉄は200円が210円に、

水道使用料も基本額924円から950円など結構いろいろ上がります。

こうした団体の経営状態がどうなっているのか、
天下りの雇用や経営スキルの問題で財政が悪いのではないか
そもそも必要なのか、など決算議会でしっかりチェックしていく必要があります。

じわじわっと、住みにくい神戸にならないように、頑張ります。


神戸新聞の大石議員の記事について

大石議員の新聞記事に関して、補足説明させていただきます。

神戸志民党への参加打診を受けた際に、下記問題の経緯と
既に処理済みであることをお聴きしました。

事務処理上の不勉強という問題はあるものの、間違いがわかった段階で
神戸市会事務局に即相談し、その回答を受けて対処していることを踏まえ、
新党合流の許可をしました。

我々としては解決済みでしたが、タイミングが遅れてこの時期に記事になった事で
皆様にご心配をおかけした事を心からお詫び申し上げます。

また新人議員が多いと細かな事務ミスが起こる可能性がありますので、
経験豊かな平野議員より指導をさせ、更に事務局機能を充実させて
我が党ではこうしたミスが起こらぬように、徹底して参りますので、
よろしくお願い申し上げます。

(以下、大石議員のブログ転載)
今朝の神戸新聞の記事に関して、皆様にご心配をおかけしたことを、
心からお詫び申し上げるとともに、当方の「政務活動費を不適切使用」記事に関して、
説明をさせていただきます。

2011年6月、着任後すぐに現在の須磨区寺田町にマンションを借りました。
その際、広聴事務所として機能があれば、家賃の1/3を事務所費として充当できることを知り、
広聴事務所(広く市民の声を聴く事務所、市政相談所)として登録して、
家賃補助の14000円を頂く登録をしました。
以降、法定看板も当該マンションに二枚掲げて、広聴事務所として市民の方々の相談に
応じて参りました。

その後、「自宅兼広聴事務所の場合は家賃補助が受けられない」事を知り、
3月中旬に神戸市会事務局に当方から相談したところ、
「前例はないが、さかのぼって返還された方が良い」との回答を得ましたので、
先月末に累計金額441000円を、新世代こうべの銀行口座に返還させていただきました。

今後は、「議員事務に関する詳細ルール」の誤解によるミスを起こさぬよう
更に研鑽して参ります。
新党合流に関しては、全ての金銭返還処理を済ませた後、新党役員に事情説明をし、
合流可否のご判断をいただきました。

皆様へご心配をおかけしたことを心よりお詫び申し上げ、
今後も地方議員としての責務を果たしていくことをお誓い申し上げます。

明日、神戸義塾の選挙塾がスタートします。

3月いっぱいかけて、立候補応募者の書類選考、そして面談、
さらに課題提出と選考を重ね、1次選考をパスした候補者予備軍が
明日揃います。

神戸義塾は政策塾と選挙塾の2本立て。
明日はその選挙塾の第一回目です。

党の綱領の共有や選挙に臨む心構え、
全体戦略やこれから各自でやることなど、
各論満載でやっていきます。

公認候補を発表するのは、早くても夏前になると思いますが、
じっくり時間をかけて、みなさんに納得いただける候補を
擁立したいと思っています。

現時点で候補者候補は25歳から53歳まで多士済々。
期待してお待ちください。

神戸リメイクプロジェクトサポーターズ倶楽部改め、「神戸志民広場」の役割について

昨年までの神戸リメイクプロジェクト・サポーターズ倶楽部を
神戸志民党の立ち上げに合わせて、「神戸志民広場」と改名しました。

この改名に合わせて、その役割、位置づけも大きく変えようと思います。
まず、サポーターズ倶楽部は年会費3000円のご支援を
政治ビラやポスターの作成、タウンミーティングの会場費などに
充てさせてもらっていました。
会員にはイベント案内や割引参加費の提供、冊子の郵送などを行ってきました。
いわゆる一般的な「応援組織」だったわけです。

今度の「神戸志民広場」は、もう少し「当事者として、メンバーとして、
組織運営に口を出し、供に行動することも出来る」組織として運営していきます。
(もちろん、今まで通りの参加度合いでも大丈夫です。よりコミット出来る権限を
付加したと受け取ってください)

例えば、神戸志民党は党役員に必ず一般市民に就任してもらおうと思っています。
議員だけで組閣すると、議員に都合の悪い意見や議案が出なくなってくるからです。
ゆえに、神戸志民広場の代表(広場長?)に党の総務会長として参加してもらう予定です。

その広場の代表は、どうやって選ばれるか?
まず、神戸志民広場のメンバーの中から自薦、他薦による副代表を
投票により4人選びます。
その4人の中から代表を選任する仕組みとしています。

さらに、年末に行う党大会において、2年に一度、党代表を選ぶ選挙権を有します。
現在、初代党代表は私が発足に合わせ就任させてもらっていますが、
2年後に私の働きぶりが悪い場合は、選挙によって代表を選びなおすことが出きるということです。そんなことにならないように精一杯頑張りますが(笑)。

広場の中では支部(グループ)をつくることが出来ます。
長田支部とか、子育てママグループとか、障がい者支援グループとか。
支部(グループ)設立要件は5名以上であること。

こうした支部、グループの方を軸にKRP総研と一緒に神戸の課題解決に向けた勉強会や提言活動を進めていく予定です。

まとめると、従来通りのサポーター機能に加え、
党の組織運営への参加、政策提言・実現への参加機能が加わったことになります。

なかなか言っても変わらない政治ではなく、
どこに言えば改善してくれるのか不明瞭な政治でもなく、
自らの意思と行動で変えていける政党政治を実現したいと思っています。

私たちの日頃の気づきや不満を政策に昇華させ、
それを神戸志民党の議員団が神戸市会で質問し、提案していく。
そんな議会を見たいと思いませんか?

それこそベンチャー地域政党の醍醐味であり、
やりがいだと私は思います。

ご賛同いただけた皆さん、是非、神戸志民広場にご参加ください!!
お申し込み詳細はこちら!

http://www.krp-web.com/











プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。