スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民のために、原点に立ち返って「心の復興」を。

1月17日。神戸にとって特別な日。
多くの人が様々な思いを胸にこの日を過ごしたことと思います。

そんな中、今週、新長田駅南地区の再開発ビル「アスタくにづか」で、
店舗が住宅の8倍の管理費負担を強いられているのは
不当として、店舗所有者が市出資の管理会社を相手取り、
過払い金の返還を求める訴えを神戸地裁に起こしました。
原告は全店舗の約半数に当たる40人を超えるようです。

しかも別の棟では訴訟になった際に、管理費を住宅の1.5倍にする
和解をしていながら他の棟の是正をしなかったとのこと。

南地区の再開発ビルは店舗の床面積約7万6000平方Mのうち、
売却できたのは半分以下の約3万7000平方M。

震災から17年が経過しても、復興事業が軌道に乗らず、
まだまだやるべきことは多々あります。

東日本大震災で被災された方々の心の痛みも
決して簡単に消えるものではありません。

復興に向けて動き出しながらも
今きちんと考えて対応しておかなければ
2次災害、3次災害が何十年経っても住民を苦しめることになります。

一年に一度のこの日、もう一度原点に立ち返って
市民のために何をなすべきかを考え、
神戸市政には「心の復興」を進めていってもらいたいです。



関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。