スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市が250ポストのうち、公募校長を50人募集 

大阪市が小中学校長50人を8月13日から9月10日まで公募すると発表しました。

大阪市教委の募集告知はこちら
http://www.city.osaka.lg.jp/kyoiku/page/0000180080.html

改革が進んでいますね。
さすが、橋下さんと藤原さん。

詳しい解説は、8月30日に藤原和博さんが
東京で説明会をしたコチラをご参照ください。

どんな人材が望まれるか?を丁寧に解説しています。
http://www.tokyopressclub.com/2012/08/blog-post_31.html


時間がないから5分くらいで趣旨を知りたい人はこちら
http://www.tokyopressclub.com/2012/09/blog-post.html


(以下、藤原和博さんの言葉)

ただし、ビジネスパーソンの場合の条件は、以下のようになるとのこと。

 1)失業者や年収が上がると考える転職者は基本的には歓迎されない。
  満45歳で780万円、満55歳で870万円が標準だから、高くはない。
  年収が減っても、教育現場に参戦したいという意志がなければ勤まらない。

 2)教育を理想論、べき論、机上の空論で語るだけの人物は遠慮してほしい。

 3)リーダーシップがなければ教員を従えられない。
  校長は人事権や予算権を振りかざしてマネジメントできる仕事ではない。
  児童生徒や保護者にリスペクトされる「ウリ」がなければ掌握できない。

 参考図書:
 『校長先生になろう!』(ちくま文庫)教育界の事情と学校世界の全てが分かる  
 『つなげる力』(文春文庫)和田中改革のドキュメント
 『新しい道徳』(ちくまプリマー新書)いじめ、学力、テレビとケータイ事情

「坂の上の雲」の主人公の一人、秋山好古は陸軍大将にまで上り詰めましたが、
退役後元帥に推挙されたのを断って故郷の愛媛に帰り、中学校長として晩年を過ごしました。
現在の愛媛県立松山北高校です。カッコいい大人の姿でしょう。

私は、功なり名を為した人や、やる気のある若手は全て、
自分がお世話になった故郷の小中学校や縁のできた学校の校長として、
その社会的ネットワークを児童生徒につなぎ替えてから死ぬのが美しいと思うのです。
新しい日本人の美学ですね。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。