FC2ブログ

teddyさんの「建設水道委員会」 職員多すぎじゃない?

今回はteddyさんからのレポートです。

議員11名に対して、職員が40名くらい、傍聴2名だったそうです。

この人数も不思議なんですが、
もうひとつ疑問に思ったのが、陳情に対する回答者。

市民が委員会に対して陳情に来てるのだから(委員の構成メンバーは市会議員)、
答えるのは議員、それをバックアップするのが役所という
役割分担だと思うのですが、答えるのはいつも役所の側。

委員会メンバー、つまり議員はその陳情に対して
何の回答もしないまま終わることもありました。

誰が主役で、誰が補佐かさっぱりわかりませんね。主客逆転?

企業の株主総会で、前に並んだ取締役に対して株主が質問する場合、
バックアップで弁護士や会計士が後ろについて資料提供はしてくれるものの、
答えるのは必ず取締役です。

やっぱり陳情に対して答えるのは議員であるべきだと思うのですが、
違いますかね?


このあたりが政治主導になるかどうかの、分かれ目なんでしょうね。

ちょっと前置きが長くなりましたが、
傍聴レポートをどうぞ!!
http://ameblo.jp/teddy55/entry-10570231517.html
関連記事
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

レポートありがとうございます、
雰囲気が伝わります。
議会政治や民主主義のありかたは
学校で学んだはずですが、
どうも、市民は無関心でかつ、おまかせです。
選挙のときだけ頑張るような政治家ばかり、
勉強や調査などしていない様子、
議会で討論することもないのでしょうか?
この先神戸はどうなることでしょうか?
とどめの一発が「空港」で、これはほとんどの
市民が反対していた産物であるのに
押し切られ、ぜんぜん神戸に景気回復のきざしもない

No title

確かに職員の数多すぎますよね。もっと絞り込んでいいのではと思います。その時間にもっとできることあるでしょうし。担当部局が代わるたびに、大勢がぞろぞろ交替して、時間がもったいない。
ただ、神戸市会のいいところは、請願だけでなく、陳情に関しても必ず審議することです。陳情は議員控え室にコピーをおいておくだけで店晒し・・・という議会も結構ありますから。びっくりするけど本当です。
陳情を必ず審議して、最終的には必ず委員会として採択か不採択、あるいは審議打切りという結論を出します。だから陳情に答えていないということではないと思います。結論を出すために、委員は市当局に質問して市当局が回答します。それを参考に委員が結論を出すという仕組みです。
傍聴していて、委員が回答していないと映るのは、つまり市当局の説明に突っ込んだ質問や、それを受けての議論がないまま、当初から各会派によってきまっている通りの結論を出すからでしょう。
陳情が採択されるかどうかは委員会当日ではなく、それまでの委員たちへの説得にかかっている・・・といえそうです。
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード