スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMJエンタテインメント物語 「会長を退任しました」

選挙応援でバタバタしていて書きそびれていましたが、
3月末を持ってIMJエンタテインメントの会長を退任しました。

2000年にIMJ社長に就任後、新規事業として映像事業部を作り、
その事業部を分社独立させた会社です。
あれから11年。今では映画業界で一・二を争う制作会社に成長し、
それなりのブランドになったことがとても嬉しいです。

合流し、支えてくれ、一緒に創ってきたメンバーに
心から感謝します。ありがとう。

事業のスタートは、大谷健太郎監督「とらばいゆ」の企画開発で
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=234827一緒にプロデュースをしていた久保田さん(現IMJエンタテインメント社長)を
IMJに招へいした所から。

その後、多くの仲間が合流し、
WOWOWから松橋さんが入社して、今の経営体制が確立されました。

初のヒット作品は、久保田プロデューサーが藤本賞を受賞した
「ジョゼと虎と魚たち」。

ジョゼ


続いて「黄泉がえり」が興行収入32億円の大ヒット。
http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD2633/index.html


この2作品で、クオリティムービーとエンタテインメントムービーの
両方を製作プロデュース出来る会社としてブランド認知されたと思います。

立ち上げ当初の事業コンセプトは
「ミドルチェーンクラスの映画の成功」と
「ディレクター&レパートリー」(D&R)を掲げていました。
これは業界でも、たぶん初の試み。
どんな内容かっていうと・・・・次回をお楽しみに。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。