スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を襲う外交問題にドラえもんは現れるか?

私は外交問題のプロではないですが、
外交問題を考える時、どういう力で対抗し、着地点を見つけるかが
良い交渉になるかどうかが分かれ目だと私は思います。

その方法論を考えないで(持たないで)、
正論だけを言い続けても解決に向かわないのではないでしょうか。
しかも、正論を身内(国内)に向けて発しても全く意味を持たないと思います。

誰を味方につけて、どう圧力をかけて正論を通していくのか、
着地点に向けてどのように外堀を埋めていくのか、
用意周到な問題解決プロセスを踏んでいく必要があります。

ドラえもんの世界でいうと、
力の強いジャイアン、お金持ちのスネオ、美人のしずかちゃんという構図は
それぞれに発言権を持てる社会の構図が出来上がっています。
いいやつだけど、どの力も持ってないのび太が交渉負けするのは
悲しいけど現実だと思うのです。

国際政治の世界で、ドラえもんは現れません。

日本は軍事力で勝負出来ないし、
世界で尊敬されるポジションを確立できているわけでもなく、
お金持ちだったから交渉力を保持出来ていたと思います。

その財力に陰りが出てきています。

いじめは連鎖するし、エスカレートします。

軽傷なうちに、いじめられない「力」をもう一度磨き直す
ギリギリのところにいるのではないでしょうか。



関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。