スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸市予算② 女子学生社会人力アッププロジェクト 1,300千円で何をする?

「女子大学生を対象に、人生の様々な場面での自分の生き方、
働き方を考え、設計していくキャリアデザインプログラムや、
企業でいきいきと働く女性社会人と接する機会を提供することにより、
女子大学生の就業力、社会人基礎力を育成する。」

と概要に書いてあります。

その予算が130万円。ある市会議員に具体的に次の事を聞いてみました。
・何人の女子学生を育成できるのか?
・今どういう状態で、どんなスキルをつけて、就業力をあげようとしているのか?
・そのための具体的な手法は何か?
・その手法を取るための予算として130万円は妥当か?
・どういう成果を求めているのか?
・本当に一年後に女子大生の就業力が上がっているのか?

そのあたりが理解できないと、この130万円の予算が
正しいかどうかは判断できないと思うのです。
広島県庁では、昨年冬から新年度予算に関わる事業の
各論を上記のように議論してきました。

130万円くらい、少額だからいいじゃない・・・ではダメです。
神は細部に宿ります。ここで丼勘定をする人は、金額が大きくなったら
もっと丼勘定になります。

その市会議員も同様に感じ、詳細説明を求めると
「まだ出来ていないのです」という返答だったそうです。

では、その予算の算出根拠は何?
ただの「えいやっ」で決めた金額なのでしょうか?

神戸市の予算は1000以上の事業から成り立っていると思いますが、
市会議員に開示される事業はそのうちの一部だけだそうです。
そもそも全部チェックしなくて良いものなのか?

大事な市民の税金です。
全事業について予算の算出根拠の背骨がわかる事業計画書を
ホームページに掲載してもらうことを望みます。


関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。