スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生態系経営

 僕がIMJを経営するにあたり、ひとつのモデルにしたのはやはりリクルートだ。

 自分の出身企業だから言うわけではないが、かなり素晴らしい企業だと今でも思う。
特に日本企業として新しい経営スタイル・組織モデルを作ったといっても過言ではないほど
ユニークな企業体であり、今でも多くの方に「リクルート出身の方は優秀な人が多いですね」と
お褒めの言葉をいただくことも多い。

ある意味「リクルート卒」がウールマークのような品質保証ブランドのように
思われている節もあるのだ。
(実際には卒業組全員が全員そんなわけはないのだが:笑)
(リクルートを語ると長くなるので、それは別の機会に譲るとして)

もちろん、僕自身ビジネスマンとしての基礎を作ってもらったし、
居心地の良さを肌で感じているので、理想の組織形態に近いと思っているのも事実である。

なので、IMJの組織モデルをリクルートっぽくしたいと思って経営に取り組んできた。
ただ、厳密に言うとリクルートはどちらかというと営業系組織。

僕はIMJをリクルート的制作会社、リクルート風クリエイティブ企業にしたいと考えたわけである。
言い換えるとリクルートをクリエィティブ組織型にアレンジ・カスタマイズして
組織デザインしようと経営をしてきたのである。


幸運なことにリクルート入社時は、まだ江副さん(創業者・元社長)が陣頭指揮を取っており、
高成長ステージの人事部門で組織・人事マネジメントの仕組みをしっかり学べたので、
素晴らしい部分も理解できているし、今にして思えば出来てなかったことも
多少は感じる部分もある。

そんなことを考えながらIMJの経営で試行錯誤してきたわけだが、
その組織コンセプトを一言で表わしたのが「生態系経営」というキーワードである。

この意味は、「優秀な人材が集まり、定着し、自己増殖する
自然生態系のような組織を創る」ということ。


今回、野村総合研究所が執筆した
「モチベーション企業の研究~働く野性を引き出す組織デザイン」という書籍で、
24の成功組織の事例のひとつとしてIMJを取り上げていただいた。


モチベーション企業の研究モチベーション企業の研究
(2008/06/20)
野村総合研究所

商品詳細を見る


「分社経営」「ゆるやかな連邦制」というIMJならではの考え方のひとつの事例が
掲載されている。
頁数の関係でそのメリット・デメリット、運用上のケアすべき点など
詳細は掲載されてないが、非常に面白い内容なので機会があれば是非読んでもらえればと思う。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。