スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外郭団体に関する特別委員会、新人議員の皆様、しっかり切り込んでくださいよ!

どうも解せないのが神戸市の外郭団体に関するマネジメントです。

目的があって外郭団体は設立されたはずです。
その目的が達成できたり、終わったりすれば廃止とか
売却するのは当然ですが、その判断はすべて個別判断になるはずです。

なのに、神戸市は外郭団体の削減について、平成27年度までに
10団体以上の削減をすると宣言しています。

どうして「削減数」ありきなのでしょうか?

本来なら40以上ある外郭団体を
1、利益が出ていて、存在価値・意味がある団体
2、赤字だけど、存在価値・意味がある団体、行政がやるべき事業
3、利益が出ているが、行政がやる必要性が薄い団体、当初の目的が終了した団体
4、赤字で、かつ存在価値が無い団体、当初の目的が終了した団体

この仕分けをして、1,2は継続、3は民間に売却、4は即廃止
(場合によっては1の民営化も検討の余地あり)
という考え方ではないでしょうか。

個別社名無しで、「10以上削減する」なんて数字の一人歩きは
私には理解できません。

更に、神戸国際会館の出資割合を25%未満に引き下げて(24%)
外郭団体からハズしましたが、それも数字遊びです。
24%の出資を残す意味がわかりません。
形式上は外郭団体からハズすものの、影響力を残し、
天下りを継続するとしか考えられないからです。

神戸国際会館が上記1~4のどれに当たるのか?、
売却するなら全株売却し、少しでも借金を返済してもらいたいところです。

以前も外郭団体に派遣している職員の給与として補助金を出し、
市民から訴訟され、矢田市長らに2億5000万円の返還を最高裁に命じられたのは
記憶に新しいところ。
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121001000720.html

ブラックボックス・抜け道にならないように
議員の皆さんには、しっかりチェックしてもらいたいものです。

いよいよ「外郭団体に関する特別委員会」が始まります。
8月1日(月曜)午前10時~ 
8月8日(月曜)午前10時~ 
8月26日(金曜)午前10時~ 
9月5日(月曜)午前10時~ 
11月1日(火曜)午前10時~ 
11月10日(木曜)午前10時~
何れも第4委員会室(傍聴定員40名)

資料は委員会開始1時間前から公開(30階図書室)されていますので
事前に読んでいくと、よりリアルです。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。