スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸大1年生のビジネスアイデアのプレゼンテーションの結果は?

神戸大学経営学部の1年生対象、経営学入門演習のラス前授業。
グループに分かれてビジネスプランをプレゼンテーションし、
その講評をしに行きました。

アイデアを具体的に書くことは控えますが、
ひとつは集客マッチングサイト、もうひとつはアイデア提供サイトでした。

いずれも着眼点は面白いのですが、
既に先行してビジネス化されているのも多々あるので、
厳しく言えば「同様のビジネスをもっと事前に調査して欲しい」とも言えるし、
逆に知らずに「成功しているモデルを考え付いた」ことを
スゴイとも言えますよね。
なんせ18歳、19歳です。その当時の僕にはそんな発想、全く無かったですから(笑)。

新規事業提案コンペなどでは、その先の競合優位性まで
考えておかないと、あっという間にベンチャーは死んでしまいます。
ライバルが現れた時に、どう生き残っていくか?を
乗り越えていくのが、実は「生む」ことよりも難しいかもしれません。

あと、惜しかったのは両グループとも
損益計算書が無かったこと。
最低限PLは付けておかないと、投資家がいても判断出来ないんですよね。

この辺は来期授業でフォーマットの整備をして、
規定でそろえる資料と、自由フォーマットのものと
用意した方がいいですね。

何はともあれ、こんな授業が僕の時代もあったら良かったのになぁ、と
感じた一日でした。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。