スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DeNAのベイスターズ買収を考える。

昨日、なでしこリーグのアイナック神戸レオネッサの優勝決定試合を
PR会社の経営者の方と観戦しました。

アイナックは見事、完勝。無敗優勝に向けて死角無しと言ったところ。
試合終了後はサンヨー食品さんがスポンサーとして
新たなユニフォームを披露。
最近スタートしたサッポロ一番のCMも好評のようです。


アイナック



さて、スポーツビジネスにはスポンサーが必ず重要となりますが、
プロ野球界では経営権を取得する際に、経営の安定度や
株式の長期保有を厳しく審査するとマスコミ報道されています。

その審査基準、どうなんでしょうね?

もちろんスポーツビジネスとして大成功している例もたくさんあるし、
ガチガチのマーケティングとして利用している企業もあります。

でも、文化やスポーツは、ある意味、パトロネージュという側面で
参加する企業や個人(大富豪)あっても良いし、
逆に10年タームで入れ替わっても良いと思うのです。

野球界も、新聞社のように長くオーナーとして経営している球団もありますが、
映画会社がオーナ-だった時代や、電鉄が勢力を握った時代など
経済の流れや産業トレンドを反映しているように思います。

気付けば楽天、ソフトバンクというIT系が12分の2になっているのも
世の中の流れ。DeNAがオーナーになっても何も不思議は無いと思います。

TBSですら約10年間の保有ですから
10年ごとに勢いのある産業が
ビジネスライクな面だけでなく、野球界の未来のために
パトロネージュしてくれるのが一番良いと思うのですが、
皆さん、いかがでしょうか?

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。