スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山があって、海があって・・・で?

神戸人は自他ともに神戸大好きな人が多いと思います。
そして、必ずその理由として出てくるのが、山があって、海があって・・。

しかし、ふと思いました。
その後に続く言葉が少ない。続ける言葉が人によってバラバラ。

山も海も、もともと神戸にあった素晴らしい自然環境です。
でも、この30年、行政は山を削り、海を埋め立て、自然を壊してきました。

明治時代はハゲ山だった六甲山に植林し、緑でいっぱいにするような施策も
行っていましたが・・・。

私は、この「山があって、海があって・・・」の文章の続きを
神戸市民の手で完結させねばならないのではないかと思います。

自然に恵まれただけでなく、私たちが住んだことで、
この土地に何かを残していくべきなのじゃないかと思うのです。

私なら「山があって、海があって、文化がある。」
もしくは、震災を経験した私たちだからこそ、
伝えるべき事があるというのを加えて、
「山があって、海があって、文化があって、情がある。」

さて、あなたなら、どんな文章を続けますか?


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。