スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

降りてゆく生き方 神戸上映会たくさんのご来場ありがとうございました。

18日神戸文化ホールで、「奇跡のりんご」の木村秋則さんの講演会と
武田鉄也さん主演「降りてゆく生き方」上映会が
行われ、神戸リメイクプロジェクトも協力をさせていただきました。

本作はDVD発売もしない、TV放映もしない、
自主公開のみで全国を回り、もう3年目を迎えるほどロングランを
記録しています。

森田プロデューサーとは、彼が「リング」「らせん」などの
エンタテイメント弁護士として活躍していた頃に出会い、
一緒に岩井俊二監督の作品を企画してからのお付き合いです。

上映後の舞台スピーチでもお話しましたが、
「ウォーと言えば、森 田熊」の市長選挙シーンを見たときは
「これって、僕がモデル?」なんて思ったほど(笑)、
たった一人で立ち上がった後、仲間がどんどん増えていき
ボランテイア選挙による町の盛り上がりの様子など
2年前の選挙がフラッシュバックし、涙無くしては観れませんでした。

「降りてゆく」というと一瞬ギクっとする言葉ですが、
人がもう一度自分の生き方や命を考え直すヒントを与えてくれるし、
地域にとっても開発主導の街づくりから新しい街づくりへの
転換点であることを示唆してくれます。

日本全体が「あるべき姿」を見失っている今、
そして、それを引っ張るリーダーすら見えない状態ですが、
僕は信じています。
映画の中で出てくるキーワードの
「良くなる前に悪くなる」、「腐敗の後に発酵が来る」
ということなのだと。

樫野的に言うと、
「夜明け前が一番暗い」
夜明けはきっとすぐそこまで来ていると思います。



関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。