スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして、党の主張より自分の主張を優先する候補者がいるのですかね?

昨日の神戸新聞に「党の公約に賛同できない場合、
自分の主張を優先する」候補者が46%にのぼった
という記事が出ていました。

だったらその政党を出るべきなんじゃないですかね。

その個人の主張を信じて投票しても、その政策は党の方針と違うわけだから
実現しないんですよね。

反対であっても組織で決まったことは
組織方針に従うのがルール。
どうしても納得できないなら離党すればいい。

離党しないけど、組織方針にも従わないという行動を
取る人の考え方が全く理解できません。

国政は個人競技じゃないから
組織体質もしっかり見ないとダメですね。

大事な選挙。意思を持った投票をしましょう。
決して、「駅立ちを毎日していたから」という安易な理由で
決めないように。

それは政治家個人の宣伝活動時間であって、
国民のために汗をかいている時間とは言えないと思うので。

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。