スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫路市は全小学校で給食実施、東京都北区は高校生まで医療費無料化。

普通に生活していると、地域によって行政サービスに
こんなに差があるなんて思ってもみないものです。

姫路市は離島地区の2小学校でも給食を開始し、
市内全小学校で給食が実施されることになりました。

給食費は月額4165円。給食センターで調理し、車と船で配送するとのこと。
市の教育委員会は「地元産の魚介類を使った献立も考えていきたい」と
言っています。

また、東京都北区は、入院医療費の無料化対象を高校生まで拡大しました。
入院医療費を高校生まで無料化したのは23区でも千代田区に次いで2区目です。
所得制限も設けない。無料化する費用には食事療養費も含み、
新たに入院医療費が無料化されるのは6200人。必要費用は年間1900万円。

昨年まで東京都で暮らしていた我が家は当然のごとく、
子どもの医療費は無料でした。
神戸市は子どもの医療費助成が遅れているので、
2年前の選挙のマニフェストで「中学3年生までの医療費無料化」を
掲げましたが、今年、神戸に引っ越してきて、
お金がかかるのをリアルに実感しています。

神戸市も平成23年10月より、小学校4年生~小学校6年生の外来の
保険診療にかかる医療費について、助成を拡充するようです。
但し、所得制限があります。
所得要件は、市民税所得割額(住宅借入金等特別税額控除
及び寄付金税額控除適用前)が23.5万円未満であること。

その助成内容は保険診療にかかる医療費の自己負担を、
通常の3割から2割へ軽減するそうです。

神戸は軽減したといっても小4の子どもですら2割負担、
かたや東京は通院医療費は中3まで無料、
入院医療費も高校まで無料化する区が登場してきています。
残念ながら財政が厳しいと、市民サービスは他都市に比べて
見劣りしますね。
病気にならないように、健康管理するしかない、か・・・。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。