スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップが変われば組織は変わるか?

野田新首相が誕生しました。
代表選の演説は良かったですね。
泥臭さも好感が持てて、支持率急上昇。
決まったからには、しっかり皆で応援して良い成果を残して欲しいものです。

さて、よく言われる「トップが変われば組織は変わる」は
政治の世界にも当てはまるのでしょうか?

私は、今回の組閣を見ていて、企業経営との違いを
明確に感じました。

企業においてトップが変われば
人も組織も経営者の判断で変えることが出来ます。
もう少し具体的に言うと、どんな人を採用するか、
どうやって教育するか、そしてどこに配置するか、
すべて最終決定権を社長が持っています。

だからトップが変われば人が変わり、
組織が変わり、企業が変革していくのだと思います。

一方の政界。
首相の採用権限は限定的です。民間登用も少しはありますが、
多くは直接選挙民に選ばれた国会議員の中から登用せざるをえません。
(自らの目利きで選んだ議員ではありません)
その国会議員の人事権を持っているわけでもありません。
(働きぶりによって給与の増減など出来ないわけです)
教育についても強制権は無いでしょう。
せめて、配置くらいは自由に出来るだろうと思っていたら、
大臣の椅子を断る議員も結構います。
これは、なかなか難しい条件です。

いくら野田首相が良い首相だとしても、
こうした政治の世界の制度やルールを根底から変えないと
一つの方向に向けて船を漕ぐのはとても困難なことだろうなと思います。
だから政治の停滞を招いているのでしょうね。

さて、知事や市長はどうでしょうか?
組合との折り合いはもちろん必要ですが、
職員の採用、教育、人事配置は、不当な人事でない限り、
実現可能でしょう。
企業組織と非常に近い形だからです。
だから今、地域主権を進めるうえで、
地方自治体に改革派首長が必要なのです。

今、広島県では民間並みの目標設定と
評価システムを導入し、課長以上が必死に制度運用について
研修を受けたり、実践をしています。
動く、広島県。湯崎改革、要注目です。





関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。