スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道州制についての樫野の意見

大阪維新の会が
兵庫県知事選及び、神戸市長選に候補擁立のニュースが出てから
多くの人に何かと聞かれることが増えています(笑)。

兵庫県知事、神戸市長ともに、それぞれ見解を述べるでしょうが、
私の考えを事前に表明しておくと、道州制には賛成です。

これは別に今に始まったことではなく、
1989年に発売された大前研一さんの書籍「平成維新」を
読んだ頃から賛同しています。
つまり、24年前から賛成派なのです。

平成維新平成維新
(1989/06)
大前 研一

商品詳細を見る


2009年の市長選時の政権与党だった自民党も
2017年を目途に道州制に移行する法整備をするスケジュールだったと思います。
実際は民主党政権になって足踏みしましたが、
日本を改革するには道州制への以降は必要なステップだと
私は思います。

いろんな意味で、示唆に富む書籍です。
新刊の「クオリティ国家という戦略」もオススメです。

クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道
(2013/01/15)
大前研一

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

樫野孝人

Author:樫野孝人
株式会社CAP代表取締役社長
株式会社プロテラス  取締役
神戸リメイクプロジェクト 代表
神戸ひとマガジン
「裕ちゃんを探せ!」創刊編集長

ココに注目!
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
siteid.gif
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カウンター
FC2アフィリエイト
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。