スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城県・志津川高校避難所の内田卓磨さんも8月21日来神します。

東日本大震災から5ヶ月。

被災地は破壊し尽くされており、
宮城・南三陸町は飲み水はほとんど出ない状況をみてもわかるように、
復興にはほど遠い状況です。

「ふんばろう東日本プロジェクト」でも、
1500以上の避難所(在宅支援含む)を支援しているという現状があります。


いま被災地は、どんな状況で、何が求められているのでしょうか?
また、遠方の私たちができることは何なのでしょうか、
またそれを実現するにはどうすればよいのでしょうか?

被災地の現状を踏まえて、阪神大震災を体験している
私たちができることを、今もう一度考えていきたいと思います。


「ふんばろう東日本支援プロジェクト」の代表
西條さんに加え、宮城県の避難所リーダーをしている
内田さんを迎え、みなさんと一緒に考え、
アクションを起こしたいと思います。

まだまだ時間はかかります。
ずっと続けていく活動にするため、
8月21日(日)兵庫県民会館303号室にて、
「ふんばろう東日本支援プロジェクト神戸支部」
立ち上げのイベントを開催します。


【日時】2011年8月21日(日)18:00 開場/18:30 開演
    (21:00 終了予定)
【会場】兵庫県民会館303(県庁前)
    http://hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm(地図)
【主催】ふんばろう東日本支援プロジェクト


【第1部(18:30~)】
内田卓磨(志津川高校避難所リーダー)

宮城県・志津川高校避難所の一人として活動を続けるアリウープ兄弟こと
内田卓磨さんがゲスト。3月11日、津波が自分の街に押し寄せた日の
壮絶な経験から、今に至るまでを「被災地で何が起きているか」
を語ります。

【第2部(19:20~)】
西條剛央(早稲田大学大学院講師・
ふんばろう東日本支援プロジェクト代表)

仙台出身で、「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
http://fumbaro.org/
を立ち上げ、1500カ所を超える避難所、
個人避難宅に支援物資を送る仕組みを作った西條剛央をお招きして、
「遠方にいる自分たちができること」のヒントを話していただきます。


・参考「ほぼ日:西條剛央さんの、すんごいアイディア」
http://www.1101.com/funbaro/index.html

【第3部(20:10~21:00)】
樫野孝人(神戸リメイクプロジェクト・
     ふんばろう東日本支援プロジェクト神戸支部代表)
横山 剛(KISS FM代表取締役社長)
ゲスト他数名

第三部では、また第一部・第二部を踏まえて、阪神大震災を経験した
われわれが今できることを、ワークショップ形式でもう一度
考えていきたいと思います。

■参加費は2000円です(義援金に使われます)。
どなたでもご参加いただけます。
■入場はご予約順ではなく、いらした方から順にご着席いただくようになります。
■定員を超えるご応募があった場合、立ち見となる可能性がございます。 あらかじめご了承頂き、
余裕をもって会場にお越し下さいませ。
■参加希望者は、info@kashino.netまで。

皆様、お誘い合わせの上ふるってご参加下さい。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。