スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちが次世代に残すべきもの

私たち神戸に住む大人の責任として、次世代に残すべきものは何だと思いますか?

首都圏からは関西と一括りにされることが多いですが、
京阪神の違いを一番わかっているのは私たちのはず。

京都でもない、大阪でもない、神戸の良さをしっかり私たちが認識し、
次世代に継承していかねばなりません。
そして守り続けていってもらいたいと思うのです。


まずひとつめは、神戸っ子として進取の気性を持ち続けてもらいたいと思います。
港町として発展し、世界から多くの人と文化を受け入れ、日本中に発信していったのが神戸です。

そこには港町ならではの開放的な性質、新しいことを受け入れていく土壌、
それを自分たちのものにしていく寛容さ、応用力が根っこにあるはずです。

この気質の継承を必ず実現したいと思っています。閉鎖性は似合いません。
保守的なのも神戸らしくありません。神戸っ子はいつでも新しいものを取り入れ、進化し、
冒険的でありたいと思います。


二つ目は、神戸が持つ自然環境と景観です。
海と山に囲まれて・・。誰しもが使う神戸を紹介するフレーズです。
海が見えない、山が見えない、ではダメなのです。いつでも緑の山を眺めることができ、
車で30分も走れば山の中に入れます。
夏など軽井沢のような避暑地がすぐそこにあるようなものです。
もちろん1000万ドルの夜景もあり、山のレクリエーションも豊富です。
海も日常生活の中に存在しています。少し歩けばキラキラした海を眺め、潮風にあたることができます。
海はいつも私たちの身近にある存在です。川もあります。日本最古の温泉もあります。

こんなに素晴らしい地に私たちは暮らしているのです。それは誰しも理解していること。
それを私たちの時代で食いつぶしてはいけないのです。
かつて外国人のアーサーHグルーム氏が六甲山を開発・植林し、避暑地・リゾート地として
現在の礎を築いてくれたのですが、今度は私たち神戸に住む大人たちがその役割を
担わなければいけないと思うのです。


三番目は神戸ブランドです。
私たちはこれまで何度も市外の人から「神戸ってオシャレなイメージですね」と褒められてきました。
神戸に生まれ、育ち、働いているだけで、すごいブランドイメージを享受してきたのです。
誰しもが憧れる神戸ブランド、その恩恵を私たちは身を持って体感してきたと思います。

それが錆びてきています。40歳以上の人にはまだ通用するかもしれません。
が、若い人の間では「ただの地方都市」に成り下がってきています。東京からの認識も右肩下がりです。
私はそれを20年間東京で感じました。だから悔しいのです。
震災以降は「かわいそうな場所」というイメージすら芽生えています。
また最近旅行に来た人々からは「意外と何も無いね。退屈した」という声が聞かれるようになってきました。
だから宿泊しないで他都市に素通りするのです。

神戸ブランドを私たちの代で終わらせたら申し訳ないと思いませんか? 
必ず復活させて次世代への贈り物にしたいと思っています。


そして最後の4番目は震災の教訓です。
阪神淡路大震災を経験した私たちは、助け合うこと、助けていただくこと、みんながひとつになること、
そして復興への道を歩いて来たこと、その中で経験したすべてが私たちの歴史であり、知恵であり、
継承すべきことなのだと思います。

自然と共生していく中で、世界のどこかでまた災害は起こるでしょう。
私たち自身がどう生きていくか、そして何を伝えていくか、どう関わっていくか、
は神戸に住む人々が背負った役割なのではないでしょうか。

私が広報総括監を務めた広島県は被爆地として67年間、その使命を認識し、世界に向けて発信し続けています。昨年の東日本大震災後は真っ先に福島県をカウンターパートにして、
被爆者支援をこれまで蓄積してきた英知を集めて行っています。

神戸だから出来ること、何十年経っても風化させずに私たちも語り続け、
やり続けていかなければならないと私は思います。




関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。