スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てポータル「イクちゃんネット」の本当の価値とは?

昨年、湯崎知事が「イクメン知事」でとして話題を振りまきましたが、
その子育て施策のプラットフォームとなるイクちゃんネットが
リニュアル、カットオーバーしました。
http://www.ikuchan.or.jp/index.html

私もリニュアル方針の立案からお手伝いしましたが、
このサイトリニュアルには今後行政が考えていくべき視点を
幾つも取り入れています。

民間企業では当たり前でも、なかなか行政では出来ないことに
踏み込んだ点がミソなのです。

まず、3つあったサイトをひとつに統合しました。
統合だけなら良くある話ですが、
県が運営するイクちゃんネット、外郭団体が運営するイクちゃんサービス、
それに外郭団体のサービスサイト、この3つを1ブランドに
統合したのです。よく言われる幾つもの組織が似たような仕事を
バラバラに提供している状態を組織運営の在り方含めて
最適化したわけですね。

普通、既存組織が妨害することが多いと言われる中で、
気持ちよく統合に進んでいった子ども家庭課の方々は
ホンマに素晴らしかったです。

ふたつめは、ユーザーベネフィットのための民間サービスとの融合です。
県民から見ると、広島県が提供する情報と民間が提供する情報を
区別したいわけではありません。
良い情報、良いサービスなら行政だろうが民間だろうが欲しいわけです。

この広島県の子育てポータルには、子どもとお出かけする時に
嬉しいサービスを提供してくれる店が(おむつサービスやカウンセリング、
価格割引、保育士がいる店など)なんと4000店以上も掲載されています。
http://www.ikuchan.or.jp/service/


しかも実際の店舗には「イクチャン」ステッカーが貼られているので
ママにも一目でわかる仕掛けです。

行政が運営するポータルでこれだけの民間情報を掲載している
サイトはなかなか無いのではないでしょうか。

3つめはメルマガです。
既に広島県に住む子育て世帯の15%の方々が会員登録してくれたのも
スゴイことですが、このメルマガからは
県の情報メルマガだけでなく、市や町の情報も送られてきます。

ここもよく聞く「県と市の二重行政」や「県と市の権益争い」を
見事に払拭し、「KIDS☆めるまが」に会員登録すれば、
ワンストップで自分が住んでいる市町と県の情報が送られてくるわけです。

行政視点から県民視線への変更、
市と県の役割分担の明確化と協力、
そして、民間企業との協同と活性化支援。

ひとつのジャンルで起きた出来事ですが、
広島県はとても大きな一歩を踏み出したと私は思います。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。