スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和民とのコラボ第二弾 今度は広島カキを全国370店舗で大展開

夏の三原のタコが大変好評だったことを受けて、第二弾コラボは広島カキです。

今度は全国370店舗でカキフライ、牡蠣鍋、焼きガキを11月6日から2月上旬まで販売します。

和民グループの仕入れ量は48t。初日は広島県庁の全力歓迎課の牡蠣旬さんが一日店長に任命され、
お客様におもてなし活動を実施しました。おかげさまで2時間で完売。テレビ、新聞各社でも報道されました。

こうした取り組みは、牡蠣の消費拡大を狙った施策として企画を進めてきました。

11月2日には宮城県と協定を締結し、ともに牡蠣を盛り上げていくことを発表。

11月5日からは国内最大手のレシピサイト「クックパッド」で牡蠣のレシピコンテストを開始しました。

また、イトーヨーカドー、イオン、ダイエーなど大手スーパーの売り場には広島&宮城の販促POPが飾られ、
店頭イベントやクッキングコーナーでの試食も行われます。

さらに、飲食店ポータルサイト最大手の「ぐるなび」では、
「おしい広島カキフェアー」が1月10日からスタート.COREDO室町やiyo5店舗、
銀座TAUなど全10店舗で広島カキ料理フェアが展開されます。

全国シェア一位なのに、知られていない・・・「おしい!」広島カキの消費拡大と
ブランディングへと進化している「おしい!広島県」キャンペーンは、観光課の枠を飛び越えて、
農林水産課に波及効果を発揮し、和民企画のように県の予算を使わない「非予算事業」も織り交ぜながら進めています。予算が無くても施策を進めたり、他局と連動することでより大きな成果を上げていく
試みも今後の地方自治体の大きなヒントになると思います。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。