スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸市職員の7000万円の不正横領と地方分権の進め方

4月にこの事件が発覚したときは数百万円の不正横領と報道されたが、
実際は7000万円にものぼる横領事件だということがわかりました。
http://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/0003006504.shtml

財政が厳しいと言われる中で、こんな事件が起こると
ホンマに腹が立ちますね。

損害分の返還請求はもちろんのこと、
謝罪ならびに、再発防止策と体質改善について
しっかり説明してもらいたいものです。

先日、総務省が自治体の支出の中身や財政状況を監査する制度を
抜本的に見直すと発表していました。
今までは議員や自治体OBが監査するなど、「馴れ合い」が横行しているからです。

昨年、千葉県では37億円、神奈川県でも28億円の不正経理問題が
発覚しています。

こんなことが続くようだと地方分権も考え直さねばなりません。
権限とお金を渡した自治体が不正を犯していては
何のための分権かわかりません。

任せるには任せるに足るモラルや力量が無いと
逆に悪くなる可能性もあるからです。


これまでの国のガバナンスを見ると、
あまりに自治体ごとにバラツキがあり、
一律に地方分権を進めても本当に良い方向に行くか疑問が出てきますね。

ぶっちゃけて言うと、出来の悪い自治体に分権してはダメでしょう。
情報開示の透明性を高め、そのうえで優良な自分の足で立てる自治体には
どんどん予算と権限を分権し、そうでない自治体は国が手取り足取り
指導しながら進めていく、そうならざるとえないと思います。


そうそう、先日の東灘区のタウンミーティングに出席された方が
奥様が夕張市出身だそうで、破綻後に街がどうなったかを
お話してくださいました。

市バスは無くなり、ゴミ回収も有料になり、
人口は2年で1割減になったそうです。
そして74歳の方が街では若年と言われるようになったと・・・。
破綻したときの一人当たりの借金額が360万円だそうです。

神戸市の借金は2兆5000億円、人口153万人。一人当たりは約163万円。
まだ大丈夫? 今まさに分岐点? 

まずは徹底的に無駄なお金が使われてないか、不正がこれ以上ないか、
しっかりチェックして税金の無駄使いを止めてもらいたいです。


*夕張市の人口減について、正しい数字を
 教えていただくコメントをいただいたので
 訂正して記載させていただきました。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Re: ん?夕張市の人口

ご指摘ありがとうございました。

修正して再アップさせていただきました。
(その旨も記載しております)

コメントもアップしようと思いましたが、
お名前をそのまま出してよいものか
迷いましたので、現在アップしていません。

問題なければご連絡いただけると幸いです。



> 夕張市の人口ですが、
> 総務省国勢調査上では
> 1995年 17,116人
> 2000年 14,791人
> 2005年 13,001人
> とあります。
> wiki(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%95%E5%BC%B5%E5%B8%82
>
> 破綻後に10万人→9千人になったわけではありませんね。
> その方が誇張しているのか、時間軸がもっと大きくとらえられいるのか。
>
> いずれにせよ誤解を招きかねないので、訂正された方が良いかと思います。

議会改革こそ!

このNEWSからふと思ったこと。
 市議会の「チェック機能」が働かない→市職員が緊張感を持って仕事をしない→市民に背を向けた、身内大事の最優先。
 どうも”サラリーマン化、職業化”している市議会議員の「総取替え」が、回り道のようで最優先かも?

Re: 議会改革こそ!

私もそう思います。
ただ選挙制度の問題や期間の長さもあり、
改革には時間がかかると思いますが、
粘る強くやる続けるしかないですね。

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。