スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパコン補助金の大幅削減とコンコルドの誤り

事業仕分けによってポーアイ2期で建設中の次世代スパコンの
補助金が大幅削減されるかもしれません。

国は総額1154億円を投入する計画で、文部科学省は来年度の
概算要求で267億円の補助金を要求していました。

神戸市は21年度の予算でスパコン推進費として
7億6000万円ほど計上していて、
今後も継続的に予算計上していく予定だったと思うので、
頭の痛い問題です。
医療産業都市構想にも影響が出るかもしれません。

1988年頃、リクルートは世界最速と言われるクレイ社のスパコンを
購入し、スパコンのタイムシェアリングサービス事業に乗り出しました。

あの強大なリクルートの営業力を持ってしても
民間ニーズで大きな利益が出るほどのビジネスには成長せず、
撤退したのを記憶しています。

使用されなくなったオレンジ色のカッコイイスパコンに
腰掛けていた内定者を
怒ったこともありました(笑)。

ムーアの法則じゃないですが
性能の陳腐化も激しい業界なので、
手掛ける際は相当な覚悟で、
国家戦略的にやるテーマだと思います。

こういう場合に難しいのが、先行きNGと予測されるときの対処です。

「コンコルドの誤り」という言葉がありますが、
それまで大きな投資をしてきたものほど辞めるのは大変です。

そこまでの時間的、精神的、金銭的な投資が水泡に帰すことを
誰も良く思わないからです。

責任者は自分が担当の時に撤退したくない(責任を取りたくない)し、
巨額の投資を一気に損金で落すことも財務が痛むので出来ない。

多くのケースはダメだと思っても皆で騙し騙し継続開発していき、
泥沼にはまるというのがパターンです。
僕も事業経営で同様の経験をしたことがもちろんあります(笑)。

民主党に見直し要求を始めるようなのですが、
来年度の予算獲得だけの視点ではなく、
成果を生むまでに総額いくら投資するのか、
やり続ける覚悟が、国、関係している民間企業、神戸市で
握れているのか(最先端技術は開発投資をやめると敗退します)
本当に市が主体となって進めるべきテーマなのか、
(やるなら国家戦略として国が主導すべきと思います)
などをしっかり議論して欲しいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。