スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Do」の力

最近、役員間でプチブームなのが、「what」と「how」。

あるコンサル会社の方から、
「CEOアジェンダがwhat、COOアジェンダはhow」と
聞いてから例に出すことが多くなっている。

しかし、ちょっと付け加えるべき、と僕は思う。

CEOは、他社とは違うhowを一緒に付けて、
whatを語らないと、みな似たようなwhatばかりになる。
MBAホルダーのCEOならほとんど同じ「what」になるだろう。

テーマ設定だけではダメなのだ。
気の利いた、具現化可能な「アイデア」が必要とされるのである。

それは具体的な商品プランでもいいし、
当てはまるクライアントを引っ張ってくる場合もあるし、
個別M&Aを握ってきたり、エグゼクティブの採用の場合もあるだろう。


一方、COOもhowの提示だけでは物足りない。

徹底して、やりきる「Do」の力が最も重要だと僕は思う。

この「Do」がないと、すべては絵に描いた餅になってしまうからだ。

強いチームは、この「Do」に力強さと安定感を感じさせてくれる。

現場に入り、現場を鍛え、組織力をアップさせる。

いつでも、どんな時でも、一定以上のパフォーマンスを発揮できる
プロフェッショナル集団を作り上げる、
そんな「Do」の力が何よりCOOには求められているような気がする。



関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。