スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傍聴レポート みなと総局の神戸空港問題!!

前夜に続いての議会傍聴レポート、
いよいよ空港問題の委員会です。

本レポートも神戸大学の学生レポーターからのものを
転載しています。
樫野は手を加えていませんので、あくまで傍聴した方の主観による
レポートであることをご理解くださいませ。



6月18日 港湾交通委員会
 
<出席者> 敬称略

北川 道夫  (公明党/委員長)
大寺 まり子 (民主党/副委員長)
森下 やす子 (自民党)
横畑 和幸  (民主党)
松本 しゅうじ(自民党神戸・たちあがれ日本)
橋本 秀一  (民主党)
あわはら 富夫(新社会党)
米田 和哲  (公明党)
平野 昌司  (自民党)
南原 富広  (共産党)
西下 勝   (共産党)

○みなと総局

陳情第92号 神戸空港島建設に係る起債償還計画を市民に明らかにすることを求める請願
陳情第96号 関西3空港問題及び神戸空港民営化に関する請願
陳情第97号 神戸空港の需要予測と管理収支を見直すことを求める請願

【概要】
  神戸空港島の土地売却の見通しがない。
  神戸市長選後に神戸市は市債を発行したが、
  その返済計画を明らかにすることを求める請願が第92号である。
  また、関西3空港それぞれの需要予測の公開や
  矢田市長の「神戸空港を民営化するのも一つの手」という発言の真意を問うのが第96号。
  第97号は、あまりにも現状では達成困難である神戸空港の需要予測・管理収支を
  下方修正することを求めた請願である。
  
【委員会の様子】
    
  局長 )神戸空港の土地売却はリーマンショックの影響で不調になった。
      現在は誘致活動も行っており、土地を購入する企業もでてきた。
      また、関西・伊丹・神戸それぞれの個別需要予測はしないが
      予測過程は開示しているので問題はない。
      また、市長の「神戸空港民営化」発言は、一つの方法という意味。

 ▽3空港の一体運用に関して

  粟原 ) 関西3空港の懇談会では羽田便はリニア開通の影響も考慮した結果、
      3空港全体で1500万人と予想されていた。
      ただ、伊丹は930万人利用と予測をだしている。
      神戸空港ではどうか?
  
  局長 ) 平成21年度は100万人の方が利用した。
      目安としては、平成32年度で178万人と予測している。

  粟原 ) 3空港の一体運用になった場合、
      関空の負債である1.3兆円は神戸も負担しなければいけないのでは?
     
  局長 ) 先日、市長は前原国土交通相あてに
     「関空・伊丹の一体運用だが神戸も視野に入れていただきたい」
      と請願させていただいた。
      ただ、そのようなことはおそらくない。

  粟原 ) 国土交通省はそんなに甘くない。
      一体運用の土産に関空の負債を一部神戸にも負担させようとしてくる。
      神戸空港を3空港の一体運用にすることで神戸市の負担も  
      なくなるだろうと考えているのかもしれないが、難しいだろう。


 ▽神戸空港民営化
  西下 ) 市営空港と最初は説明していた。
      一転関空に買ってもらおうとするのは無責任ではないか。
  
  局長 ) いったん神戸空港を民営化するのも【一つの手】という意味。
      この考えは従来通りである。


 ▽需要予測に関して
  南原 ) まだこの4年間で達成されたことがない。
      当初の予定では平成22年にはジャンボジェットが来る予定だったが
      現在はJALも撤退し、大型機もない状態。
      見直すべきではないか?

  局長 ) 需要予測を下げるのではなく、
      達成するための手はずを考えたい。

  平野 ) 僕は南原さんとは違って神戸空港がよくなるためには
      どうすればいいのか考えたい。
      ただ神戸空港のおかげで医療産業都市ができたり
      スパコンの誘致ができたりとかなり存在効果はある。

  局長 )その通りである。
      経営面に気を取られすぎて、そういういい面を忘れてしまいがちだが
      神戸空港はかなり存在意義はあります。

※民主・公明・自民・自民党神戸は全請願不採決。
 共産・新社は採決。

 多数決により、不採決が決定。


【感想】
  みなと総局の委員会傍聴をしてみて、
  そもそも神戸空港があることに賛成、反対の人が
  こういう議論をしても解決はできるのか、と疑問に思った。
  
  残すなら残す、としっかり決めてから
  じゃあどうやったらいいのか、をしっかりと議論すべきだと感じました。
  
  またみなと総局が言ってたように
  需要予測を下げるのではなく、達成するためにがんばりたい、
  という考え方は非常にわかったが、
  あまりにも非現実的な目標は意味もなく、
  達成したいというモチベーションにもならないと思うので
  そこは考慮すべき点だと感じました。
  

  委員会自体を見てみると、2点感じたことがありました。
  
  1点目はあまり緊張感がない。
  私語も多いし、態度でかいし、しゃべり方も居酒屋じゃないんだから。
  企業の会議ではありえないと思う(ちなみに時間も長かった)。
  委員会の形式自体があれでベストなのかどうか疑問でした。
  
  2点目はもっと議員同士で議論はできないのか、ということです。
  結局は請願は議員の採決で決まるものでした。
  ただ、最初から各会派の答えは出ていそうだし、
  議員同士、考えの違う人同士での議論は不可欠じゃないかと思います。
  (ただ、議会の形式的には無理だと思いますが…。)  

  国会なんかはうまいこと議院内閣制になっているので
  そういった議論ができるので、地方議会でもできればいいなと個人的に感じます。

 
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

どこの地方議会も
独特な雰囲気があり、
これでも議会か!というものがあります。
この案件についても切実さが感じられず
方向性も具体的な売却手段もなく
企業だったら、倒産です。

Re: No title

> これでも議会か!というものがあります。
> この案件についても切実さが感じられず
> 方向性も具体的な売却手段もなく
> 企業だったら、倒産です。

倒産しそうになったら、市債を発行してツケを先延ばしするから
こうなるんでしょうね。

No title

神戸空港についてですが、
「なぜ作ったのか?」「無駄だ!」
その議論も気持ちもよくわかります。
でも、
作ったのだから一度、精一杯活性化に向けて日本一の空港目指して
みんなでがむしゃらに努力することをしてみませんか?
と言いたいな、といつも思います。

できる限りのことをしてその結果で議論する。
そんな事が地方のみならず国家レベルにおいても
全く出来てないように思えて仕方ありません。
だから「反対のための反対」に時間と労力とカネが費やされてるように。。。

みんなでがむしゃらに努力、
そんなことが全く見られなくなったことが日本衰退の原因なんではないでしょうか?

神戸からはじめてみてもいいと思います。
『みんなでがむしゃらに努力』

私は将来、そんな神戸で生きてゆきたいと思う。
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。