スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子高生が社会を変える!! 松蔭女子校のチャレプロ始まる!

ピンクリボン運動、ウォームビズ、TAPキャラバンと、
http://www.shoin-jhs.ac.jp/nextstage/social/index.html
高校生が社会の課題を認識し、街に出て、より良い社会作りに関わっていく・・・
そんな素晴らしい活動を松蔭女子校は
「チャレンジ・ソーシャル・デザイン・プログラム」(チャレプロ)として、
2000年からスタートし、もう11年目を迎えます。
(これを推進している谷口先生という方は本当にスゴイ方です。
いつか講演会でお話してもらいたいと思っています)


そのチャレプロ2011の今日は活動企画提案会。
今年のテーマは「地産地消、食糧自給率を少しでも上げていくためにコメを食べよう」
という「Rice Action」キャンペーンです。


その後援組織として農水省の方々やフードアクション日本
http://syokuryo.jp/index.html
の方々が来られたのですが、そこに僕も企画アドバイザーとして出席させていただきました。


20110114010844松蔭2


女子高生約50名がこれまで考えてきた企画やリサーチ、店舗アタック、
商品開発などに対して意見やアドバイスをするのですが、
さすが女子高生、面白いアイデア満載!

20110114010613松蔭1


あとは、そのアイデアに磨きをかけて仕上げれば、相当良いものになりそうです。

神戸では2月12日@ハーバーランドモバイク一帯で展開します。
是非、彼女たちの活動を見に来てください。

僕も楽しみにしています。
松蔭の皆さん、今日はありがとう。フィニッシュワーク頑張ってね。
メッチャ期待しています!!
「松蔭48」絶対実現させてね(笑)。


そうそう、最後の農水省の方々への質問は良かったですねぇ!
「TPPへの参加について賛成ですか、反対ですか?」
「TPP参加の場合、農家への保証金額はいくらになるのですか?」
「その金額は、税金のどこから出すのですか?」etc・・・。
農水省の人もタジタジでしたね(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

TPPに参加するべし

日本復活することにおいて「TPP参加は必須事項」と思う。
それと並行して「規制緩和」を行い、人、物、金が内外自由に
行き来することが必要です。
これによって都市に人が集約し、自由な経済活動により一人一人の創意工夫が可能になり、経済発展が出来る。
都市部に人が集約することにより、農村部では大規模で生産性のよい農業が出来る可能性が発生する。ここに政府は助成と規制緩和をするべきです。
既存の概念にとらわれると、農業が衰退する補償を誰がどこから出すの?論争になります。従来日本では1人あたりの耕地が拡大するのを邪魔する政策をやっていました。
まとめると
日本経済再発展>日はまた昇る政策
1、規制緩和  ex容積率規制撤廃
2、都市部へ集約、集積を行う。←重要 
3、TPP参加。自由活発な経済活動可能。
4、農業の戸別所得補償で規模拡大する政策の実施。
 農業再生。
5、本格的ハブ空港の整備  羽田、バックアップ伊丹
6、社会保障問題>人口減少に対応した制度改革
7、財政問題>ご存知の通り6、とリンクして所得移転
 高齢者⇒現役世代=現役世代に安心感を
>>消費拡大>>経済成長 路線の達成=日はまた昇る

既存の概念にとらわれるな。
こうありたいものです。
プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。