スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樫野のミッション 5 成功事例の確立~地方から日本を変える~

四番目のテーマは、新しい行政の成功事例の確立です。

昔も今も改革するのが一番難しいのは保守本流です。
歴史と経緯と今守るべきモノが多すぎるからです。

企業経営でも、新規事業しかり、新商品開発しかり、
本流から離れたところで、離れた人材が生み出してきたのは歴史が証明しています。

政治でもおそらく同じだと思います。
政党改革は自民党には無理でした。

行政改革も民主党には無理でしょう。
日本丸という運航中の巨艦の舵を切り直すには時間がかかります。
抵抗勢力が出てきます。
反作用ももちろんあります。

失敗は絶対出来ませんから、最後は丸くなった結論になってしまうのです。

ましてや急膨張した組織、おそらく歪みやミス、混乱が起こる可能性は大でしょう。
人材育成をしっかりせずに大きくなった組織ほど脆いものはありません。

同様に都市経営のモデルケースも東京では創れません。
地方都市しか可能性がないのです。

さりとて本当に小さな市町村では例外扱いされるか、他都市への流用不能で意味がありません。

政令指定都市で次の都市のあり方を創ることは
日本の行方を決める大きな試金石になります。

今一番必要な日本のR&Dなのです。

だからこそ、日本のゲートウェイを担ってきた神戸の出番だと思うのです。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。