スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市会議員の給与に都市間格差があるのは知っていますか?

神戸市会活性化に向けた改革検討会が設けられ、
インターネット中継が導入されたり、一問一答式が出来るようになったりと
改革がスタートし始めたのは拙著「地域再生7つの視点」にも
書きました。

その中でも触れましたが、議員報酬については
まだあまり検討されていないといえると思います。

その前に、いくら報酬をもらっているのか?
そこに都市間格差があるのは知っていますか?

大阪市会は月額97万円から財政のひっ迫を理由に20%減額し月額77万6千円。
京都市会は96万円から10%減額し、月額86万4千円。
名古屋市会は99万円から月額50万円に減額しています。

さて、神戸市会。
月額93万円です。(みんなの党は選挙公約で15万円の受け取り拒否をし、
神戸地方法務局に供託しているので、月額78万円。)

ちなみに人口は大阪市267万人、名古屋市226万人、
神戸市154万人、京都市147万人です。

民間企業なら業績の良い企業は給与も良いし、ボーナスも多いのは理解できます。
京阪神の市会議員の給与がこんなに差があるのは
違和感ありますね。神戸市の財政も良いわけではないですから。

さて、皆さん、どう思う?


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。