スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「GANTZ」が神戸で撮影されたのをご存知?

ここ最近、嵐の二宮くんと松山ケンイチくんが
テレビ出演し、宣伝している映画「GANTZ」がいよいよ明日公開です。

先日、試写会で観ましたが面白かったです。コレ、絶対当たりますね。
たぶん興行収入40億円超えするでしょう。

神戸フィルムオフィスが「いい仕事」をしてくれたようです。
さすが、日本一のフィルムオフィスです!
なんと言っても神戸は映画発祥の地ですから。

そのバックストーリーを紹介してくれている
神戸フィルムオフィス通信を是非お読みください。
(以下、神戸市発行「神戸めるまが倶楽部」からの転載)

 ◆◇◆◇◆◇◆ 神戸フィルムオフィス通信 ◆◇◆◇◆◇◆ 

1月29日(土曜)から、いよいよ映画『GANTZ partI』が公開されます!

「残された最後のカリスマコミック、禁断の実写映画化」とキャッチコピーに
もあるように、同名のコミックを映画化したものです。

神戸フィルムオフィスに撮影の相談があったのは、2009年春先のことでした。
なるべく実写で撮りたいとの依頼を受け、まずは準備稿を読ませていただき、
参考にコミックも読んでみました。そこには、夜のシーンが多く、しかも住宅
街の中での大きなアクションシーンがたくさん含まれていました。
いくら神戸の皆さまが撮影に協力的とはいえ、照明をあかあかとつけて夜通し
撮影するのは非常に困難を極めるだろうと思われました。

そこで、取り壊しが決まっていた中央卸売市場本場旧施設での撮影について、
映画制作関係者と中央卸売市場本場の双方に打診しました。幾度かの下見や協
議を重ねたあとに、中央卸売市場本場の協力のもと、神戸で腰を据えて撮影を
しようということに決まりました。これが2009年の夏のことでした。

もともとコミックにも準備稿にも、市場や商店街といったシーンの描写はなかっ
たのですが、原作の“GANTZ”ワールドはそのままに、旧中央卸売市場本場内に
ある建物や敷地を生かして、オリジナルな物語に書き換えられました。

2010年1月から約5週間にわたって、旧中央卸売市場本場で、主演の二宮和也
さんや松山ケンイチさんらが熱演を繰り広げました。

旧中央卸売市場本場は、現在閉鎖され解体工事が進んでいるところですが、映
画『GANTZ』にはその在りし日の姿が写し出されていますので、旧中央卸売市場
本場をご存知の方にとっては懐かしくご覧いただけるかもしれません。

ぜひ、映画『GANTZ』を劇場でご覧ください。

★「GANTZトレーラー」が神戸にやってきます!

日時:2月5日(土曜)・6日(日曜)11時~16時30分
場所:ハーバーランド内 神戸モザイク前(高浜岸壁)

この映画の撮影に使われた謎の黒い球体-GANTZ-や、主演の二宮和也さん・松
山ケンイチさんが実際に着用した“GANTZスーツ”や武器などを展示する「GANTZ
トレーラー」が神戸にやってきます。
また、先着順でオリジナルプレゼントもあります。詳細は、神戸フィルムオフィ
スホームページをご確認ください。

⇒ http://www.kobefilm.jp/2011/01/gantz_1.html★神戸エリアでの上映館


◆神戸フィルムオフィス
⇒ http://www.kobefilm.jp/
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。