スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央区でのタウンミーティングをtwitter中継してみました。

1月24日元町駅近くの私学会館でタウンミーティングを開催しました。
30名近くの方に来ていただき、イスが少し足りないほど盛況でした。
SN3J0101.jpg

今回は、神戸リメイクプロジェクトの今年の活動方針と、
平成20年度の神戸市交通局の高速鉄道事業と自動車事業(主に市バスと地下鉄)
開示されている貸借対照表から何が読み取れるか?を
私からお話させてもらいました。
SN3J0099.jpg

高速鉄道事業の方の人件費は単純割りすると一人当たり年収942万円、
自動車事業の人件費は一人当たり1123万円です(両方とも間接人件費を含む)。


補助金は両方合わせて約45億円を年間に使っています。

特に鉄道事業の方は、減価償却費が重く、年間85億円もかかっています。
西神線は既に黒字ですが、赤字路線である海岸線の敷設に使った
約2500億円の償却負担はまだまだ20年くらい続くのではないでしょうか。

また支払い利息も巨額です。鉄道事業の支払い利息は年間52億円。
これも10年~15年くらい続くのでしょう。

累積欠損金は平成19年度で1182億円を超えています。


敬老パスは有料化された後、今度は値上げもされるようです。
利用者の4分の1が敬老パス対象者だとすると、その収入は約25億円。

「たられば」は今更言っても仕方ないのですが、
海岸線を開通しなければ・・・、人件費がもう少し安ければ・・・、
造ったからにはもっと乗客を増やす仕掛けが出来ていれば・・・。

まだまだ私たちは知らないこと、意識してないことが多くあります。
少しでもみんなと共有していければと思っています。

そのトライアルのために、twitter中継もやってみました。
まだまだ使いこなせていませんが、徐々にレベルアップしていきたいと思います。

http://twitter.com/kashinotakahito
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。