スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会長って何をしているんですか?

最近一番よく聞かれる質問です。

本来、外交(業界、競合、株主)と内政(組織マネジメント、商品サービス開発、
事業執行)などの境目のどこかで切り分けて、
社長と会長で役割分担するのでしょうが、
4月に変わってすぐにうまい切り分けは実現しないですよね(笑)。

それまでの業務で引き続いているものもあるし、
仕事を渡していくのにも時間もかかります。

特に一番気をつけているのが、経緯と歴史の事実共有です。

これは「しがらみ」を継続するという意味ではなく、
過去に起こったことを「知っておいてもらう」ということです。

その上で、それを踏まえて意思決定するのか、
あえて無視して意思決定するのか、はその時々の判断だし、
過去にうまくいかなくても時のアセスメントでうまくいくように
なることもあれば、担当者が変わってうまくいくこともある。

また、時代性や環境状況にも影響を受けるので
判断自体は都度都度だが、より経営判断の精度を上げるためには
「過去を知っておく」ことは非常に重要だと思うからです。

そうすることで、同じ過ちを繰り返さない、
失敗しても軽症で済む、
前は失敗したけれど今回は成功に導ける、
前よりも早い速度で、かつ高いクオリティで仕上がる、
などの「進化」が生まれると思うのです。


IMJモバイルの取締役の森くんが
モバイルインテグレーション事業を初めて管掌したときに
(確か今から3年前くらい)、
すぐさま僕に「樫野さんが今までweb事業でまとめてきた資料を
全部見せてください。モバイルインテグレーション事業はweb事業から
3年遅れくらいのステージですから、まずはweb事業で
やってきたことを頭に入れておきたいんです」と言ってきました。

そして今日。
元ゴメスコンサルティング社長で3月からIMJにジョインしてくれた、
web事業執行責任者の西村さんが
「樫野さん、次のweb事業の3ヵ年を考える際に、
おさらいをしておきたいので、これまでの資料を一通り見せてください」
と社長室に言いに来ました。

二人とも事の本質をよく理解してくれているので、
本当に安心です。

ということで、会長になったものの時間の半分は
人脈の紹介、引継ぎ、過去経緯の継承、
新体制移行へのサポートといった感じです。

残りの半分はというと、
実はIMJエンタテインメントの
新事業領域である配給事業の立ち上げを陣頭指揮でやっています。

中小規模の作品については、自分たちの作品を自分たちで丁寧に
お客様に届けたい、出来ればネット社会においての
新しい配給・宣伝の形を構築したいと考えており、
現場に密着した時間を過ごしています。

四半期ごとに決めている僕の中の重点テーマが
今は配給事業立ち上げだということですね。

既に今期中に3作品の配給が決まり、
バッチリ仕込み中なので、
もう少しで事業の輪郭が作れそうです。

今期はエンタメセグメントの成長にも
ご注目いただければと思います。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。