スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉っぱビジネスに続き、ローマ法王が食べたブランド米はスーパー公務員の仕掛だった!

先日、有馬に「ローマ法王に米を食べさせた男」高野誠鮮さんの講演を
聞きに行きました。

なんと、その方は石川県羽咋市役所のスーパー公務員!
すごい公務員がいるもんですね。

神子原米というブランド米まで作ってしまったのです。
今まで石川米と呼ばれていたものを神子原米とネーミング。
次に神子原米を誰か有名な人物に食べてもらおうと考え、
ローマ法王(ベネディクト16世)のいるバチカン市国へ直接手紙を送った数ヵ月後、
バチカン市国の大使館から「明日東京に来て欲しい」と電話があり、
バチカン市国の大使館に出向き神子原米を献上したのです。

その後、北陸の小さな町の快挙は様々なメディアに大きく取り上げられ、
神子原米は通常の2倍の価格ながら全国から注文が殺到しているそうです。

その高野さんが今取り組んでいるのが自然栽培。
無肥料無農薬の農業です。そこに登場したのが、
あの、映画「降りてゆく生き方」の木村秋則さん。

木村さんと一緒になって普及活動をしていらっしゃいます。
すごい人はスゴイ人と繋がっていますね。

で、ひとつ気になったのは、自然栽培は確か土が命。
土を創るのに5年くらいかかったような記憶があります。
それを高野さんに質問してみると、
「実はスゴイ宝があります。それは休耕田です。過疎化や高齢化で
休耕田になり、5年以上ほったらかされた農地が
実は結構あるのです。もう何年も肥料を撒かれずに、
自然の姿に戻った土地なんですよ」

これには目からウロコでした。
問題とされている休耕田も、見方を変えれば宝になる。
高野さん、流石です。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。