スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一のスパコン 京を見学に行ってきました。

昨日、神戸大学の福田学長を囲む会に出席したのですが、
その前に京コンピューターの視察が組まれていたので
参加してきました。

写真 京


総工費7年で1120億円。運用費は年額80億円
(電力代22〜29億円、計算機等保守費23〜32億円、
運営費12.6億円、その他保守費14〜17億円)を見込んでいる そうです
(wikiより)

来年にはアメリカのセコイアに世界一の座は抜かれるようなので、
「性能アップのための次の開発予算はどうなっているんですか?」と
質問をしたのですが、
「世界一を追うのではなく、スパコンを生かして、
どのような政策効果を出していくかを追求する」とのこと。

その考え自体はすごく理解出来ますが、
あの事業仕分けでは「一位じゃないとダメ」ってことに
なってませんでした?

「ムービング・ターゲット」と言って、毎年のように
トップが変わり続ける業界なら、
その中で競争し続けることによって技術や研究者も育つはず。

一度世界一を獲っただけでストップしたら
これまでの投資が無駄になるんじゃないでしょうか。

やるならやり続ける
もともと技術を利用することに重きを置くなら
最初から世界一を追求しない。

どちらかの方針を貫くべきだと思うのですが、
何を目的にしているのか、国の方針は、さっぱりわかりません。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。