スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

垂水区・須磨区タウンミーティングありがとうございました!

先月末から怒涛のタウンミーティング6連発のうち、
最初の2回が終了しました。

いずれも活発な議論が出来、かつ示唆に富むご意見も
いただき、本当にありがとうございました。

みなさんの熱さに、ただただ感謝です。

まだまだ続けていきますので
ご意見・ご要望があれば是非メッセージをお送りくださいませ。

追伸:垂水に来てくれた皆さんへ
石原裕次郎さんは、やはり須磨区出身でした(笑)。
http://www.ishihara-pro.co.jp/yujiro_b_01.html
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

傍聴者に市会資料配布がない

須磨タウンミーティングの中で、表題の「市会傍聴者に資料配布がなく不親切。」との意見が出され、早速同級生の大澤議員(垂水区)に市会傍聴者に資料配布の要請をしたところ、以下の返答が来ました。
素早く真面目に返答されています。
我々は、市民&市会の両サイドの意見を聞いた上で、ジャッジし対策を考える必要性を感じました。
私としては下記返答内容も理解できますので、「神戸市のホームページに掲載し、必要な人が自分でダウンロードする。」
という方法が一番いいのではないか、と思いました。

<以下返答>
Date: Mon, 15 Mar 2010 13:00:04 +0900
Subject: Re: 市会傍聴者に会議資料配布を!!

m.大橋 様
<現状について>
・傍聴者の皆さんには、委員会議事日程を配布しているほか、議案等の会議資料については傍聴開受付開始時刻(午前9時)以降に市会図書室で閲覧でき、また希望者には一時貸出しの上、コピー(3階の市政情報室で有料)も可能になっています。

<配布する場合の課題>
・議員と同様の資料を傍聴者に配布するとなれば、ボリュームの問題とあわせ、部数も相当数(傍聴数の予想が困難)を用意しなければならず、かなりの費用もかかり、ムダが生じる可能性があります。

・議員と同様の資料を傍聴者が閲覧できるように、複数配置した場合、特定の傍聴者が独占するなど混乱が生じることが危惧されます。

<対応策(案)>
・委員会資料は各委員会所属議員には3日前に配布されてることになっており、議員を通じて事前に入手することは可能です。(だだし、当日までに追加修正等が入った場合は資料に相違が生じる場合があります。)

・これまで、傍聴に来られる場合の多くは、請願・陳情に対するものがほとんどで、他の議案の資料までの要望がないケースが多かったように思います。また特定の議案に関連する関係者の傍聴も同様で、すべての委員会資料を用意しても必要なくムダになる可能性も考えられます。従ってどうしても資料が必要な方は、各自が必要な資料をコピーしていただくということになっていることは一定理解できます。

・傍聴者の傍聴目的によって、必要な資料も違ってくるということだと思いますが、今回の場合はすべての委員会資料を必要としておられますので、もし資料が必要であれば、事前に声をおかけいただきましたらご用意させていただくことは可能です。(あくまで個人的な配慮ですので、ご理解をお願いします。)

取り急ぎ返信させていただきます。
よろしくお願いいたします。

市会資料をHPに掲載

市会資料をHPに掲載する提案を行ったところ返答がありました。
以前に実施され、その後掲載は難しいと結論づけられたようです。
実情を知るいい機会となりました。なかなか市会側も大変な様子が分かります。

以下その経過です。
大澤議員より--------------------------------------------

大橋様
HP掲載の件。
実は平成20年第1回定例市会までは、本会議のすべての議案書を画像データで掲載していましたが、平成19年第3回定例市会の議案の中に未成年者の個人情報が入っていたため、少年法の主旨に照らし、あえてHPで万人に告知することについていかがなものかとの議論がなされました。
議長、議運委員長で検討の結果、議案書のどの部分が、個人情報に該当するかどうかの判断が難しいことや、部分削除の作業が煩雑であることなどから、今後は議案のHP掲載は避けるべきとの判断が示されました。

ご提案のあった委員会資料のHP掲載についても、結果的にはすべての議案の掲載が必要となることや、議案は1週間前に確定しますが、委員会資料は陳情・請願などを含めて、前日まで修正変更が入ることなどから、委員会資料のHP掲載は難しいとの結論になっています。

よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------
真面目に返答をいただきました。

垂水のタウンミーティング、参加させていただきありがとうございました。

ああいった場に参加させていただくのは、人生初体験でしたが
とても勉強になり、思いきって参加させていただいてよかったと思っています。

またお会いしてお話しできるのを楽しみにしています。
ありがとうございました!

Re: 市会資料をHPに掲載

早速の調査ありがとうございます。

また大澤議員の早い対応にも感謝!ですね。

ただ、樫野としては結論に少し疑問が残っています。

このスピードの早い時代に
昨年12月の決議資料しか無いのは、やはり改善の必要ありだと思います。

また、議案によって全文掲載が無理な場合は理解できますが
(個人情報など)、それによってその他すべての議事録まで
止まるのは変ですよね?

前日に修正が入れば、都度修正をアップするのが
普通のネットを扱う感覚だと思います。

このあたりの一般感覚を是非、議員の方々に
普通に感じてもらい、「おかしい!」と
声を出してもらうようになってもらいたいと
私は思います。


> 市会資料をHPに掲載する提案を行ったところ返答がありました。
> 以前に実施され、その後掲載は難しいと結論づけられたようです。
> 実情を知るいい機会となりました。なかなか市会側も大変な様子が分かります。
>
> 以下その経過です。
> 大澤議員より--------------------------------------------
>
> 大橋様
> HP掲載の件。
> 実は平成20年第1回定例市会までは、本会議のすべての議案書を画像データで掲載していましたが、平成19年第3回定例市会の議案の中に未成年者の個人情報が入っていたため、少年法の主旨に照らし、あえてHPで万人に告知することについていかがなものかとの議論がなされました。
> 議長、議運委員長で検討の結果、議案書のどの部分が、個人情報に該当するかどうかの判断が難しいことや、部分削除の作業が煩雑であることなどから、今後は議案のHP掲載は避けるべきとの判断が示されました。
>
> ご提案のあった委員会資料のHP掲載についても、結果的にはすべての議案の掲載が必要となることや、議案は1週間前に確定しますが、委員会資料は陳情・請願などを含めて、前日まで修正変更が入ることなどから、委員会資料のHP掲載は難しいとの結論になっています。
>
> よろしくお願いします。
> --------------------------------------------------------
> 真面目に返答をいただきました。

議会運営の意見具申について

少数会派の別議員からの返答を頂きました。
私の感じたこととして
・議会運営を変える場合、交渉会派として5名以上必要
・新会派”神戸リメイククラブ”を作る必要性が発生する可能性がある
・我々市民サイドも調査勉強して「事実」を「正確」に把握すること。
⇒タウンミーティングの意義が生きてくる。
・私は昔からある 「悪代官vs弱い庶民」 という構図はいやだし、モンスター市民や単なるクレーマー市民のような市民としての民度が問われるような恥かしい姿勢はとりたくない。
ここのところいくつかの議員とのやり取りから感じたことです。
--------------------------------------------------------
以下、しらくに議員(垂水)からの返答です。
まず、返答いただいた議員さんには感謝いたします。

大橋さんへ。

こんにちは。メッセージ有難うございます。
早速でございますが、メールをいただきました点に
つきまして、返信させていただきます。
「議会運営担当者に、傍聴者にも市会資料を配布するよう
意見具申お願いします」の件です。現況ですが、30階の
市会図書室で閲覧、貸し出し、そして別室でコピーができます。
私は、「資料」については、経費面、議員活動等を鑑みた時、
現況を了と致したいと考えます。
次に、「意見具申」の件です。これは市会運営委員会での
協議事項ですが、実は私の新政会の会派は、運営委員では
ありませんでして、市会運営委員会で発言・協議できるのは、
5人以上の会派で、いわゆる「交渉会派」ということに
なっています。私自身も市会運営委員会に出席していますが、
これはあくまで、「オブザーバー」ということになっています。
ちなみに、今日現在の交渉会派は、民主党、公明党、自由民主党、
日本共産党、自民党神戸の5会派さんです。
最後に、私自身も私なりに極力努めておりますが、
議会の運営状況を把握され、掲示する活動、すなわち広報活動は
大変重要なことと思います。ただ、一つお願いしたいことは、自由な
「感想」も大切ですが、「事実を」「正確に」取り上げて、掲載して
いただきたいと思っています。引き続き、頑張って参りますので
よろしくご指導いただきますよう、お願い申し上げます。

平成22年3月19日  しらくに高太郎。
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。