スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなってるの? 東灘の景観 芦屋とこんなに違う!神戸の景観

今日は神戸市政を考える東灘区民の会で、京都橘大学の
竹山先生から景観地区行政についてお話をお聞きしました。

竹山先生


芦屋市は市長がしっかり住民の声を聞き、
リスクを取って乱開発に不認定を出しているそうです。

住民発意でも景観地区導入を進めることが出来るそうですが、
(0.5ha区域の3分の2が同意すれば提案できる)
その手続きの大変さと時間を考えると、やはり行政発意で率先して
やるべきだと私は思います。
特に神戸のような海と山に囲まれた素晴らしい自然を有する街は
なおさらじゃないでしょうか。

それから、六甲アイランドのワールドラグビー場跡地のマンション建設問題や
住吉川沿いの超高層マンション問題、御影工業高校跡地の不正コンペ問題など
東灘区も問題山積みです。

すべては現場で市民と一緒に解決していかないといけないと思いますが、
はたして東灘区の市会議員の方々は上記の問題に対して
どういう意見で、本会議でどういう決議をしているのでしょうか。
統一地方選挙までに是非、全員に聞いてみたいと思います。

まずは、六甲アイランド問題をご覧ください。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

六甲アイランド住民としてもの申したいです。文化レクリエーション地区と指定されているところに堂々とマンションが建てられて良いのでしょうか。戸建建築は不可とされているのみだからと言って大型マンションは可という屁理屈や形式的にレイアウトに住民が誰も知らないゲートボール場、住民が利用出来ない図書室を組み込んで文化レクリエーション地区に相応しいマンションって・・・茶番です。神戸市が最悪なのは民民に介入出来ないと逃げている事です。
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。